FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Dyson Pure Cool AM11WS [ホワイト/シルバー]
0pure_01.jpg

今日のお届け物は、とっても高さのある箱です。えっと、これはなんですか?確か空調機は既にSHARP 加湿空気清浄機 KC-A70-W PM2.5対応 に買い替えしていたはず!?となると扇風機?それにしては羽がw なんて、わざとらしい事を言ったりしてw これから暑い夏にかけて、ファンに高性能な空気清浄機能を搭載したDyson Pure Cool を調達してみました。なんたって最近の外気の汚れは半端ありません。

0pure_02.jpg

それにしても背が高い!リブ・メグが小さく見えますw さて、どれほどの機能かと言いますと PM0.1クラスの粒子状物質を99.95%除去という受け売りですがw その大きさというと...PM2.5やPM0.1は肺の気嚢(きのう)、更には血流にまでも入り込むという...恐ろしい話し。何故に、そこまでも汚染してしまったか?という話しは置いておいて...

0pure_03.jpg

まずは、体感してみないと始まりません。となると開封です。これだけ大きいと寝かして出すほうが安全。リブ・メグが見守る中、粛々と開封作業を進めます。寸法は、1018mm×196mm×196mm と、高さは有りますが接地面積としては非常に少なくて済みます。

0pure_04.jpg

ただ、この箱、開け口が...接着されているので無理やりじゃないとダメ。爪の長い女性は注意が必要ですね!今時、接着された箱ってのはチョットいただけませんw まあ、空気清浄機ですから夏、冬、四季に関係なく使うものですから、しまう事は無いので箱は破棄して良いのでしょうが...

0pure_05.jpg

結構、ピッチピッチに入っているので、なかなか取り出しにくいです。こういった買ってから設置するまでの話しって、ブロガーは、自腹で購入された場合じゃないと、あまりされませんよね?でも、開封し設置するのも重要な流れです。こればかりは実際に購入した人しか体験できません。

0pure_06.jpg

出てきたら、こんなパンフレットが付いていました。故障はあってほしくありませんが、起きた場合の対応が、このように表示されサービスの一環として提供されているのは有難いです。こういった展開も新品購入ならではw

0pure_07.jpg

そしてフィルターの交換時期を知らせる表示を、このように前もって教えてくれる配慮も助かります。ダイソンが独自に開発したという「360°グラスHEPAフィルター」ですが、1日12時間の使用で約1年使えるそうです。交換は使用者自身が簡単に出来るそうです。交換用フィルターの価格は6000円(税別)それなりに維持、経費は掛かります。

0pure_14.jpg

この紫色の円筒形の物体が、「360°グラスHEPAフィルター」このフィルター1つあたり1.1平方メートルのマイクロファイバーを使用、254層折りのプリーツ状に加工され、密度の高さが最大の売り!花粉やバクテリア、そしてPM0.1レベルの超微細粒子状物質まで捕らえる事が可能だそうです。(受け売り)実際には信じるしかありませんw 交換方法は、この円筒形フィルターを上に引き抜くだけです。

0pure_15.jpg

その「360°グラスHEPAフィルター」が心臓部ですから、この部分にイイカゲンな中国製?の紛い物を使っては意味がありません。なので、こんな注意書きがありましたw 交換用フィルターの価格は6000円(税別)をケチったらダメですw フィルターは樹脂製の外装と一体化構造。可燃ゴミか不燃ゴミとして普通に捨てられるとの事です。

0pure_16.jpg

そして、こちらの部分が、羽のない扇風機。Air Multiplier と呼ばれるダイソン独自の送風技術により遠くまで心地よい風を届けてくれる。普通の扇風機だと心配な、リブ・メグのように毛足が長くとも、側に寄っても回転翼により毛が絡まる恐れが皆無なのが安心。

0pure_08.jpg

リブは非常に好奇心旺盛!早速、電源を入れて試運転をすると... Air Multiplier による空気の流れを感じ取ったのが盛んに吸い込む口周辺に興味を感じていた。集塵力に関しては一般使用者には調べる事は基本的に無理なので企業側の発表を信じるしか無いのだが...

