♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



NEUMANN U87Ai Studio Set
0Mic_00.jpg

我が家には、有名所のマイクフォロンが有ります。ここに写っているのは、その、ほんの一部です。そして、今回、3D Modeling企画として採り上げられたのが、NEUMANN U87Ai Studio Set になります。このマイクを知らない人はスタジオ関係では絶対有り得ないほどの有名なマイクロフォンになります。今回は、その内部までも創るという指令が来ました!ただ、カプセル内部は、あまり開けたくない!やはり自腹の機材ですからw

0Mic_01_20150915163843b48.jpg

Modelingにあたり、最初の関門は、やはりカプセル部分のメッシュになるかと思われました。形状的にはそれほど面倒ではないのですが網の目の流れが、構造上、網をプレスして造っているので、その為に独特のヨレが起きています。それを忠実に表現するのが少々面倒かと...

0Mic_02_20150915163845b69.jpg

単純に形状を表現するのなら、これで問題ないのですが、これではダメです。マッピングで表現はしたくないので、やはり何か方法を考えてModelingをしたいと考えました。

0Mic_03.jpg

遠目で観れば、このメッシュでも、それほど違和感は無いかもしれませんが、今回は中身も作るので当然、外観部分の詳細も手は抜けませんw あっ!何時も手は抜いていませんがw

0Mic_04.jpg

この角のプレスにより網がよれる状態を表現しないと、このカプセル部分は創れません。さて、どうしたものでしょう。球体のマイクなら、それほど面倒ではないのですが...

0Mic_05_20150915164941707.jpg

しかも、網の目なので互い違いに凸凹しながら全体の形状を形成しているという構造になります。そこで、このようにポイントを前もって選択範囲を登録しておかないと非常に消耗する作業になってしまいますw

0Mic_06_20150915164942d55.jpg

その上で、カプセル形状にプレスするという実際の作業に近い工程を踏むことにしました。まあ、実際にはプレスした後に少々修正が必要になりますが...

0Mic_07.jpg

これが実際のマイクカプセル部分のメッシュコーナー部分になります。簡単なようで実際にModelingすると面倒です。

001_20150915164945db2.jpg

そして、Modelingした形状が、これになります。言うのは簡単、実際にやるのは面倒!勉強になりました。そして網の目状態で全体の形状を構成する。

002_20150915164947e88.jpg

そして、カプセル内部。これは網の目を透かして見つつ、ネットで探した画像を元に作成しました。コンデンサーマイクフォロンの命ですから、ここは開けたくありません。しかも自前のマイクフォロンは、まだ、ほぼ新品ですからw

003_20150915165829b81.jpg

後はひたすらModelingです。ただ、このカプセル内部のスイッチも中を出せないので、これもネットにて資料を集めて構成していきます。こうやって私は自前と、ネットで集めた資料で作成します。それが当然の仕事の流れ、佐野氏のような仕事は、とてもProのやる事ではありません。盗作した時点で終わりです。

004_20150915165832273.jpg

さてエンブレム部分はBODYの円筒形カーブに沿って湾曲した形状に仕上げます。

005_20150915165833d18.jpg

この部分は、企業の顔なので可能な限りオリジナル形状を尊重して作成します。

006_20150915165835d1f.jpg

ここまで大きくは表示しないとは思いますが貼り付けではダメでしょw やはり細部までModelingしなければ!

008_20150915170419a65.jpg

この構造も実際に動画を観て同じような部品で構成してModelingしています。

009_201509151704206ca.jpg

また、この部分の付け根は外せる構造ですから、そこも忠実に再現しています。

010_201509151704217bb.jpg

現実にある形状を再構成するのですから、ある意味、簡単なようですが、そこは現存物を忠実に再現するので、そういった部分では苦労もあります。空想物なら適当に済ませられますからw

