♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Mr. Rufus Deuchler Adobe Principal Manager of Creative Cloud Evangelism
0sibuya_01.jpg

今日は、久々のお出かけw それも滅多に行かない、渋谷へ!しかも初対面のイタリア出身の方。問題は言葉。英語になるのだけれど、会話力は、この十数年使っていないので確実に使いもにならないだろうと思われる。でも、その場の、なんとかで凌げるかもw いや、現実は、それほど甘くはないかな?


0sibuya_02.jpg

それを暗示するかのような雲行き... とっても天候が不安定な感じ。自分の気持ちを表わしているようだw ダメ元で会ってみるのも方法かもしれないので... と言いながら慌てて普段着のまま出てきてしまったという...

0sibuya_05.jpg

さて、渋谷に到着!流石に人出が半端ない!外国からの観光客だろうか?多くの外国人が... 数年来ていない内に随分と変わってしまった様だ!

0sibuya_03.jpg

テレビ放送の宣伝とか...視聴率は、これからドンドン下がる一方なのだろうけれど、最後の足掻き?のような広告が気になる。

0sibuya_04.jpg

テレビ放送と同様、邦画も、これから更に観る人達は減っていくのでは無いだろうか?洋画自体も観たいと思うような作品が減っているし、観て面白いと思う多くはTVドラマ。映画俳優も次第にテレビドラマに流れているという現実。国内、邦画に至っては、更に厳しい感じになりつつある。

0sibuya_06.jpg

それにしても、この時間帯だからであろうか?人、人、人だらけ!とにかく凄い人の数。こんな場所で大震災に出くわすのは怖い!集団心理とは恐ろしいから、これだけの人が一気に身の危険を感じ慌てて勝手に行動したら...

0sibuya_07.jpg

川越まつり」でも相当の人出だった。それより少ないとは言え、これが毎日となると少々異常な感じがする。これだけの人々がパニックに陥ったら!そりゃ、怖いです。昔は、この車両、無かったよねw

0sibuya_08.jpg

駅前を離れれば少しは人の群れは減っているものの、やはり混雑しているのには変わりはない。ズーッと居たら酸欠になりそうな勢い。地震とか来たら怖いですね!

0sibuya_09.jpg

周りにはビルが立ち並んでいるから、大地震ならガラスの破片が上から降ってきそう!老朽化している看板とかも怖い!

0sibuya_10.jpg

そんな事を言っていたら日々の生活は、おくれませんがw やはり、こういった場所での災害対策は個人ても考えておく必要はありそうですね...まあ所詮、個人の対応では限界がありますが...

0sibuya_11.jpg

久々に、都会に来て、人での多さに驚かされました。そして災害時の事を少しだけ想像しただけでも恐ろしいと感じます。それだけ自分も年老いたという事でしょう。

0sibuya_12.jpg

路上に居る人ばかりではありませんよね!建物内や地下にも大勢の人々が居るわけだし!普通なら、これだけの明るさが保たれていますが突発的に災害が起これば電力供給だって止まります。緊急電源が確実に作動するとは限りません。先の福島原発でも緊急電源は供給されなかったほどですから...

0sibuya_13.jpg

車両事故も多発、炎上?など。救急車両も、そのような状態では自由に行き来は困難になるでしょうし...

0sibuya_14.jpg

災害の規模に寄っては、こういった橋脚が崩壊し、首都高道路が倒れるような事も... その脚元に居たら、倒れる方向にも依りますが逃げられない事も有り得ます!車両に乗っていたら倒れてくる事に気がつかない!なんて事も!

0sibuya_15.jpg

密集している飲食店からは火は確実に出てくるでしょうし...となると日の回りは早い!なのに消防車両など移動、困難な状況など... 更に悪化するのは目に見えています。

0sibuya_16.jpg

まあ、今日は大丈夫でしょう。そして今日も大丈夫だったから明日も多分、大丈夫なのでしょう...と続いてくれれば良いのですが、そういった考えで先の鉄道事故は起きています。

0sibuya_17.jpg

これだけ密集している地域での大規模災害となると、そりゃ恐怖しかありません。でも、起きる可能性は全くゼロではないという...いや、何時起きても不思議ではないのかも...

