♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



音楽関連、昔の話
music_01.jpg

倉庫で整理をしていて、懐かしい書類の数々を発掘してしまいましたw 第一回は、知らずに、その後、ローランドさんのバイト募集にアキバへ行って担当の方より、こういった事が開催されたんだよ!って話を知らされて、このコンテストの存在を知ることに!そして手持ちのシンセがまだ無い頃にバンドのキードード、鈴木くんに借りたシンセで作成し応募したのが最初!そして、その後、しばらく参加させて頂きました。当時は、こんな感じ


music_02.jpg

振り返ると、応募要領用紙、第二回がカラー印刷で一番「力」が入っていたのでしょうか?当時の曲は、こちらでお聴きいただけます。結果ですが、100%の確立で入賞を果たしていました。その証が、この記事になります。他にも、多くの音楽コンテストで入賞を果たしました。ピアノはおろか、まともの音楽教育は一切、受けていないのにw ギターも高校に入って始めて手にするほどの奥手w

music_03.jpg

本当は、ピアノを習いたかった... でも、それは叶わぬ夢。しかも自力で練習しようとすれば怒られる!ある程度、自力でバイトが出来るようになって、やっとギターを手にすることが出来るようになった... そんな環境。多少なりとも幼い頃からピアノを習っていた人達が羨ましかった!なにせ楽譜すら読めない。小中の頃は音楽関連の学科には全く興味を持っていなかったからね!

music_04.jpg

多分、この人達の何人かは業界に進んだと思うよw ただ、あの業界だから... 私も、この頃は、音楽に夢中になって寝食を忘れて、のめり込んだけれど、前述の通り、基礎が全く無いw しかも、その世界へは一度、足を踏み入れたけれど、その水に全く合わない...



当時は、MIDIも、まだ無い時代。シークエンサーも、やっとデジタルタイプがぼちぼち現れたという... 多重録音と言ったら、4tr 4ch が普通。それ以上は、オープンリール式で、100万円コースになります。しかも、それだけじゃミックスできないからミキサーも必要!エフェクターも、それなりに用意しないと!テープ式echoが高級でしたからw 良質なreverbなど望めるもなく... これも 4tr 4ch 演奏、録音、編集全て一人です。

music_05.jpg

何も判らず自力で選んだ就職先が、ここw 学科は、土木工学。馬鹿ですねw でも土木工学をやりたかったワケじゃない、父の仕事を継ぐのを拒んだ結果、理系を選んだだけの話。やりたかったのは美術系。でも、それは絶対に許されなかった。小学低学年の頃から、こちらもコンテストには入賞しまくりだったけれど、なんの専門教育は受けていなかった。ただ好きだからやって、その結果、そうなっただけの話。

music_06.jpg

確かに、日本でもトップクラスのスタジオでしたから得るところは大きかったです。専門学校の団体さんが、たまに来社して見学、その案内もさせていただきました。スタジオ内を紹介しながら...そんな専門学校へ親がかりで行かせてもらえる人達がいるんだぁ〜羨ましい...とは思いましたがw

music_07.jpg

なにせ、この信濃町ソニーは、国内でも始めて、NECAM コンピュータ・ミックスをリミックス・スタジオに配備されたスタジオだったのですから... フェーダーが勝手にウネウネ動く様を始めて見た時は、これが未来だっ!とも思いましたよw それが今では自宅で簡単に使っているのですから時代ですよねw

music_08.jpg

そしてスタジオ設計は、かの有名な、トム・ヒドレー氏。その事が記載されています。そこに備わっているスタジオ機材も殆どが欧米製品。そして設計も... そうなんです。国内のスタジオ関連は多くが。こういった様に欧米のエッセンスを集めただけの状態だったのです。録音方法も当然、そういったお手本が有っての事ですから...

music_10.jpg

そして、これが当時の信濃町ソニーでのパッチベイ・セッティングの一例。マイクロフォンからの音を、どのような道順で卓に送るかを、このパネルでマトリックス版にて指定できるのです。まあ、これも、ある程度、定石ってのが有って、それが理解できるまでは、こういったφ(..)メモメモが必要になるわけで、それほど重要な内容でもありませんが...録音の下準備と言った所でしょうかw

music_11.jpg

そして、これが、貸しスタジオだった六本木スタジオの内部。様子が、こちらを観て頂けると一目瞭然。この道は、良く通っていました... 家まで日比谷線で一本でしたから便利は便利だったけれど... 一応、国内でも大手で内情を知ってしまうとガッカリ感が大きかったです。その裏を知れば更に脱力感に襲われましたw

music_12.jpg

そのスタジオも今では、ありません。なので、これも意味無いですが、当時は、このような価格で使われていました。そうそう「Sound Inn "S"」の音録りにも使われていました。T-SQUARE (THE SQUARE)の録音にも立ち会いましたw 懐かしい!伊東たけしさん、もう忘れちゃっただろうねw 楽しい事も沢山有ったけれど... 結果、今になると国内、音楽業界は特に悲惨だよね... なのでサッサと辞めて良かったかな。

まだ、イロイロ書類が残っていたけれど夕食の時刻になったので、早々に整理を... いやぁ〜懐かしいw 一時的にタイム・スリップした気分。多分、探せばBetaテープに当時のスタジオ内を録画したテープもあるはずなのだけれど、大量のBetaテープから検索しデジタル化する気力はないからねw だいたい手持ちのBetaビデオ・デッキで録画したテープが無事、再生できるか怪しいものだw




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する