♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



アップルがGoProの様なアクションカメラの特許を取得した背景
apple_001.jpg

Appleは、以前なら Steve Jobs 氏は、何も新しいモノを発明していないと、したり顔で如何にも業界通を気取って語る輩がいますがw それを言ったら、どの企業も同じでしょう?「日本だって!」って言う人達は知らなさ過ぎる! 1979年に発売された、SONY WALKMAN Walkman TPS-L2 これも新しい技術ではなく、枯れた既存技術から生まれている事を認識すべきです。そして、その枠からは全く出ていない。

録音機の発祥は、1898年、記録メディアとしてピアノ線を使用した磁気録音式ワイヤーレコーダー「Telegraphon」が最初。後に1935年、AEG社のMagnetophonというメディアが登場。その後、更にテープメーカーとして有名なBASF社により改良が加えられ音質、耐久性が飛躍的に向上、という源流がある。

そして多重録音という音楽制作現場から必要とされたマルチトラック・テープ・レコーダーも、音楽家からの要望から生まれている。間違っても日本が発祥ではない!という事実。


apple_002.jpg

こういった技術の積み重ねから、様々な枝葉が生まれ、可能性が更に広がっていく。一つの技術だけが突出して現れるというのは近年では稀。総合的、かつ有機的な連携の上に成り立つものだ。まず、その事を理解していない日本人が圧倒的に多い!

さて、そこで「時計の次はカメラかも?」という流れ?が短絡的。これまでも Apple の生み出した革新的な製品も、基本的には多くのハード、ソフト、特許を含む技術を組み合わせ使い方(UI、使い勝手)や活用法の新たな視点を提案している。「アップルがGoProライクなアクションカメラの特許を取得」というだけで Apple Camera と言うのは、あまりにも短絡的過ぎる。

そんな近視眼的な、誰もが直ぐに思いつく程度の事でしょうか? Apple Watch の事で考察したように使い方は名前が示すような単なる時計である訳がないのです。その程度の視点しか持てないから日本からは独創的な製品が生まれないのです。これは、ある種、手品に似ています。故に Apple Magic と言われる所以です。

そう言えば、私のブログ以前の掲示板(今はサーバー管理者の方がお亡くなりになり存在しませんが...)を御存知の方は、Apple社の「Magic Mouse」が現れる以前に、その存在、というか製品アイデアを展開したのを御存知かと思います。その可能性は、その時代のハード、ソフトそしてUIを組み合わせれば可能。ただ、その時代に、そういった視点が存在しなかっただけなんです。



例えば!3D プリンタが使われるようになれば、こういった6台のGoPro、6台同時に保持できるアダプターを作成するアイデアも一般人でも即、可能な時代。ハードのみならず後の画像処理など、より使いやすくするソフトやUI関連等など...このパノラマ画像、動画は、3DのHDRI画像としても利用可能



そして、こういった製品に発展できる素地が用意できるという現代。更に洗練され、このようなハウジングも生まれる!それこそが、これからの流れ。そこに日本企業は食い込んでいけるのか? 企業ばかりか個人でも、そういった人と異なる視点を持てる人材が育っているのか?そこが重要なのだよ日本人!少なくとも画一化された今の教育環境では、そういった人材は育ちにくい!

こういった創造的使用として選ばれたカメラが、GoProという事実。プラットホームが用意されれば今後、様々な展開が見えてくる。その上で多くのデジタル画像技術関連を入手してきた Apple でもある訳です。まず、間近に控えている Apple Watch の流れ…そして更に関連機器への有機的な連携と現場、市場で鍛えられた各技術、更には撮影手法にも影響がある技術等、連携で実現出来るサービスが徐々に整ってきていると観るべきです。

そもそも映像系専門学校、大学を含め、こうった映像を撮れる人材って発想や行動など先生も含めて居るのかな?




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する