♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Liv & Meg To use GoPro HERO4 with Feiyu Tech G4 ULTRA
LIV.jpg

GoPro HERO4 と Feiyu Tech G4 ULTRA を使った撮影、第二弾。これも撮影は数ヶ月前にしていたのですが編集している時間が無かったので今更ながらアップしています。以前、ワンコ目線での安定した撮影を試みていました。最初は、8年前の「なんちゃって STEADICAM」でした。その後、「サンコー 3軸電子制御カメラスタビライザー」とかも試しましたが、ローアングル撮影が出来ませんでした。そういった事をモニターしている人は誰一人居なかった!

そして最近では、「DJI Osmo カメラスタビライザー」も出てきましたが、こちらもローアングル撮影の有無を表示していないのです!その前に、The Steadicam Merlin も試したのですが、こちらも構造上、ローアングルは無理なのです。そして行き着いたのが、「Feiyu Tech G4 ULTRA」という事でした。御覧のように、ここまでローアングルで安定した映像は、普通、無理です。




それが、この通り、Liv & Meg 目線で散歩の様子を撮影する事が出来ました。それも安定した映像で!撮影が主な目的ではないので、そうそう準備をしての撮影などしていられません。全て、Liv & Meg の自由での撮影。その後、編集という流れです。既に「Lily dron」も予約済み。空撮も、もっと手軽に安定した撮影が可能になりそうです。

このように迫力ある安定した映像は、いまは素人でも可能です。ところが、映像のPro達の仕事っぷりはどうなのでしょう?テレビでの映像を観る限り未だに手持ちハンディCameraの不安定な、そして素人のようなパンやズームばかりのお寒い限り。全くもってProfessionalとは言いがたい映像ばかりです。昔は、それ相応の価格になる機材が必要でしたが、今の時代、それすら必要ありません。要するに安定した画像に対する拘らいが無いという証。

必要とさえされていないとうい実態。とてもProfessionalとは言いがたい連中が、仕事をしているという事でしょ?様々な言い訳が有るでしょうけれどProfessionalは、結果が全てですから!これは映像専門の教える側も同様です。こういった機材を無料で借り受けられる立場にありながら率先した試す訳でもなく。借りても、ろくな映像も撮れません。それが日本品質なのです。迫力あるカメラワークに対する拘りは、この国には有りません。映画、ドラマでも同様、固定Cameraの、ちんたらした躍動感の全く無い昔からの映像のオンパレードです。

仕事がProfessionalを育てる訳ですが、我が国日本は、昔からの世襲制のような人材ばかり。そもそも「優秀」という基準が日本国内と欧米では全く違う事すら認識していません。それは要求される内容が違う日本の水に問題があります。そして、その水質は絶えず既得権益集団に都合よく操作されています。なにせ絶対に潰れない街のタバコ屋の様な商売が蔓延っているのですから...ふとん屋とか、あらゆる商売が実は既得権益集団だったりする日本国内事情。

企業自体、古い同族系ばかりが生き残り、新しい息吹が感じられるような社会ではありません。当然、株式会社とは名ばかり。となれば新興勢力は生まれず、競争も起きず(新しい芽は潰し)ガラパゴス化するだけです。最近では、その良い例が形態電話産業です。「日本国内スマートフォン(スマホ)・シェアランキング(2015年10月)」そして更に...世界的に観た「Smartphone OS sales market share」など。どの業界も政界品質からドンドン引き離され今やProfessionalのみならず、それを育成している現場でも教える側に問題有り過ぎ!それをも理解できていない社会環境。堕ちるところまで堕ちるでしょう。

本来ならば、絶対に潰れない店など、あり得ません。適正な競争があれば、安穏とした当たり前の事をしていて食べていけるってのは社会主義国ではあるまいしw でも、この国は、そういった商売が沢山、成り立っているのです。まあ、大企業でも、広告で良く当社比ってやっていますよね。競争するのは他社な訳で当社比なんて比較は消費者にとってはどうでも良いことなのにw それがこの国の正体です。そう実は真のProfessionalなど居ないと言っても良いほどなのです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する