♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



松下電器産業株式会社 テープレコーダー RQ-210
RQ210_01.jpg

これまた古いカセット・テープ・レコーダーです。時代は1968年です。その前に、グッドデザイン賞とは、どの程度の品質なのでしょうw リンク先にあるように、こういったのが扱われるのですから...推して知るべし。この現実が日本品質って奴じゃないですかね? 金出せば何でも有り?だから世界に通用する品質にならないのです。御子様相手の、ヤラセばかり。若者を食い物にする大人共。既得権益集団...それじゃ何時になっても世界では戦えるような人材は育たないよね...閑話休題。

この製品は、私が最初に手にしたカセット・テープ・レコーダーです。本当は以前、御紹介した、SONY TC-50になるはずだったのです。これは毎度の事。私の子供の頃から、この悪しき習慣が原因です。やっとお年玉を貯めて秋葉原に念願のカセット・テープ・レコーダーを購入するために両親に連れられて行くのでした...流石に幼少の子供に高価な買い物を一人では行かせられなかったのでしょう。

panasonic.jpg

その前に、グッドデザイン賞とは、どの程度の品質なのでしょうw リンク先にあるように、こういったのが扱われるのですから...推して知るべし。この現実が日本品質って奴じゃないですかね? 金出せば何でも有り?だから世界に通用する品質にならないのです。御子様相手の、ヤラセばかり。若者を食い物にする大人共。既得権益集団...それじゃ何時になっても世界では戦えるような人材は育たないよね...閑話休題。
RQ210_02.jpg

そして現場に到着!私は、当然、お目当ての機種を探していると...それより安い、このRQ-210が父の目にとまりました。安いと言っても...ネットで調べると RQ-210 が、価格価格 32,000円 TC-50 は、¥36,000 多分、少々古い RQ-210 の方が売値は安く販売されていたのだと想像できます。そして私の意に反して、購入されたのが、このRQ-210となるのです。こういった事は子供の頃から日常茶飯時。

RQ210_03.jpg

それまで、どんなに楽しみにして貯金をしていた事でしょう...やっと手に入れたカセット・テープ・レコーダーですが、ズーッと夢に描いていたモノとは異なる製品をあてがわれた感じで素直に喜べない感情が芽生えていました。この感情は、もっと幼いころから繰り返し行われてきた事でした。常に私の意向は無視され、その場の父の判断で決定される。我が家では、それが当然の事でした。

RQ210_04.jpg

では、何故、念願叶ってSONY TC-50を手にすることが出来たのでしょう?それは、父親の対応を利用した私がいます。幼い頃から父方の御両親、父の妹に、お子さんがいて、この子は、私の持ち物を常に欲しがりました。以前、私が宝物のように肌身離さず持っていた望遠鏡を田舎に遊びに行った時に、彼が、欲しがり、代わりのものを後で買ってやるから彼に、それを渡しなさいと命令され、その言葉を信じて。あげたのでした...

RQ210_05.jpg

その後、父は約束を果たしてくれ、デパートに代わりの望遠鏡を買いに連れて行ってくれました。当然、同じような望遠鏡を手にできると信じていた私は、ここでも例のごとく裏切られる事になります。その場になって望遠鏡より双眼鏡の方が良いのだから、双眼鏡を買うと言い出したのです。確かに双眼鏡の方が観やすいのですが、子供の私は、望遠鏡のデザインが好きだった!双眼鏡ではない望遠鏡が!

RQ210_06.jpg

後で判ったことですが、父は自分で使う事を想定し、双眼鏡を選んだのでした。彼の買い物ではなく私に従兄弟に渡させた代替品を購入してくれる約束だったのに...そう、この手を利用したのです。後日、この好きでもない RQ-210を持って田舎に行き従兄弟に見せびらかし、なんとか欲しいと言わせたのでしたw 当然、毎度の事。彼に渡せと言われ、まんまと予定通りに...

RQ210_07.jpg

そして、今度こそ!という事もあり、父が同伴できない日を選び、母と一緒にアキバへ買いに行くのでした!今度こそ邪魔はされずに念願のSONY TC-50 を手に入れる事ができたのでした。なんと長い時間が必要だった事でしょう。これは正に自分の進路にも言える事となりました。兎に角、父は自分の意向を有無も言わさず要求するのでした。そんな事が何度も繰り返されています。しかし多分、彼は子供のために、やってやっていると思っているのでしょう...

RQ210_08.jpg

このナショナル製品が悪い訳ではありません。造りはシッカリしていて質実剛健なモデルです。でも私が欲しかったのはデザイン的に優れていたSONY製品でした。そして、こういった幼少時の扱いは結構、性格にも影響するもので、後々、自分の自信の無さにも繋がるのでした。なにせ、何時も罵倒されるのですからw 人より、周りより常に劣っていると... 子供の頃から多くのコンテストに入賞しても賞状や賞品すら怒られるという理由から路上に放置。それが原因で更に怒られるという...

RQ210_09.jpg

このモデルは、私に、その頃を思い出させてくれる機器なのです。自分の欲しい、やりたい事を絶対に、やり遂げる!そんな気持ちは、こういった頃から培われていたのかもしれません。特に小学生にとって、こんな高価なモノは、おいそれと手に入れられません。仮に、やっと手に入れられるチャンスがあっても、それが意に反していたら!最低な気分になります。そして二度と手に入れる事は無いかもしれないと...でも方法を考えるw 子供なりに...

RQ210_10.jpg

2つの製品を比べると大きさと重さに大きな差があります。操作性、デザイン共に松下電器産業も良く考えられているのですが全体的な仕上げが一部金属で殆どがプラスチック製と全体がアルミ製品とでは高級感が違います。なによりマイクロフォン内蔵ってのが大きな違い。これほどまでに大いのにマイクロフォンが内蔵されていない!当時それが悔して付属していたマイクを改造して本体に入れて使っていましたが...

RQ210_11.jpg

如何せん、デザインや構成されている材質は変えようがありません。こういった事が有り、今でも、その影響を引きずった人生を送っている感じです。そして当時、実現出来なかった事や製品を、このように手に入れて再度確認しているのです。なので進路等、親の理解がある方達は羨ましい限り。それなりに豊かな家庭環境ではありましたが振り返り大人になり他人の話を聞くにつけ、我が家の父の横暴ぶりを再確認するのです。

RQ210_12.jpg

こういった事は、体験しないと理解されないという事、似たような環境を経験した者じゃないと判りません。まあ、親の勤めすら忘れてしまうような大人もいるのですから、当時から家に置いてくれ、それなりに生活させて頂いた事には感謝しておりました。でも、こういった思いは、この歳になっても、なかなか消化しきれないようです。まあ、もっと酷い裏切りにも会っているので、この程度は良い方ですw 何だかんだ言っても大切な肉親ですから!



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する