♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



WeAdmire.net London
weadmire_01.jpg

Londonに拠点がある、WeAdmire.netとは、かれこれ5年も長きに渡って、お付き合いさせて頂いております。最初はAdobe Illustratorによる既存作品が主な提供でした。そこで使われた製品が、「Printwear & promotion Garment Decoration Awards 2010」にて賞を受賞!これを期に新たに制作した作品提供が始まりました。今では、Saatchi-gallery SaatchiStore サーチ・ギャラリー サーチ・ストアー を始めとする美術館、博物館にも提供されています。海外での単発仕事が幾つかありますが、安定して長期に渡って続いているのはWeAdmire.netを含め数社しかありません。有難いことです。

weadmire_06.jpg

お国柄という事も有って、世界的に有名なアーティスト様が大勢、来店し購入してくださっているのですから感激です。ブログでも、その作品を御紹介させて頂いておりますが、ショーウィンドウには、このように何時も私の作品が並んでいるのには嬉しい限りw 単発仕事の場合、内容にもよりますが、殆どが、その時限り。このような仕事は継続し、ロイヤリティとしての支払いが大きいので非常に安定した収入源にもなります。しかも相手にしている市場は世界規模で販売されるので数が違います!

weadmire_03.jpg

このシーズンともなれば更にデコレーションされ、数多く販売されています。最近ではAdobe Illustrator作品だけではなく、3D作品も御提供。更に点数が増えている今日此の頃です。このように英国、アメリカ、ドイツ、スペイン、スイス、フランス、イタリア等、歐米と仕事が日本に居ながら可能にしてくれるインターネットは素晴らしい!特に最近は国内仕事はドンドン目減りする一方ですが海外仕事は上々に上がっています。今後は更に歐米関連の仕事を増やしたいと考えています。商売的に見ても、やはりアジアだと物価的にも安いですからw 歐米は、それなりの対価が期待できます。

weadmire_07.jpg

私の場合、英語力は、それほど無いので込み入った交渉術は、まだまだ幼稚ですがw 仕事先には恵まれているようで非常に快適に仕事を進める事ができています。それに、実際に携わった仕事が良い結果に終われば先方様も信頼してくれるようになり、お互い尊重しつつ出来るのが国内より気持ちが良いと感じています。これまでの経験では、どうも国内は創作者側への敬意は低いと感じる事が多かった!それはアジア全般に言えます。そして仕事の対価にも反映されています。

weadmire_05.jpg

特に納期がギリギリって仕事が多く、常に追われているという仕事の流れが国内。歐米では比較にならないほど自由に、しかもユッタリとした環境で進める事ができます。えっ!そんなに悠長な事で良いの?って事もw 最初の内は、日本流で対応すると、そんなに急がなくて良いよ!ってな話にw 特に良い結果を残せれば良い訳でw 楽しみながら仕事が出来る環境とも言えます。ネット環境により日本に居ながらにして曲がりなりにも歐米市場で仕事が出来るのは夢のようです。

やはり、アジア相手で世界規模と言うのは、おこがましいw 確かにアジアでも書籍の出版、その他の仕事も発生しますが、主戦場は歐米でありたい!そうそう書籍関連では歐米のほか、南米ブラジルでも作品を発表しております。やはりアナログの書籍となると、それなりに手間暇を掛け作成されるのでインターネットWebでの紹介とは格が違います。その書籍は、関連学校でも使われるので知名度がダントツに違ってきます。ともあれ、今は個人であっても世界の市場を相手にできるのですから若者は恵まれています。昔は海外に行くのも大変でしたからw って、どんだけ昔の事を言っているやら(爆)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する