♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



RME Fireface 802 Rackmount USB & Firewire Audio & MIDI Interface
RME_01.jpg

既に古い話になってしまいましたが...数ヶ月前に届いた黒いビニールで包まれた海外からの小包。メグが少々、不安げに調査しています。なんたって黒いビニールで包まれた包装って初めて!とっても怪しい!リブちゃん!ちょっと来て!これ危険なものかなぁ〜?

RME_02.jpg

開けちゃえば良いよ!って事で開けたら...又、機材みたいだよ!じゃ!これは、とーちゃんの物だよねw またぁ〜? 

あっ!それねw 新陳代謝させましたw 既に旧、機材は売却済みです。でも、相応の費用は掛かっていますがw Audio & MIDI Interface なので以前の Apogee Ensemble が、それです。音質的にも満足していたのですが、メーカーは製造中止となり数年はサポートされるでしょうけど少々、不安になりました。もう一つ、必要以上にイルミネーションが、うざかったw

RME_03.jpg

そして、今度は、Apogee Symphony I/O ではなく、RME Fireface 802 に変更しました。確かに最新 MacPro は、Thunderbolt 対応機器の方が良いような印象がありますが、あまり機材的に支持されていないようなので。早い話しが、USBまたはFireWire でも十分通用するという事らしいのです。それと入出力は全面に欲しい!無駄に引き回し、したくない!

RME_04.jpg

Fireface 802には、12chずつのアナログ入出力が搭載され、4つのXLR(Mic/Instプリアンプ搭載)入力が前面パネルに配置され、4つの入力チャンネルはそれぞれ個別にファンタム電源のオン/オフや、Mic/Instモードの切替を行う事ができ、それぞれの端子の脇にあるLEDにより各チャンネルのステータスを確認できます。確かに入力窓口として SSL XLogic Alpha Channel も装備しましたが入力は、1つだけです。やはり入力は、ライン、マイクと、全面に4つ程度ないと宅録と言えども面倒!

RME_05.jpg

更に、ソース・セレクターやトークバックの機能も Advanced Remote Control を接続する事で、Volume/DIM/Store/Recall/Mono/Talkback等々の機能を本体から離れた場所で操作可能です。ラックマウントしてしまうと場所的に操作が面倒です。それも今回、含まれたセットをで入手!こういった機器は、やっぱり最初から慣れた方が機能的に使いこなすようになるはず!というのが持論。後から、とか言っているようでは折角、用意されている機能が役に立たない!

RME_06.jpg

購入当時の為替で考えると、国内での購入より、かなり安く入手できました。確かに保証の問題とか後々のサポート等、考慮に入れれば、それが得か損か?一概には支払った時点の金額では比べられないとは思いますが...こんな選択も可能なご時世という方法を選ぶのも一興かなとw いずれにしても自己責任ですがw まず、故障しない確立は高いでしょう。どうせ人生、ギャンブル的です。

RME_08.jpg

とは言っても、この電源コードを見た時は...えっ!やばっ!と、一瞬ですが思いまっしたw それにしてもゴツイ、コンセントもあるものですねw そうなんです電源接続用のコンセントって各国で微妙に違うんですよねw 今は、昔と違い、ユニバーサル電源タイプが標準になりつつありますから助かります。そういう意味でも国際保証ってのも標準にして欲しい!

RME_07.jpg

勿論、今回は珍しく新品です。この手の機器は、あまり古い機種に手を出すと結局、使用できる時間が減るので、それほど価格低下の恩恵を受けられない事が多いのです。それだけデジタル機器は陳腐化が激しいと...でも、この機種は、こんな謳い文句を掲げていますw 「次の10年を見据えたプロフェッショナルのためのオーディオ・インターフェイス」その裏付けもあるので...

「2004年に発売され、10年を経た現在でも現行製品にまったく引けを取らないFireface 800の先進性に富んだ設計を引継ぎながらも、さらなる進化を遂げたFireface 802」と言うように確かに実績がありますから信頼性でも高いと判断しました。やはり10年程度はデジタル機材と言えども頑張って欲しい!そうじゃないと折角、使い勝手が馴染んできたのに又、新たに勉強し直す必要に迫られる事に...それも時間の無駄。

もう一つ「RMEがサードパーティのUSBまたはFireWireのオーディオ技術を一切使わず、独自開発のコアを使用して最高のパフォーマンスを引き出し妥協の許されないプロ・オーディオの要望に応えられる唯一のメーカーだということにあります。」といった点も選択した要因の一つです。最新と言いつつメーカーの言いなりってのもねw サンダーボルトだけが標準規格ではなのだし!

