♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Thunderbirds Captain Scarlet and The Mysterons
0thunderbird_01.jpg

我が家には、 Thunderbirds 関連のフィギュア?も結構、有ったりしますw そりゃご多分に漏れず、イマイのプラモデルを購入した口です。そして、こちらネタとしては、もうすぐ10年前になってしまうという...旧ブログで御紹介していました。あれま!早いですね!今回は、それなりの撮影は面倒なので蓋を空けた程度にとどめますw 凝りだすと切りが無くなりそうなのでw

0thunderbird_02.jpg

現在は、倉庫の箱にしまってある状態。なかなか出して飾るほど現在は場所的に他に多くのフィギュアが有るもので^^; アホですね、いい歳をしてw なので倉庫に殆どがしまってある状態です。他にも...

0thunderbird_03.jpg

これとかw これもイマイから出ていました。当時、買いましたが流石に今は、そのプラモデルは有りません。確か、父に他のプラモデルと同時に全て破壊され残骸として破棄した記憶がありますw アッという間の出来事だったもので... このモデルは少々、玩具っぽいですねw 動かなくても精密外観のモノが欲しいところ... 企業さん、理解していないよね。

0thunderbird_04.jpg

そうそう、コンテナ関連も、全てではありませんが幾つか揃っています。これらを購入する人達って子供だけじゃなく、結構、年配の人達も多かったりするのに...そこが日本の業界がダメな所。所詮、子供相手だから、この程度で喜ぶだろうって作りしかしない...

0thunderbird_05.jpg

ある程度、精密に作れば、子供ばかりか、いい大人だって購買層に取り込めるのに...確かに「アポロ11号&サターンV型ロケット | 大人の超合金」シリーズとか、そこそこ頑張っているけれど、やはり Hottoys レベルには遠く及ばない! 作りが甘いんだよね。いい線いいっているところもあるのに勿体無い。それはやはり相手にしている市場の大きさからくる壁なのでしょう。でも、そこを乗り越えないと何時迄も同じなんだよねフィギュア関連に限らず国内製品。

0thunderbird_06.jpg

私が子供の頃に既に、GIジョーってフィギュアが存在していたくらいだからね!そのアメリカン・ヒーローモノも多く有った。既に今のフィギュアの基本が出来ていましたから...

日本では同じく1966年に三栄貿易株式会社によって輸入され、その後、1969年には新たに権利を得たタカラが引き続き販売を行なった。


ウィキペディアからの引用...だそうだ。当時から、その品質でフィギュアを出して欲しかったのだが、国内のメーカーは動かないと玩具じゃない!って感覚の大人が圧倒的に多かったようだ。

0thunderbird_07.jpg

そうじゃないんだよね!精密な仕上がりこそイメージが膨らむのに、そこが理解できない玩具メーカーさんの感覚は理解できなかった。だから当時の玩具、ソフビとかは全く興味がわかなかった。それより怪獣モノは、どうも好きにならなかったって事の方が大きかった気がする。

0thunderbird_08.jpg

そういった意味でも、Gerry Anderson氏の1961年 - スーパーカーは衝撃を受けた!当時、スーパーカーは白黒作品だったのだから!もっと古い作品も有るようだが流石に、それは知らないw その後、「海底大戦争 スティングレイ」とか有ったが、圧倒的に記憶に残っているのが「Thunderbirds」になる。

0thunderbird_09.jpg

こんなのもCGで作ったけれどw 今は、そういった意味でも昔のような特撮の必要性が少なくなっていますね!そんな、こんなで実は、Thunderbirds are Go! 2015 が始まろうとしています。「メールアドレスを登録すると最新情報をお送りします」状態で今のところサイトの変化はありませんが...



いよいよですかw 楽しみです。「スーパーマリオネーション」の味は残しつつw というった感じなのでしょうか?昔のスコットの方がハンサムだと思うけれど... 吊りの呪縛からは解き放たれたって感じですねw ただ今の凄い CG を見慣れている子供達に、どれほど受け入れられるか?どうなんでしょう?気持ち悪い人形っぽい感じ?と映るか?微妙。

0thunderbird_10.jpg

ちらっと観えた、1号のデザインは... う〜ん微妙。まあ、多少変わった方が楽しいとは思うのだけれど...

0thunderbird_11.jpg

オリジナルは直線的だったのが、曲面が多くなっている。そこが、どう出るのかな?もう少し見ないと...

