♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Adobe Illustrator USERGROUP ITALIA
0italia_01.jpg

Facebookにて、Adobe Illustrator USERGROUP ITALIA から紹介されましたw そして言葉は判らないけれどグループに参加させて頂きました。仕事では何度か体験はしてはいましたがw ロゴ等、正しく ITALIA の香りw こうやって国内のみならず歐米の人達と関われるのも今の時代ですね!これほどまでにインターネットが浸透しなければ、なかなか、こういった体験は出来ません。そして何より、米国のAdobe 社とThe Adobe Illustrator Wow! Bookの著者、SHARON STEUERさんの書籍での紹介は大きいです。

0italia_02.jpg

日本国内でのAdobe さんとは、以前は交流がありましたが最近は全くと言っていいほど疎遠です。何故でしょ?国内より歐米の Adobe 関係者とは親密。不思議です。内外の温度差というのでしょうか?どうも日本の水には合っていないのかもしれません。SHARONさんを御紹介頂けたのも米国 ADOBE 社の方達だったし!今でも連絡が有るのは歐米の方達ばかりです。変ですよね国内ってw 

まあ、私は学閥とは縁も無いし、繋がりもゼロですから会社的に私は、旨味は無いと判断されれいるのでしょう。以前は、沖データ様とのお仕事で親しくなった石原さんとは個人的にもお付き合いさせて頂いておりましたがw やはり、会社となると人の移動で随分、変わるものですねw ただ歐米の ADOBE とのパイプは繋がっているってのが面白いです。そして、SHARONさんには感謝しております。

そうそう、ブラジルでもGustavoさんに御紹介頂いておりました書籍で!「Illustrator book (called officially as Design Gráfico com Adobe Illustrator)」面白い事に、こういった扱いは国内では皆無です。Facebookでも、国内では全く皆無ですが、国外では御紹介される事が多いです。とても面白い現象です。最近では書籍関連は、商売として成立しない事が多いので国内の出版関連からは遠ざかってはいますが...それだけじゃ無いですよね?

最近はAdobe Illustratorだけって仕事は減っています。個人的には、3D でのテクスチャ作成に使うことが多くなっています。となると、それほど最新版や新機能を使うことも激減しています。基本的な描画で十分。それに他のソフトへの受け渡しや利用では最新バージョンに対応していない事も多く、仕事では納品先が古いバージョンを逆に指定してくる事も多いです。昔のように新機能紹介をして稼げる時代でもありませんから...

線形、円形のグラデーションも備わっていない頃の沖電気様のポストスクリプト・プリンタの印刷サンプル。作品を作成したのは88年頃。アートラインを観れば一目瞭然!イラレで写実は当時無謀と言われました。これも同じく約四半世紀、昔に1990年、沖データ様のポストスクリプト・プリンタ機器の印刷サンプルとしてAdobe Illustratorデータを提供しました。当時は写真画像と間違えられました。写実描写もAdobe Illustratorでも可能!という事を証明!最初にやるのが肝心!後追いは楽。こちらも沖電気様提供の印刷サンプル。当時のAdobe Illustratorサンプルは品質の低い作品が殆どでした。その中で、この作品群は目立ちました。

その時代に誰もやっていない。出来るとは思われない事を、やってみせる!これは今を遡ること15年前、1999年に出版された書籍、Adobe Illustrator 8.0 スーパーガイドにて使ったサンプル。当時、新機能、グラデーション・メッシュを、ここまで使いこなした書籍は皆無でした。それに触発され同じような書籍が幾つも創られたのは時代が証明しています。何事も最初に開拓する技術力。後追いは何でも簡単。それこそがアジア的発想。写実表現は濃淡さえ使えればトーストの焼き色でも何でも可能なのです。なので私は他の手法でも当然、描くことができます。というようり絵を描く基本ですからw

Gradient mesh tool maniacsでもメシュ同好会でも良いですけれどw素晴らしい写真だけはネットから勝手に拝借して描くってのは 所詮、同好会レベルのやること。本来、その写真が有っての模写。目を引く写真を撮る事が一苦労なのにw 私は、そういった題材では著作権を確認し承諾を得て使っています。基本、描けるのは当然なのです。もしくは自分で入手し、撮影して作成に入っています。そういった部分がProと虚栄心丸出し、素人の違い。ただ描くだけなら苦労はありません。大体、勝手に誰かが撮影した写真を使うってのは仕事では有り得ませんから...

黎明期には、曲線描画のAdobe Illustratorという事で、mucha紛いの作品が似非デジタル作家が盛んに描いていました。それに反発して真っ向から模写を始めたのが私です。書籍スーパーガイドの表紙にも使わせて頂きました。その際に欧州のmucha財団に使用許可を得る為に連絡し世界で初めてmucha本人以外の作品として作画品質が認められ使用許可が得られたのでした。最初の書籍執筆は1997年のIllustrator 7.0J スーパーガイド for Mac 既に17年も前の事です。当時はAdobe Illustratorが多少、扱える程度の人達が書籍を執筆していたような状況です。

私は、Adobe Illustratorの登場からのお付き合い。当時は、Mac版しかありませんでした。Mac専用ソフトです。アメリカまで行って、Macと一緒に購入したソフトの一つした。国内では殆ど使っている人もいない状況。当時、イロイロ調べた結果、このマシンとソフトでしか自分の目指す事が実現出来る道具は無いと確信していました。なので大枚叩いて買いに行ったのです。最初から付け焼き刃の底の浅い、目立ちたがり メッシュ・マニアや同好会レベルとは情熱と先見性が雲泥の差という事です。






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する