RME_09.jpg

Fireface 802と一緒に使う、RME Advanced Remote Control(アドバンスト・リモート・コントロール) ストレスなく手元からTotalMix FXを操作することができます。メタル製の筐体にプッシュ機能付ロータリー・エンコーダーと高級感があり、手に馴染みます。こういった機器は、それなりの重さと触った時の感触が重要です。安っぽい造りは絶対ダメ!

RME_10.jpg

操作したときに軽く、ずれてしまうような軽薄な造りなど論外!ボタンの反応も、それなりの押しごたえが無いと悲しいw 手元に置いて手に馴染むような品質じゃないと!その点、これは良く出来ています。随所に曲面が取り入れられ、触感的に手に馴染みます。

RME_11.jpg

本体との接続は有線なので信頼性も高く、コードの長さも十分です。Fireface802 をスタンドアローンで使用する際は、ホスト・コンピューターのTotalMix FXが介入しなくなるので、Advanced Remote Controlにアサインしたセッティングが使用できませんが、スタンドアローン動作時は良く使われる固定機能が利用できるのも優れた点です。

RME_15.jpg

ireface 802を使うときには、常に手元に Advanced Remote Control を置きたいですね!それ故、これは別売ではなく、標準装備にすべきです。だって、こんな宣伝を出しているぐらいですからw

RME_16.jpg

ホスト・コンピューターのTotalMix FXが、これです。TotalMix FX のほとんどの機能は、Mackie Control 互換のフィジカル・コントローラー等により、MIDI または OSC にてリモート・コントロールが可能になるのです。Fireface 802にはDSPが2基搭載されており、うち1つはエフェクト処理専用に使用され48kHz動作時には、60個のEQ、40個のローカット、8つのダイナミクとリバーブ、エコーが利用できるのも凄いです。そんな機能も込みこみ!

この、TotalMix FX とても使いやすいです。機能的にも判りやすく以前の Apogee Ensemble で使っていた。 Apogee Maestro 2 より直感的理解しやすい!機能が整理されているしウインドウ表示が機能的。そんな部分でも、この機種に変更した理由の一つになります。こればかりは実際に使ってみないと判らないところでもありますが...自分にとって、どうなのか?他人様の感想だけでは判断しかねますよねw  Apogee Maestro 2 はハードとソフトに大幅な変更を加えると更新に時間が掛かるのも気に入りませんでした。

RME_17.jpg

その上!TotalMix FX for iPad ってのも用意されています!App Storeでダウンロードできます。RME Fireface 802 オーディオ・インターフェイスのミキサー/エフェクト機能であるTotalMix FXをiPad上で視覚的、直感的にコントロールできます。価格は400円で、この機能が手に入るのは、凄いことだと思うのですが如何でしょう?これも時代です。

RME_12.jpg

その接続は無線ではなく、RME Fireface 802 と iPad は、有線でUSBケーブルで接続し、使用します。LemurやTouchOSC等のように、PC上のTotalMix FXをリモート制御するソフトウェアの代わりと言った用途ではありません!単独iPadで制御できるのです。そこで接続用のアダプターが必要に。純正が一番安全ですが、私は、これを選択してみました。

RME_13.jpg

いろいろ使えるという欲張りな内容。「iPad air/iPadmini retina ios7対応 Lightning - カードリーダー&USB HUB×3 マルチコネクション キット」iPad airで問題なく使えました!造りはお世辞にも良いとは言えませんw ハッキリ言うと、かなり安っぽいです。コネクター接続部分もヤワです。

RME_14.jpg

御覧のように、目的は達成しています。Fireface UFX / UCXでは、CCモードに切り替える必要がありますが、最新のRME Fireface 802 では、その手間も無く単に接続するだけで使えます。やはり、こういった他の機器との有機的使用法ってのは最新機材でないと対応していません。そしてハードとソフトの連携が重要なのでハードだけ置いてけぼりになると厳しい!なのでデジタル機材は、ある程度の期間を経ると新陳代謝を考えなければならないのでした。

こういった機材も欧米が主導権を握っているには変わりありません。何故なら彼らが開拓し、更に現場で鍛えられ進化を辿っているのはアナログ時代と同じ。欧米では新しい発想、開拓者精神を高く評価、敬意を評します。最近のバカ、いや若者は何かと言うとリスペクトという言葉を使いたがりますが、こういった考え方が名目通り定着していれば、もう少しマシな世の中、業界になっているはずなのですが...それもこれも私を含めた大人達の責任が大きいと考えています。

studio_01_201409010353476a2.jpg

現在の我が家の宅録スタジオの機材は、このような構成になりました。既に新陳代謝は随分と進んだと思います。大きく変貌したのがギター関連が殆ど無くなった!よりデジタル化されつつある感じw 今の仕事は当分、終わらないけど曲を創らないと...そして機材の勉強も必要!使い勝手を馴染ませないとダメだよね!そんな事にも追われる身となっていますw 練習もしないといけないしw 時間が足りないよね!




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する