FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



真空管アンプ が来た!
06_11_04_01.jpg

「この真空管アンプは6RR8(五極管)と5670(双三極管)を
組み合わせた超三極管接続方式です。
小型の出力トランスでも比較的低音に厚みが出てくるタイプです。」
との制作者の弁です。

真空管も手に入りにくくなっていますが、こちらの管も
音楽用のではなく通信用らしく、もっと手に入りにくいようです。

06_11_04_02.jpg

また・・・
「当初、ボリュームを裏パネルに内蔵させていたのですが、
音がどうも気に食わなかったので取り外し、
小型のアッテネータを使う仕様に変更」と言う凝りようです。
このアンプに見合ったスピーカーを現在物色中です。

06_11_04_03.jpg

この真空管の光がなんとも言えません。
そうそう言い忘れましたがトランスも特注品だそうです。
制作者は「日本ゴム銃射撃協会石川分室」でリンクしている
おんちゃんさん作です。ありがとうございます。

06_11_04_04.jpg

通常の昭明下では、こんな感じです。
少し飴色の光が見えていますけど・・・

06_11_04_05.jpg

それがチョット昭明を落とすと暖かな光が見られます。
いや~趣があって、とっっても良いです。
現在、お奨めのSPを頼んでいます。

当初、BOSE スピーカー M3 購入を予定していたのですが
問題にならないくらいに素晴らしい音になるはずです。
今から楽しみです。ディスクトップで聞くのですから
それほど大きな音量は必要なく美しい音であれば万々歳です。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
こんばんはー、Yukio さん。
ちょっとご無沙汰してしまって、以前のお話が途切れてしまい、失礼を致しました。

で、スピーカーなんですが、横から失礼して、
ミネハハ・スピーカーをご紹介させて頂きます。
卓上で、PCに向かって、にはちょっと向かないかも知れませんが。

本当の振動版の波動にて、音が届いてくるもので、なかなか良い音だそうです。
開発者の寺垣さんのお宅にある、元祖?波動スピーカーは、なんとも原音再生機としての、変換機に徹しているそうで、生々しい、しかし、うるさくない音だそうです。

私も、真空管アンプを発注したら、このミネハハ・スピーカーも注文しようと思っています。
【2006/11/04 21:50】 URL | ひろ #LkZag.iM [ 編集]

音を出す30分程前にアンプの電源を入れて、真空管を十分に暖めてからお使い下さい。真空管の寿命が長くなります。
【2006/11/04 23:56】 URL | おんちゃん #9L.cY0cg [ 編集]

ひろさん、情報ありがとうございます。
そんな新しいタイプのスピーカーもあるんですね。
正直オーディオに深入りするほど財力もなく^^;
気軽にiTunesの音を仕事をしながら聞きたいだけなんです。

この原音再生と言う言葉も非常に微妙なニュアンスを
含んでいるんですよね・・・どちらかと言うと録音するのが
好きなんで再生器機の拘りは、あまり持っていません。

真空管は、急激なクリップ感のない、なだらかな歪みが良いですね。
そこそこの音質で聞ければオッケーなんです。また音色の違いも
ある意味その中に楽しみがあるわけで、それは否定しません。

そんなんで比較的安いフルレンジのスピーカーを考えています。
おんちゃんさんからも、このアンプに合った物を教えていただき
現在、それを購入予定です。それでも予算ギリギリなんですよ。
【2006/11/05 00:10】 URL | Yukio #- [ 編集]

おんちゃんさん了解です。そうですね。
できるだけ大切に使わないとですね^^:
チョット後手に回ってしまいましたが、
後はスピーカーを用意するだけです。

遠路はるばるお越し頂いてありがとうございます。
しかも直々にアンプをお持ち頂けて感謝です。
【2006/11/05 00:12】 URL | Yukio #- [ 編集]

どうも、横から、すみませんでした。

デジタル音楽、特に圧縮音楽では、真空管の威力は、絶大だと思います。

仕事柄、この手の音ばかり耳にしていますので。

すごく、良いアンプを製作されている方がいらっしゃるんですね。
どちらかで、試聴など出来たら、私も聞いてみたいです。
スピーカーも、アンプの製作者の方の推薦が一番ですね。

では、真空管の、ほのかな明かりと、暖かな音をお楽しみ下さいね。
【2006/11/05 00:42】 URL | ひろ #LkZag.iM [ 編集]

いえいえ^^ひろさん、教えていただいてありがとうございます。
寺垣武氏の事など、興味深く調べさせて頂きました。
音楽制作の舞台で国際的に活躍される方が増えるような
日本の土壌に育っていけると良いんですけどね・・・

週明け早々には手に入る予定なんですが・・・・
スピーカーが手に入らない現在、明かりだけを楽しんでいます^^;
【2006/11/05 01:07】 URL | Yukio #- [ 編集]

真空管はホントに美しいですねぇ。。。夕暮れ時に電気を消してずっと眺めていると何とも不思議な気分になります。しかも音まで暖かくなってしまいますから尚更ですね。
【2006/11/06 01:02】 URL | じん #- [ 編集]

美しいですよね。目新しいってのもありますけど^^;
真空管アンプなら、なんでも良いって事は無いのでしょうけど、
このアンプは、おんちゃんさんの作品なので安心しています。
まだ、音は聞いていませんが、今から楽しみです。
【2006/11/06 16:37】 URL | Yukio #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/316-855f0550