♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



The Nikon S
Nikon_S_00.jpg

次のネタは、The Nikon S 既に前から決まっていた題材。実機も随分前に入手していたのですが、なかなか時間がとれなくて後々になってしまい、やっと今回、制作の流れになりました。一応、安いデジタルノギスを使って細かい大きさを計測しながらのModeling。こういった作業は、当たり前ですが実機が無いとできませんが重要なんです。


nikon_S_01.jpg

大凡の形状で寸法も決めたら前もって撮影してある6面写真を配置し、拡大縮小率を決めてModelingし易いように設定しておきます。

nikon_S_02.jpg

基本に成る、形状を起点として細部のModelingへと進めていきます。

Nikon_S_03.jpg

Nikon_S_04.jpg

少々、手間はかかりますが、やはりログ部分は、しっかりModelingしたいところです。

01_20151214154815f2e.jpg

まずは本体から完成させます。

02_20151214154817631.jpg

03_20151214154819243.jpg

04_20151214154820e43.jpg

05_20151214154822768.jpg

06_20151214154923132.jpg

07_2015121415492414e.jpg

08_20151214154926c24.jpg

09_20151214154927a48.jpg

10_2015121415492937c.jpg

11_20151214155010b33.jpg

12_20151214155011d2c.jpg

13_20151214155013678.jpg

14_20151214155015444.jpg

15_20151214155016530.jpg

16_20151214155103948.jpg

17_20151214155104197.jpg

18_20151214155106f9c.jpg

19_20151214155107ef2.jpg

20_20151214155109788.jpg

21_201512141551517cd.jpg

22.jpg

もう少し、大きな画像は、こちらで観られます。さて、これから材質設定と刻印などのテクスチャ制作と進みます。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する