♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



On Schedule! I get the QWERKYWRITER. Qwerkywriter Unboxing !
key_0000.jpg

今年の4月頃に予約した、QWERKYWRITER が到着しました。メールでは逐次、進捗状況の連絡が入り、安心して待っていられました。キーボードを購入する場合気に入ったタッチは、なるべく複数購入するのですが、今回も良さそうだし、予約販売は少々安いので幾つか多めに購入することにしました。

Key_01.jpg

DHL にて発送されたことは既に連絡済みでした。そんな発送状況の写真もメールで送ってきていましちゃw

key_000.jpg

勿論、トラッキングコードも知らせてくれているので、どの辺りまで来ているかも確認できました。予定では30日到着でしたが前倒しで来たようです。但し輸入内国消費税等、建て替え納税手数料とか徴収されるのは納得できないのですが!

Key_02.jpg

届いた状態も、メールにて報告が有った通りの仕上がりです。

Key_03.jpg

USB ケーブルは付属していますが、それは充電用で、USB 接続としての機能は有りません。無線接続になります。早速、iPad Pro と接続して使ってみました。なかなかキータッチは良いです。これまで使っていた、「東プレ キーボード REALFORCE104UG-HiPro 英語配列 USB 有線接続 静電容量無接点方式 ハイプロ仕様 昇華印刷 ALL45g荷重 ブラック/グレー YK2100 」よりキータッチは好きです。何よりホームポジションを確認出来る凸が「F」、「J」にあるのが助かります。東プレには付いていない!

Key_04.jpg

キートップはプラスチック製なので少々頼りなく重厚感はありませんが、その分、冬場は冷たく無く、何よりタッチが軽いので良い感じです。トップは美しいクロームアクセント縁付の円型キー、すり鉢状になっているので指での確認も自然な感じで出来るので入力は気持ち良いです。東プレのホームポジションを確認出来る凸が無いのは慣れるかな?と思ったのですが、どうもミスキーを誘発する原因になっていたようです。

Bluetooth 切り替えで勿論、Mac、PC との接続も簡単。これならメイン・キーボードとして使えます。なかなか見た目も良い感じ。とにかくタッチは好みです。複数、購入していて正解だったようです。アナログ的、紙送り用のリターンバーは伊達ではなく、マクロキーとして使用可能です。紙送りのダイヤル部分はプロトタイプと比べると全てプラスチック製になったのが残念!iPad Pro でも横に立掛けられるのは良いです。

Key_05.jpg

紙に書かれている文字を入力する様な事はありませんが、ここに資料を置いてテキスト入力も良い感じではないでしょうかw でも、やはりテンキーは有ったほうが便利なんですよね。その分、コンパクトにまとまっているので机の上が広くなります。そうそう、やっと iPad ProのためのApple Pencil も到着しているのでした!これは又、後ほどw



開封の儀と、実際にキータッチの音を収録してみました。個人的な感想ではありますが入力した感じはとても良いです。キー入力の音は、それほど大きいとは思いませんが、やはりメカニカルタイプなので最近のフラットタイプと比べると気になるかも知れません。元々、キーボードの音は気にならないものでw



マクロの登録方法は、こちらを御覧ください。この機能は、おいおい使っていこうと思います。ただ、これまでに同じような機能を持ったキーボードも有りましたが、それほど使っていなかったと思います。



QWERKYWRITER


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する