011_20150915170423f71.jpg

このカプセル台座部分は更に2つに分割できるような構造になっています。

012_2015091517042570e.jpg

さて、この段階では電気回路部分は空っぽ状態です。

017_20150915170950516.jpg

さて、当初から検案だった角のメッシュ仕上げは、まずまずです。

018_20150915171317807.jpg

外観形状は、ほぼ出来ました。まあ殆どが円筒形ですからw 問題は中身です。

NEMMANN_000.jpg

この中間部分の内容物を作成する段階に進みます。

NEMMANN_0000.jpg

まずは基板などを配置して大凡の感じを掴みます。

NEMMANN_003.jpg

そしてフレーム構造を構成していきます。この骨組みに基板が装着されるような構造になっています。

NEMMANN_004.jpg

一応、ノギスにて実際の長さを測ってModelingは進みます。

NEMMANN_005.jpg

6面から写真は撮影していますが、写真だと、遠近による視差が生じるので正確な形状を把握できません。

NEMMANN_006.jpg

このように実機同様、実際に組み上げていきます。そして基板ですが、これはマッピングとModelingの両方を併用して表現します。

NEMMANN_008.jpg

このような基板が2枚あります。それを一応、現物を観ながら作成していきます。

NEMMANN_010.jpg

NEMMANN_011.jpg

部品を取敢えず、並べていきます。

NEMMANN_009.jpg

NEMMANN_012.jpg

この作業は、裏表、両面必要になります。

NEMMANN_013.jpg

当然、マイクカプセルとの配線も必要になります。・

NEMMANN_014.jpg

NEMMANN_016.jpg

NEMMANN_017.jpg

各部品にもイロイロ印刷されているので、それも再現しなければなりません。これが結構、手間になります。しかも modo901 になってテクスチャマッピング時に落ちまくるのです。これは酷い!ゲームをやっていて理不尽に殺され、また、同じ所から始めるという作業を3回ほど、やらされます。このソフト、バージョンアップごとに必ず問題が有ります。どうにかならないものでしょうか?基本的な機能ですから...

NEMMANN_018.jpg

NEMMANN_019.jpg

NEMMANN_020.jpg

NEMMANN_021.jpg

NEMMANN_022.jpg

NEMMANN_023.jpg

NEMMANN_024.jpg

NEMMANN_025.jpg

NEMMANN_026.jpg

NEMMANN_027.jpg

NEMMANN_028.jpg

NEMMANN_029.jpg

NEMMANN_030.jpg

NEMMANN_031.jpg

さて、これでマイク本体は大凡、仕上がりました。前述の様にテクスチャマッピングでは無駄にした時間が有ります。何度も保存を重ねて牛歩の様に進めました。次は...

NEMMANN_032.jpg

このマイクフォロン特有で有名なショックアブソーバー部品になります。

NEMMANN_033.jpg

こちらの形状も一筋縄ではいかない難しさがあります。

NEMMANN_034.jpg

NEMMANN_037.jpg

NEMMANN_038.jpg

NEMMANN_039.jpg

NEMMANN_040.jpg

これで全体のModelingが、ほぼ出来ました。これから細かいところを修正してRenderingに進みます。

NEMMANN_043.jpg

NEMMANN_044.jpg

NEMMANN_041.jpg

NEMMANN_042.jpg

外観だけなら、それほど時間は掛からない今回のModelingですが、中身も作成となると結構、手間が掛かります。そして実機が無いと無理でしょうw 構造的に多くを知ることができました。



マイクカプセル内部は、この動画を参考にしています。今の時代、こういった資料を探す事が簡単になったので助かります。それを悪用して盗用しているようなデザイナーって?しかも売れっ子?国内の基準はおかしいです。Freelanceで忙しがっているのは自分の管理がダメだからでしょ?単に欲張りだったり将来不安を抱えているから?そんな奴が金欲しさに働いているのですから、単に糞忙しいのも自分がまいた種ですものねw それが嫌なら、きっちり自己管理すらば良いのです。

やたらと忙しがって、売れっ子気取りの奴も、はっきり言うとウザいですよね?テメエの懐をを潤しているのなら文句言わずに、やっとけや!と言いたい。単に「金」が欲しいからやっているんですからw それとも将来、そんなに不安を抱えているということ?いずれにしても自分の為にやっているんですからw こさら忙しがられても迷惑です。貴方に仕事を発注している側ではないしw おとなしく自分の仕事をしてください。

そして、もう少し付け加えるなら...貴方程度の力量がある人達は世界には大勢います。いや、それ以上のProfessionalな人達は大勢います。貴方の仕事は、いくらでも他の人達が肩代わり出来る程度です。この人しか出来ない仕事をしている人達は世界でも、ほんの一握り。挿げ替えは幾らでも可能な人材。だから貴方は恐れているのでしょう... だからと言って、自分を大きく見せても底が浅いと知るべきです。

そういった程度の仕事を一人で沢山手にしたいというのは一種、強欲なのかもw ある程度の実力が有れば、それほど必至にならなくとも大丈夫なはず。なんですけれどねw やはり強欲なのでしょうw 自分の時間を大切に出来ない人生とは? 人それぞれですから良いのですが、忙しい、忙しいと言う割には、貧しさが滲み出ています。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する