0pure_09.jpg

メグは、吹き出し口に興味を持って近づいていました。そして、なんとも不思議な表情をしていますw このように、この子達が近づいても毛が巻き込まれる恐れが皆無なので送風機としても安心です。通常の空気清浄機では送風は上部に吹き上げるタイプが殆どですが、これは目的の方向に出せるのが良いです。

0pure_10.jpg

リブは、どうしても周辺の空気の流れが気になるようですw 直径20cmにも満たない円筒形のフィルターなので接地面積は圧倒的に少ないのですが、肝心の集塵力は...しばらく使ってみての体感で判断するしかありません。臭いやホコリを察知して自動で調整するという機能はありませんので使い方は通常の空気清浄機とは異なります。

0pure_12.jpg

開封後の梱包材は少ない方ですが、箱から出す方法は、正直、少々面倒です。輸送中での事故は少ないでしょうが、接着された梱包だと開ける為に力が必要です。爪の長い女性は注意が必要。

0pure_11.jpg

付属のリモコンは、デザイン的には良いですが、プラスチック製なので軽く、見た目より安っぽく感じます。そして風量は、一番弱い時は静かで最強の時は、なかなかの風力があります。純然たる、空気清浄機というより、画期的な扇風機に空気清浄力をプラスした機能と考えたほうが良いようです。

0pure_13.jpg

そして、なにより場所をとらず、デザインがスッキリしているという部分に惹かれます。ブルーエア空気清浄機といく機種も興味がありましたが...フィルター類に掛かる費用が馬鹿になりません。とはいえ、それほど外気が汚れてしまっているという現状には如何ともし難い思いがあります。

0pure_17.jpg

デザイン的に、のリモコンに近い感じがするデザインですが、材質は、Apple TV 用はアルミ削り出し。片やプラスチック製、持った感じも軽く安っぽいです。この湾曲した形状は、手にした時に手に馴染むだけではなく...

0pure_18.jpg

このように、本体、上部のトップ部分に磁力により収まるというw チョイ置きに、ここに置くことで紛失という事が少なくなるでしょうw 

0pure_19.jpg

風量の強さは10段階。風量最強だと音が大きいので、通常は3〜5段階くらいで使用というのが現実的でしょう。常時運用なら1〜3の範囲で... センサーによる自動運用機能はありませんが、タイマー機能は付いています。空気清浄機専用機器との併用が良さそうです。

0pure_20.jpg

360度、全方向から汚れた空気を吸い込み、綺麗な空気を送り出す構造。フィルターには、活性炭とプリーツ状に254回折った1.1㎡のマイクロファイバーが詰め込まれているそうですが、その効果は如何程?



こちらを御覧ください。まさか、こういった実験は自宅では出来ませんからw 企業の公開実験映像を信じるしか無いでしょうw PM0.1の超微小粒子状物質でさえも99.95%除去という謳い文句!これまでの空気清浄機ではきれいにでなかった汚れまで吸収するという事だそうです。なので併用が良いようです。

0pure_21.jpg

この送風機構により、ペットの毛の巻き込みの恐れがなく、空気循環機能としての使用にも向いています。また、空気中を浮遊している放射性物質の粒子は、0.3μm、そのサイズの粒子を捕獲できるフィルター能力を持った空気清を複数使う事で多少は対処できるのでしょうか?目に見える訳ではないので確信は持てませんがw

0pure_22.jpg

ただ、放射線に関しては空気清浄機本体そのものを突き抜けてしまいますが、少なくとも放射性物質を含んだ粉塵は、フィルターにより除去できます。汚染されたホコリや粉塵そのものを吸い込んでしまう内部被曝を極力割ける事は可能かと思います。粒子状の放射性セシウムや放射性ストロンチウムにはHEPAフィルター搭載の空気清浄機で対処するしかありません。

0pure_23.jpg

そんな事を気にするような状況にしてしまった、この国の行く末は?移住は、現実的ではないので、こういった空気清浄機を使い、こまめにフィルター交換という方法で対処するしかないのがムカつきます。誰でも何れは死ぬのですが、被曝による病気など、可能な限り回避したいものです。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する