0thunderbird_12.jpg

そして、もっと気になるのが、やはり好きな2号のデザインなんだよなぁ〜 やっぱり2号が好き

0thunderbird_13.jpg

こちらも新生超合金で、揃っています。電動伸縮脚モデルとは異なり、こちらは汚し塗装がされていました。

0thunderbird_14.jpg

このような感じ、スジ彫りではなく塗装で板の間隙を表現しつつ汚れを表現しています。昔、子供の頃だったら感激したでしょうけれど、大人になった今だと自分で作った方が、より上手く出来ると判っているので不満足w

0thunderbird_15.jpg

離れて見る分には、まだ良いのですが...寄ると辛いw 精密感がぐっと低くなるのが嫌。だからと言って今更、作るのも時間が無いし、そこまでの情熱も...だって CG だって手抜きで作ったからねw

0thunderbird_16.jpg

キャノピー部分の透明部品も厚ぼったし... こういった所が、Hottoys のコダワリとは違うんだよね... よく日本人は細部に拘るって言うけれど、欧米人の写実感覚の方が上だよ。実際の作業や制作はアジア系なのだが、それを統括し製品まで、まとめているのが欧米人でしょ?

0thunderbird_17.jpg

どこか子供相手だからって甘えているというか手抜きというか... 馬鹿にしているというか... 正に子供騙しなんだよね。それは、どの分野にも言える事だけれど... もっと大人が真剣に創らないと伝わらない。子供は馬鹿じゃないんだよ!品質の高いモノを知れば、それが基本になる。

0thunderbird_27.jpg

これは劇場版、Thunderbirds で登場した、火星への有人着陸を実現させた Zero-X やはり、今井科学が大型プラモデルを発売していましたね!これ、お年玉を貯めて買いました!サンダーバード秘密基地と並んで相当の大きさだったのです。でも、子供の頃は、これじゃない...って気持ちでしたw 当時は、今ほどスクラッチで部品を創れるほど知識も道具も、材料も豊富ではなかったので無知も有りましたがw

0thunderbird_28.jpg

結局、動くというった部分が売りでしたね。精密キットという分野は国内では少なかった。かといって欧米の製品は更に高価だったり、空想モノの数も無かった。それ以上を望むと、欧米の関係者しか手に入れられないほどのProが制作した作品しか無理な時代でした。

0thunderbird_29.jpg

この品質が当時、創られ、販売される可能性はゼロに等しいですがw 当時から、これ以上の製品が欲しかったw そして、これが後に「Captain Scarlet and The Mysterons」のシリーズに繋がるキッカケになる話なんですよね!そう、地球人が先に攻撃したという流れ...

0thunderbird_18.jpg

そのシリーズに登場した、追跡戦闘車(S.P.V. Spectrum Pursuit Vehicle) これまた格好いい!なんと衝突時の安全性を考慮し、座席は後ろ向きにで運転者はモニター映像を見ながら運転、別にある2人分の補助席は前向きといのが斬新だった!

0thunderbird_19.jpg

このモデル。ディンキー製も持っているけれど、この「ミラクルハウス 新世紀合金 キャプテンスカーレット 追跡戦闘車」の方が出来は良い!現在は、絶版品扱いなので結構なお値段で売買されているようですが、半端な金額じゃないよねw そんな売値は無いだろう!私は、その1/10程度で買ったw

0thunderbird_20.jpg

ただ、こちらもスジ彫り表現の塗装がチープなんだよねw となれば、3D で作成するしかないかな?趣味的にw Proが作成したモデルを、ヤフオクとか ebay で、たまに見かけるけれど流石に高価です。そこまでの情熱、思い入れは無いからなぁ〜 と、言うより、金が無いw

0thunderbird_21.jpg

こちらも以前に新シリーズ「Gerry Anderson Presents "The New Captain Scarlet"」として放送されたようなんですが... 残念ながら見逃しました。詳しくはリンク先を御覧ください。

0thunderbird_22.jpg

サンダーバード2号に通じるデザインというか、カッコよさが有りますよね!今でも十分通用する形。そして後ろ向きで操縦っていう概念が未来的で素敵!

0thunderbird_23.jpg

そして、どんな悪路でも全く平気という感じの後ろに備わっているキャタピラの存在。勿論、本モデルも後部キャタピラを倒し接地させる事が可能。これもプラモデルで買った記憶があります。

0thunderbird_24.jpg

こんなタイプの車で自動運転なら欲しいなw 多少の事故でも安全っぽい!

0thunderbird_25.jpg

ほらね、ドラバーが後向き。劇中では、ブルー大尉が運転している事が多かったけれど、乗っているのは赤だから、キャプテン・スカーレット?

0thunderbird_26.jpg

ほのかに汚しが加えられた塗装なのですが、やはりスジ彫りを表現した塗装が残念感有り。それでも、特徴を捉えたモデルだとは思います。時間が有る時にでも 3D Modelingかな?と思いつつ音楽も創りたいし... 結局、無理なんだろうな... 思っているだけで、なかなか行動に移せない今日此の頃ですw

0thunderbird_27_20150124212516d75.jpg

追跡戦闘車なんですが、アマゾンでも高価ですが、ヤフオクでも、この価格前後で取引されています。確か私が購入したのは4,5千円程度だったと... 最近のフィギュアや玩具の価格って変動相場制というか需要と供給によって販売終了された製品は高値になりますね!










この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する