FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



NEUMANN KU100 dummy head is a binaural stereo microphone.
KU100_01.jpg

ドイツのマイクメーカー、NEUMANN と言えば、U 87 Ai を直ぐに思い出しますがw そんなTシャツも売っていますがw 今回は、「KU 100」というマイクなんです。バイノーラルマイクと呼ばれる特殊なマイクで、人間の聴いている音を聴感上同じような温情を再現できるようにしたものです。これまでも、このブログでは何度も取り上げてきていますが、簡易的な、Adphox バイノーラルマイク・イヤホン BME-200 という機器も常時携帯しています。

HM-200.jpg

この KU100 dummy head Microphoneは昔から有るのですが、100万円もする機材なので、これを入手することは、なかなか困難なのです。そこで学生時代は、このビクターJVC HM-200E という、ちょっとダミーヘッドもスタンド代わりに付属するタイプを使用していました。その証拠に、これが録音している情景です(船の上)。当時のカタログも有ります。

そうそう、その前には、ナポレックスDH-1という発泡スチロール製のダミーヘッド・キットを購入し、組み立てて使っていた時期もありました。それはヘッドが発泡スチロール製で中が空洞だったため、音に違和感が有り、詰め物をして使っていました。それは後に友人に譲りました。こちらのページを御覧ください。テクニクスRP-3280E を買いそびれたのは残念だったという記憶があります。当時、渋谷の土木設計会社にバイトに行っていて、帰り道に何度も観ていたのに...

SONY DH-5 バイノーラル・ヘッドは形状が気に食わなかったw 近年では、こんな、バイノーラルマイクが出ていました。「OTOKINOKO」このタイプも以前、ヤフオクに出品され、途中まで入札しましたが高額になり過ぎてやめましたw この機種は両耳の間隔が狭いのが気になるので... 更に、このような機材も登場しているようですが…

ビクター製品も、Adphox バイノーラルマイク・イヤホン BME-200 同様、録音しつつモニターが出来るヘッドフォンタイプでした。だからといって、録音最中にモニター音量を大きくすれば当然、HOWLINGと相成ります。通常、録音時にはモニターしませんがw 一応、風音防止用のローカット・スイッチがあります。電源は単三電池を使っています。

録音時には、ヘッドフォンからの出力を切っておくのは普通です。これは密閉型ヘッドフォンですから、多少大きいです。外耳、内耳ともに硬質なプラスチックなので少々違和感がありますw それに外耳形状としては、あまりに単純化しすぎです。安いですから仕方ないのですが... 仕事で本格的に録るようになってからは、こちらの機材になっています。

KU100_02.jpg

結局、どんなに日本の技術と虚勢を張ったところでProfessional用の機材は、世界で有数のトップブランドが有るのです。この分野もやはり、この会社。ドイツのマイクメーカー、NEUMANN と相成ります。安物や安価な機材は日本製が殆どですが本格的な機材になれば欧米企業の機器が幅を利かせています。それこそがProfessional用の機材だからなのです。一時期は自らダミーヘッドに小型マイクを仕込んで…と計画しましたが...行き着く所は、この機材になるのでw 狙うは最高品質。

KU100_03.jpg

Wave Arts Panorama」というような技術もありますが、詳しくはこちらを御覧ください。3-D Virtual Acoustic Pannner. Panorama 5 生の臨場感を録音するとなると、この機材の出動と相成ります。 1-Bit MOBILE RECORDER の KORG MR-1000 の登場です。御覧のように NEUMANN KU100 を収めているトランクが結構、大きいのです。

KU100_04.jpg

しかも高価(税込 1,144,800 円)なので、厳重な構造で機材は、守られています。そしてログが誇らしげで眩しいw 録音品質は、やはり価格だけの事はあります。国内の、どのbaino-raru・Microphoneと比較していも雲泥の差です。そりゃ価格差が、これだけありますから違いが無ければ意味無いですよねw

KU100_05.jpg

中は、御覧のように専用空間に守られています。そして外耳、内耳ともに自然な形状、質感です。その上で頭部のサイズは重要です。このダミーヘッドは、音響の研究などで機器の計測をするような多くの工業的なアプリケーションでも使用されています。録音された音場は、高性能なヘッドホンで再生されるときに、ダミーヘッドの録音位置で聴いたもの音場とほとんど全く同じ環境を共有できます。

KU100_06_20151026123446cd8.jpg

その録り側の機材としては、MR-1000 1-Bit Professional Mobile Recorder、1ビット2.8224MHz DSDを超える1ビット5.6448MHzで収録します。超高品位1ビット5.6448MHzでの録音、再生が肝です。DSDフォーマットをそのまま再生できるのはMR-1 MR-2 MR-1000 MR-2000s のみです。このセットで収録したdataを海外、欧米企業とお取引など... 有効的に使用中。

KU100_07.jpg

NEUMANN KU100 の後頭部は珍しいでしょうw 48 V ファントム電源、外部パワーサプライ・ユニットあるいは内蔵のバッテリーで駆動される事が可能です。そして、ヘッドの中には、10dB 減衰とハイパス・フィルターのための別のスイッチが格納されています。その為に、後頭部には頭部開閉ダイヤルが2つ有るのです。他にも秘密がありますがwそれは別の機会に!

KU100_08.jpg

更に、ユニット下部には電源供給モードのスイッチがあり、バランス型とアンバランス型の出力信号用コネクターもあります。ちなみに、この機材は、ある研究所から安く調達していいます。そうそう、公共放送、NHK のShibuya Deep Aって番組が、このマイクで3年前から遊んでたそうですが...もう少し建設的な使い方が出来ないものでしょうか?

KU100_09.jpg

いくら安く調達とは言っても、元々が相当、高価な部類のMicrophoneです。やはり、そこそこの対価を払って手に入れています。まあ、これだけの機材です。やはり、この手の仕事をしているえば憧れの機材。バイノーラル録音では随分と商売させて頂きました。これからも宜しく!大切に使っていきます。一生ものですからw

KU100_EBAY.jpg

ebay でも、出たとしても結構な入札価格になります。国内では中古は滅多に出ないでしょう!出ても、やはり相当な落札価格になるのは必至。それだけの価値は有ると思います。とにかく中古を探すには気長に根気強く待たないと無理でしょう。それだけ希少な機材になります。



もっと回りに音源んが有ったり後ろから急に音源が現れたりするとドキッとします。やはりヘッドフォンでの視聴でないと、その効果は最大限に発揮されません。体験しようとされる方は必ずヘッドフォンを御使用ください。キットその音場に驚かされると思います。





PLEASE WEAR HEADPHONES AND CLOSE YOUR EYES, to experience this "3D" binaural recording of sounds on the side streets of Taipei using the Neumann KU-100 microphone.









この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する