♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



RECORDING WALKMAN
RECORDING_01_20141202160301b79.jpg

既に、このブログでは何度も採りあげている、SONY WALKMAN 1979年にWalkman TPS-L2 が発売され、メタル対応機種も登場したり、「音楽を携帯し身近に楽しむ」というテープ再生機を提案した歴史。これは既にレコード再生という土台が合ってのこと。以前からカーステレオの8トラックなどのテープ専用機器は存在していた。当時は、まだステレオ再生の小型化が進んでいなかっただけの話。モノラル時代に既に私は、SONY TC-50 を WALKMAN スタイルの携帯再生機器として使っていた。なので、 WALKMAN 登場など目新しさ全くなかった。

RECORDING_02_201412021603026be.jpg

当時は、ステレオ再生機器は限られた分野しか存在せず。携帯再生はモノラルがやっとの時代。ただ、Proの現場では既にステレオ録再が可能な高性能機器が販売されていた。それが、NAGRA S/N まだコンパクト・カセット・テープという規格が現れる前の1960代である。そして既に、ここまで高性能で小型化されていた!録音性能もProの大型据え置きオープンリールデッキに匹敵する性能を持っていたのは驚異的!薄さは、約20年後の1981年に発売された RECORDING WALKMAN より薄いのだ!

RECORDING_03_201412021603048d8.jpg

WALKMAN という機器は、元々プレスマンというモノラル再生機器を土台にステレイオ再生機器として創られいる。その後、Walkman professional としてステレオ録音機能を備えた機種も生まれている。音楽的には録音という能動的な行為は一般的に、それほど使われない機能で、殆どがLPレコードのように音楽鑑賞が目的となる。ただ、それだけの話。それを、未だに旧 SONY 社員だった人達は、勘違いしている。録音機器の枝葉技術だけだったということを全く認識していないどころか昔の繁栄?に自画自賛状態。 故に、SONY だけじゃなく日本企業全体の迷走が始まっていた。

RECORDING_04_20141202160305632.jpg

実は、迷走でもなんでもなく、大きな勘違いなのだが... そもそも録音機器の大元を辿れば... 「第2章 これだよ、我々のやるものは<日本初のテープレコーダー>」をご覧頂きたい。これが我々が誇る企業、ソニーの出発点とも言える原点。 しかしテープレコーダーの発祥は、1898年、記録メディアとしてピアノ線を使用した磁気録音式ワイヤーレコーダー「Telegraphon」が最初。その後、有名なトーマス・エジソン発明として蝋管レコードに続いた。ちなみに終戦日は1945年。その数年後、SONYの録音機器誕生になる。

RECORDING_05_20141202160307fc5.jpg

しかし扱いは面倒で、蝋管レコードやディスク状の録音機器は一度、録音したら消去はでき無い!そこで、より扱いやすいメディアとして開発されたのがドイツ発、Fritz Pfleumer氏によるテープメディア。後に1935年、AEG社のMagnetophonというメディアが登場。その後、更にテープメーカーとして有名なBASF社により改良が加えられ音質、耐久性が飛躍的に向上した。という源流がある。

RECORDING_06.jpg

この高性能、テープレコーダーは第二次世界大戦下、ドイツにおいて、政治宣伝・対敵宣撫放送用として広く利用され、その高音質で連合軍側は生放送だと勘違いするほどだったと言われている。なにせディスクのようなパチパチノイズも無く、長時間に渡る放送であれば当時は生放送だと思うのも無理からぬ事。それほどの完成度の高い録音再生機器が既に確立されていたという事実を踏まえて、録再機器は語られるべきなのだ。

RECORDING_07_201412021644563c3.jpg

なので先の、東京通信工業(ソニーの前身。以下、東通工)で磁気録音機創世記は、戦後の日本国内での話。ドイツに於いては、既に確立された技術。その後追い。前例が全く無い所から開発が始まった訳ではない!音楽のコピーと同様、真似る対象があれば容易い。オリジナルな作曲、編曲、その録音方法など正に創造する事が肝心なのだ。それ以外は既存技術の修練というだけ。枝葉末節。確かに改善、改良も重要ではあるか業界人が連呼したがる innovationとは、そういう源流の事を指している。

RECORDING_08_20141202164457e04.jpg

さて、カセットテープ時代の RECORDING WALKMAN だが、結局は、本来ある録音再生機器として回帰したという事。再生機能の方が圧倒的に使用頻度が高いという理由で録音機能が外されたのが WALKMAN 。だが、結局、余裕が出るに従い一部から需要が有った録音機能にも対応できるようになったというだけの話。技術的には録音再生機器としての枝葉の部分。枯れた技術の修練により集積度を安価に提供を実現したに過ぎない。

RECORDING_09_201412021644591a7.jpg

その後、発売されている、SONY TCS-580 カセットコーダー をご覧頂きたい。持った感じも操作感も含め非常に貧相。これが既存技術の修練により安価な機器として行き着いた成れの果て。特にステレオ録音という命題としては今では、それほど特別な事ではなくなっているという事実。 iPhone 1台でも可能。しかも、より高度な録音にも対応でき、映像までも収録可能。これがデジタル世代。

しかも操作は、マルチタッチという感覚的で使いやすい仕様。それも、これも新しいデジタル技術でアナログ機器を駆逐している。メディアすら録音のみならずデジタル系の記憶媒体。これ以前から、SONY は記録媒体での特許獲得という古い手法で味をしめ、幾度となく数多くの消え去った規格を世に輩出してきた。そう、以前に味をしめた、毎度、同じ手法を繰り返しているだけ。目新しさが全くない展開が今の SONY しいては日本企業全体の衰退を招いてる主たる原因。 至極、当然といえば当然の結果。それが「日本の技術」という実態なのだ!

こういう事を言っている人もいますが...今更、彼に言われるほどの内容じゃ〜無い!



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する