♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ヘッドホン headphone 初代 WALKMAN CASSETTE BOY
HedadPhone_03.jpg

Walkman の話ではヘッドフォンには敢えて触れませんでしたが、付属のヘッドフォンは安っぽかったw SONY MDR-3L2 に関しては、このサイトは、なかなか懐かしいチラシもあるので御覧ください。そして、こちらのページも美しく、まとまっています。実は、このタイプの付属ヘッドフォンには当初から全く興味が無く、オープンエア型なので音漏れが酷いので使用した事がありませんでした。でも、そこはやはりオリジナルって事で拘る人もいるようですw

HedadPhone_01.jpg

私が、Walkman の現れる10年以上も前のヘッドフォン事情と言ったら...こちらが手持ちの資料で直ぐに見つかった物ですがw 1969年の頃に販売されていたヘッドフォンです。見るからに耳あて部分が硬そうでw 長時間の使用は遠慮したいような代物が多かった!時代的に、そんな時代に、これを付けて外には出たら確実に変人でしょう?

HedadPhone_02.jpg

もう少し後になった1971年でも、殆ど多くのヘッドフォンと言ったら、このような形状が主流を占めていました。 Walkman 登場は、それから8年後ですから... それでも Walkman が登場したばかりの時でも、やはり多少ヘッドフォンを付けているのは違和感がありました。中には優越感を感じていた人も居たかもしれませんがw 私がイヤーフォンをして外で聴いていた1969年では、確実に、このような本格的なヘッドフォンを付けていたら場違いの感じでした。業務用のデンスケ等を装備している大人なら別ですがw

そんなデンスケと言えば、SONY EM-3 でしょうか?1976年のソニーのカタログによると 330,000円也!このデンスケはモノラル!更に古いと1960年代では駆動力がゼンマイとか!PT-4型 肩掛録音機 になりますがw そうなるとステレオ仕様どころの話では無くなりますw そんな時代でも NAGRA IV は、1968年以降、様々な仕様でProの現場に対応していたのです。そんな憧れから私は、たびたび題材に採りあげているのです。さて話を Walkman に戻しましょう。

walkman_head_01.jpg

今でも、このような状態で保管されているマニアの方は、いらっしゃるのでしょうw 最初に観た、触れた感じは正直、安っぽかった!ヘッドフォンも如何にも付属品といった品質。ヘッドフォン、耳あて部分のオレンジ・スポンジは、直ぐにちぎれるw そして経年劣化に弱く例え現存していてもボロボロになっているでしょう。そこが民生用機器。プロフェッショナルの道具とは違うのですね。購入後、数年、それなりに使えればOKという品質で十分なのです。いうなれば良く言われている SONY タイマーw

walkman_head_02.jpg

初代ウォークマン TPS-L2では、ヘッドフォンの入力部分表示は、GUYS & DOLLS となっている訳ですがw その隣にある、「HOT LINE」ってボタンが又、安っぽいんですよね。それに、殆ど一人で使うことが多く、滅多に活用する事が無かったフォンジャックの2つ!って、それは私だけ? いや実は、当時、私が購入したのは、Walkman ではなかったのです。

boy_01.jpg

なんと、殆どWalkmanと同じ大きさにも関わらず、こちらはステレオ録音機能が可能だったのです!そ名は Aiwa TP-S30 カセットボーイ。殆ど使うことも無い「HOT LINE」ボタンなんて必要ない!真に必要なのは録音機能!品質は、生録専用機器には遠く及ばないですが、それでも、この大きさでステレオ録音再生が可能ってのは凄い事です。実は、「Walkman professional」な出現するズーッと前に実現されていたのです。

boy_02.jpg

発売当初から、メタルテープも再生でき、マイクのみならず、ライン入出力も装備してるのですから恐れ入りました。元々SONY系列の人材が多いAIWAさん、SONYで、やらなかった?やれなかった?事を実現させています。しかもデザインも、こちらの方が好きでした。モノ自体は、亜流ですから歴史には残れないのかもしれませんが私にとっての携帯ステレオ再生機器は、このカセットボーイです。

0aiwa_01.jpg

その証に、これが当時の保証書。そう、曲がりなりにも録音できなければテレコとは言えない。しかもマイクもステレオですから!コンパクト性に於いても WALKMAN を凌駕していたと思います。しかもMIC入力とAUXの切り替えが可能だったという先進性。
閑話休題。

walkman_head_03.jpg

オリジナルに拘る方は、未だに、この「MDR-3L2」を探し求めているようですがw このヘッドフォン。デザインは、それなりですが音が... そして造りも付属品だけだってストッパー部分のプラスチックも外れやすく。とにかく安っぽかった!当然、音質も褒められたものではありません。取敢えず、購入したら即、使えますよ!というレベル。

walkman_head_04.jpg

今でも私は、iPod の付属ヘッドフォンは使いません。自前で用意したヘッドフォンを使用します。今なら、カナル型が多いです。現在、使用しているのが、Shure SE530 を使っています。やはり付属ヘッドフォンっていつの時代も付け足し程度の品質になりますね。現在では、「parrot zik」も活用しています。外では、音質に拘れるような状況ではありませんから、そこそこで十分なのです。

真に高音質が必要なら、「SENNHEISER HD800」を使います!実際に音楽創作となれば、 RME Fireface 802 を使って、Headphone Monitoring Amplifier は、SPL Phonitor Model 2730 を使用しています。ここまでの環境は、例え、Hi-Res AUDIO 機器を使っても携帯レベル環境では実現できませんw それに野外で、そこまで必要になる再生環境など絶対に有り得ませんからw












この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する