♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Feiyu Tech G4 ULTRA
0AXIS_01_20150709063728f08.jpg

次に手に入れたのは、FeiyuTechの新型 3軸ハンドヘルドジンバルです。そして、G4専用リモコンとなります。実は、Steadicam Merlin2も所有していたのですが、結局、大型カメラを使う頻度が少なく、使い勝手を考えると、今回のような機材を使うのが効率的という結論に達しました。その方がローアングル撮影も含め、あらゆる撮影が安定した映像で撮れるのです。


0AXIS_02_20150709063729ec1.jpg

当初は、iPhone 6 Plus を使った映像撮影を考えていたので、サンコー レアモノショップ 3軸電子制御カメラスタビライザー を購入しましたが、このスタビライザーは、なんとローアングルの撮影が不可!これは致命的。ということで国産ではありましたが即、売却いたしました。

0AXIS_03_20150709063731cb6.jpg

しかも、各種アクセサリーを考えても、やはり豊富な、この GoPro HERO4 シリーズを使っったほうが便利です。このスタビライザーには延長ポールも使えるのです。そういった選択は、他の機器には殆どありません。しかもコンパクトに、まとまります。しかも後述しますが iPhone との親和性もあります。

0AXIS_04_201507090637336d9.jpg

流石に専用機とあって、このようにコンパクトに、しかもキッチリ収まります。延長ポールはFY-G3用にオプションで用意されていたのものが利用できるので、クレーン撮影風からローアングルまで対応できます。特にローアングルは切り替えて即、反転できるのが良いです。

0AXIS_05_20150709063734118.jpg

このように、iPhone との連携使用ができるのも素晴らしい!その接続方法は.... GoProに接続する(iOS)を御覧ください。iOS版のGoPro Appを使います。連携することでカメラ本体の設定は勿論の事、ビューファインダーとして iPhone を活用する事が可能になります。

0AXIS_06_20150709065933149.jpg

こうして連携環境が整いました!これで iPhone をファインダー代わりにし、しかもカメラ本体を制御できるようになります。こういった使い方も国産や他のメーカーでは、なかなか揃わない環境です。今後は、このように異なるメーカーの機材を複合した連携操作が要求される時代かと思います。

0AXIS_07_20150709065934718.jpg

この環境では iPhone のタッチ操作が使えるので、とても使い勝手がよくなります。ただ、この連携は、慣れが必要です。一度、手順を飲み込めば、それほど面倒ではありませんが... 又、現場で慌ただしい場合は、こういった操作は少々煩わしいと感じます。まあ、それは利便性を考えれば仕方ないかもしれません。本来、一体型の機器ではないですし...

0AXIS_08_20150709065936941.jpg

そして、むき出しのレンズは、どうも心配なので、レンズ保護用のアクセサリーを調達しました。特にローアングルでの撮影では、ぶつける可能性が大きいですから... そういった事も考慮に入れられているのでしょうか?保護用の部品が2つ用意されていました。

0AXIS_09_201507090659371f7.jpg

これでレンズの保護に関しては安心です。こういった部品は、標準装備にしてもらいたい!防水ハウジングも良いのですが、普段使いには、こういった保護は必修です。

0AXIS_10_20150709065939333.jpg

さて、レンズ・プロテクターを装備しての Feiyu Tech G4 ULTRA 設置には全く、問題はありません。さて、この状態で延長ポールを接続したら次は、iPhone の設置をする必要が出てきます。

0AXIS_16_201507090719420c4.jpg

その部品として選んだのが、自転車やバイクに、iPhone をナビとして使うアダプターです。こういったチョットしたアクセサリーが揃うのも広く浸透している機材の強みです。

0AXIS_17_20150709071944a35.jpg

少々、大げさな感じですが、これでローアングルでもクレーン風でも手元で映像を確認できるようになります。勿論、カメラ本体の各種設定から制御まで手元の iPhone で操作できるのようなります。

0AXIS_11_20150709072652cec.jpg

取り付けは簡単!これなら、自転車にも付ける事も簡単。いっその事、もう一セット購入して自転車の方にも付けたくなります。それほど iPhone の使われる範囲が広いということでしょう。

0AXIS_12_201507090726545f7.jpg

このように手元で映像を確認、操作が出来るというのは素晴らしい!このままでは、ジンバルの機能切り替えは、ジンバル本体じゃないとダメ。当然、電源の入り、切りも本体での操作が必要なのが少々面倒。確かにリモコンも有るのだけれど今度は、その設置場所を確保するか別に保つ必要が出てくるのが面倒!贅沢ですが...

0AXIS_13_201507090726555e4.jpg

ローアングルでの撮影ではストッパーの役割もしてくれます。これが無いと、スッポ抜ける可能性がありますからw まだ、それほど握力が無くなっている訳では有りませんが...

0AXIS_14_20150709072657dad.jpg

ローアングルでカメラの位置。当然、撮影時には天地逆に設定します。まあ、後でソフトの方で上下反転させても良いのですがw 現場での切り替えが煩わしい場合は切り替えずに同じモードで撮影し後でソフトで修正ですね。延長ポールには、機能的な要素は全く無く、単に伸ばすだけなので Feiyu Tech G4 ULTRA を制御する為には本体での操作が必要になります。

0AXIS_15_201507090726586a3.jpg

そして GoPro HERO4 の予備バッテリーを準備。これで一応、予定のセットが揃いました。そして空撮は予約していある、Lily drone を使えば、バッチリです。これは、コントローラーを追尾して撮影してくれるので手間いらず。まあ、手に入るのは先の話ですがw それにしても、Victor GR-C1や、 SONY BetaMovie BMC-100 の時代は日本の企業も元気だったんですが... デジタル世代になって様相が随分と変わりました。今回、採り上げた機材では国産は一切ありませんでしたから...



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する