0sibuya_18.jpg

駅から離れていても、これだけの人混みです。そこに起こればパニック必死!どのように人々が勝手に行動するか想定することも難しいでしょう...事故が起き、大怪我も続出する状況下。貴方は無事、非難する事ができますか?若く、体力があれば可能性は多少は良くなるかも知れませんが...

0sibuya_19.jpg

こういった大都会、近場は何処も同じ様に密集し混雑しているのですから...当然、避難場所には多くの人々が!そして多くのトラブルが続出。事故、怪我の対応も大変!

0sibuya_20.jpg

なんて、人の多さに圧倒され、そんな事を考えながら待ち合わせの場所に到着!時間的に余裕をみて出てきたのですが、それでも10分前の到着でした。

0sibuya_21.jpg

このビルが、指定されたお店が有るビル。駅から7分ほど(出る改札の場所にも依りますが...)離れた場所です。

0sibuya_22.jpg

先に入って、予約されていると思ったら、あれ?予約はされていませんでしたw 後で判った事ですが、彼一人だけで来る予定だと思っていたのですが、もう一人、関係者の方がいらしていて、多分、その方が予約していたのだと思われます。後から判った事ですが...

0sibuya_23.jpg

食幹 (Shokkan) という所です。今は、ネットが浸透していますから、お店を探すのも場所を確認するのも楽になりましたよね!入り口は、こちら。そして地下になります。

0sibuya_24.jpg

食事は、イロイロ頂きましたが、撮影できたのは、これ一品のみですw お話中に撮影は失礼ですものね!コース料理だったのですが、話の途中で料理の撮影って訳にはいきませんからw

0sibuya_25.jpg

という事で本題のネタです。Adobe Principal Manager of Creative Cloud Evangelismの Rufus Deuchler さんとお会いしました。少々、重いので申し訳ありませんが、執筆したAdobe Illustrator関連の書籍をお持ちし、お受け取り頂いた図ですw それと「weadmire」で発売されている Yukio Miyamoto ブランドから3着ほど、お土産として、お持ちしました。

快く受け取って頂きました。彼は、10年以上もアドビに在籍し、ヨーロッパは勿論、アメリカ、アジア、世界を股にかけた活躍をしています。当初は1年の内、70%も海外でのご活躍!その体力、精神力には敬服いたします。近年では多少、緩やかになって50%ほどだそうですが、それにしても精力的な活躍です。とても真似でないです。もっとも爺に片足突っ込んでいる歳ですから、今の私には絶対無理ですw

0sibuya_26.jpg

そして心配していた英語での会話!なんと明日からアドビにて活躍されるという Shiori Takei さんが御一緒されたという!有難い、ご配慮!助かりました!御覧のようにお綺麗で頭脳明晰、長く海外で活躍されていらしたという才色兼備という素晴らしい人材を new evangelist in Japan として採用されていたのでした!なので私の使い物にならない語学力は必要ありませんでした。

0sibuya_27.jpg

普段のまま来てしまってw 場違いというか髪の毛ボサボサのエロいオッサン!改めて歳をとったと思いましたw 勿論、彼女の御蔭で話しは、そこそこ盛り上がり楽しい時間を過ごすことができました。それにしても、この写真を観て、もう少し外出する時は身なりに気をつけようと思った次第ですw

0sibuya_28.jpg

午後7時にお会いし、帰路につかれたのは、既に11時になっていました。スッカリ、ご馳走になってしまいました。と、言うことで、お二人共、明日から、お仕事だというのに、長時間のフライトの後にも関わらず、お会いしてくださって、ありがとうございました。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する