♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



STAR WARS The Force Awakens


STAR WARS は初期の三部作を実時間で体験しているw やはり最初の作品が一番、衝撃が大きかった。やはり、あのオープニングから始まり、あの最終戦線の映像が印象深い。そう、未体験映像の連続が素晴らしかった!

回を追うごとに更に洗練された映像に魅了されたものだった。しかし2,3作のどれもが後から追加されたような印象で、イマイチ最初の感動は得られなかったと記憶している。しかし、あの当時、映画映像としては抜きん出ていたのは、紛れも無い事実!

他にも当時の映画は、どれも観客を魅了する映画が目白押しだったと記憶しているw 映像もさることながら効果音も品質が高く、後に5.1Surroundを構築した。映画音楽に至っては、音楽そのもので十分、存在感のある曲ばかりだった。

その後に続く、デジタル世代の三部作に至っては映画館すら行かなくなった。映像も、それまでのシリーズとしても、それほど特筆するほどでも無い内容に成り下がったという事も大きく関係している。

エピソード3/シスの復讐」など...今更ながらの流れ。映像的にも、既にSW初期作品に有った特別な輝きは既に残っていなかった;; 単に惰性で一応、観ておくという感覚。

それにしても、マスター・ヨーダの3D CG での戦い映像が陳腐だった。あれにはガッカリさせられたものだった。スピード感も無ければ緊張感の欠片観ないという酷い戦い。あの映像でSW、終わったなと思った。

その他、多くの3D CG 作品と、それほど代わり映えせず、脚本にも既に特別な面白さは、そこには無かった。なので今回の新作も、それほど期待はしていない。脚本が、どれだけ素晴らしい出来か?その一点に尽きる。

それにしても邦画は、あれから殆ど進歩していないというのが情けない。それもこれも対象と考えているマーケットが違い過ぎるというのは当然だが、もし邦画人に、SW初期と同等の予算を与えても、それ以上の結果を出せない人材しか居ないから仕方ないね...それが日本品質。

当時からアメリカ映画は、世界の観客を魅了し続けていた。何故、あれだけ衝撃的な映画だったのだろう?そう、映画が創られる準備として、これだけの作業が繰り返し試行錯誤を続けられ当時、最高品質の映像とアイデアが成せる作品だったからだ。

まだ観ていない方は一度、 EPIC INK Star Wars THE BLUEPRINTS Limited Edition Book を観てみると良いと思います。そこには邦画のような付け焼刃的な作品ではない尋常ではない情熱の塊を発見することができます。



始めて、この曲を聴いたときは大いにビビった!主旋律は当然の事、シンコペーションが、あまりにカッコイイ… こんな極上の映画音楽が邦画に有るのか??全てに於いて邦画は劣っている。感覚が洗練され、鍛えられ、評価される社会じゃないから仕方ないとはいえ、あまりの違いに愕然とする。どの分野も優れた人材が居ない、生まれない、育たない、育てない社会。






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する