♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



SONY M-1PD stereo microcassette corder
0M_1PD_01.jpg

マイクロカセットにてステレオ録再可能。おまけにメタル録再対応。非常に珍しい機種で、おまけに箱入り状態!ヘッドホン MDR-4も、そのままの状態です。いずれにしても、マイクロカセット自体が、こういった用途では、それほど浸透しませんでしたから数も圧倒的に少ないと思われます。




0M_1PD_03.jpg

1981年発売 確かにカセットテープ式のウォークマンと比べれば小さいのだが!音質的には、最高速のテープスピードであっても、それほど良いとは言えない訳でw 何より出回っているハードもソフトも少ないという...マイクロカセットは、メタルテープまで実用化されたものの、オーディオ的には限界。後はご存じの様に、留守番電話録音やメモ用カセットとしての生きる道しか残されていませんでした。

0M_1PD_04.jpg

初代ウォークマンが1979年発売、それから2年後、テープスピード2.4cm/secまたは1.2cm/sec  メタルテープ使用しマイクロカセットで周波数特性、上が10KHzほど 大きさは、コンパクトカセットの約1/4 アナログ・テープ・メディア最後の規格でのマシン。しかし、この機種には、walkman の表示は無い。再生専用機ではなく録音可能だから?それは変!何故なら「Walkmanの源流」でも紹介しているように録音機能を省いてはいても、それは戦略的な話で予算が許せば付けたい機能だった事に変わりはない!

0M_1PD_05.jpg

SPY Small Plivate-recorder for Young exective SONY M-909」そんなメモ的な利用では、ここまでコンパクトに仕上がったマシン。これは1992年です。

Micro Cassette メディア カセット類」そんな様々なテープ・メディアが現れては消えていきました。今ではテープが生き残る道は...データ用の用途しか残されていないのでしょうか?近年カセットテープが多少、話題にはなりますが所詮、流行り程度の話。

0M_1PD_06.jpg

Sony Ultra Thin M-100 Microcassette Recorde 1980's」この機種も、ほぼ同年代のマシンですが、こちらは金属ボディで洗練されたデザインでした。機器の厚さも、これほど分厚いボディではありません!なので、このM-1PDは、少々、安易に設計された感が一杯w

0M_1PD_07.jpg

取扱説明書も一緒に保管されています。この状態で残っている個体は非常に数少ないと思われます。内容的には新品同様。問題なく使用可能状態です。とは言え、音楽用だけあってテープスピード1.2cm/secは省かれています。

0M_1PD_08.jpg

メディアが無ければ、ただの箱。使う、使わないは別にして一応、テープ・メディアも残しています。今後、使うことは、まず有り得ませんが...

0M_1PD_09.jpg

本家、元祖ウォークマンと比べてみると... メディアが小さい割にハードは、それほど小型になっていない事が判ります。

0M_1PD_10.jpg

やはり厚さが... プロフェッショナルと比較すれば、更に小型のような感じにはなりますがw

0M_1PD_11.jpg

20年後現れた、iPod 1st Generation と並んでみる。収録時間、曲管理など比較になりませんが... この20年間の間に何が起きたのか? SONY は、何をしていたのか? MD DAT 確かにデジタルへの移行を果たそうとしていましたが、いずれもメディカル主体に考えられたハードばかり造っていました。手法としては、全て既存技術の焼き直しと言っても良いでしょう。アナログ時代と同じ手法を続けていたという愚行...

0M_1PD_12.jpg

この時代のマシンを並べて比べると... やはり厚さが際立っています。それに大きさが一番デカイ!そして使われている素材がプラスチックで安っぽい。既に、この辺りから既存技術の修練だけという方向性が露呈してきています。新しい視点が生まれていない!古くからあるテープ文化の延長上でしか無い!その証明に「RECORDING WALKMAN」の姿があります。

0M_1PD_13.jpg

その繰り返しで、それなりの成果を上げてこられたのは時代の成せる技でしょう。アナログ時代は、それで十分、事足りていた。小型に薄く、更に安く...それを繰り返し追求すれば結果は得られた。枯れた技術の修練により集積度を高め安価に提供をし続けた結果、安っぽいアナログ機器だけが残った...

0M_1PD_14.jpg

確かにアナログ機器としての到達点ではありまたが... 彼等は、というより我々日本人は、次世代、デジタルになっての視点を養ってきたのでしょうか?というより新しい視点、創造力が必要となる時代が到来すると途端に失速していく日本の技術。そこに我々日本人の本質が隠されています。それはアジア全般に言える事でもあります。

0M_1PD_15.jpg

既存技術の修練。それは弛まぬ努力。「改善」の二文字。だがしかし... 時代は既に終わっていたに関わらず、それに気がつ無い、レミングス。多くのアナログ・オーディオ・メーカーが消えました。アナログ時代、黎明期が、そうであったように デジタル時代も同様に欧米が主導権を握っているという事実。これは紛れも無い事実です。そういった視点が生まれにくい今の社会的価値観、教育構造。

これまで、エリートと呼ばれる人材を一掃する事から始めないと改革は無理なのでしょう。何故なら企業の中枢に居ながら今の日本の低迷を引き起こして来た張本人達なのですから!どのような弁明も成り立ちません。既に結果は出ているのですから...

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する