♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



SONY 32GB搭載 リニア PCM レコーダー PCM-D100 Hi-Res AUDIO
Hi_Res_01.jpg

最近、何かと耳にする「Hi-Res AUDIO」 特に際立って騒いでいるwのが、SONY というイメージが強い。リンク先を覗いていただくと判るが、ハイレゾと言っても内容は千差万別。元々の音源がアナログ・マルチからトラックダウンされたマスターテープだったりする。まあ、マスターテープ品質と言う事になれば昔なら極上の音質と言う事に!でも音源までもハイレゾ化された素晴らしい作品となると殆ど無いのが現状。


Hi_Res_02.jpg

ハイレゾと言うからには音源までもハイレゾ化してから謳って欲しいと思うのは私だけかw 既に、SONYではなく8年前に録音機器として,シャープ 1-BITアンプが有り、1bit-HDDレコーダーも存在していた。更に言えばマイクロフォンもアナログなのだが...そしてエフェクターなどのアウトボードから卓までデジタル化が果たされ、各々の機器が、それなりに使いこなさえるようになって初めて本来の意味が成立するとは思うのだが...それまではアナログ時代の資産を使うしかないねw

Hi_Res_03.jpg

さて、リブ・メグチェックも一応、終了したようだので開封しましょうw 録音機器ならば既にMR-1 1-Bit MOBILE RECORDER として KORG INC. より販売されていた!他にもプロ用として、KORG MR-1000 が存在していたのだ。なので何を今更という感は拭えない。しかも、こちら「24ビット/192kHz FLAC (フラック、Free Lossless Audio Codec)」にも書いていますが、販売音源としてなら「e-onkyo music」既にやっていた事です。欧米では更に前に始まっていました。「HiRes Download - test bench」等...

Hi_Res_04.jpg

それが時が熟したと言わんばかりに SONY も始めたという流れでしょうか?それに伴い録音機器も以前から有った「リニアPCMレコーダー PCM-D50」をバージョンアップして今回、安く手に入れた新品PCM-D100という流れとして紹介しています。まあ、昔から PCM 絡みでは何かと因縁のある SONY との関係がある私としては手に入れない訳にはいかない^^; 黎明期から使っていました

Hi_Res_06.jpg

久しぶりの新品の香り。前回は別売だったアクセサリー類が、今回は付属しているようです。例えばワイヤレス・リモコン等。そうだよね付属していて欲しい。ポーチも携帯する場合、本体を裸のままバッグに入れると傷つける可能性がありますものねw 大切な機材は出来る限り大切に使いたい。その上で傷が付くのは仕方ない事です。それが味にもあります。何より道具ですから使うことによって存在意義が有るのだから。

Hi_Res_07.jpg

他には、ウインド・スクリーンが新たに付属されています。これも以前は別売。携帯機器は外で使うのが多いので、これも標準付属というのは嬉しい事です。今回は、標準付属品が充実しています。では、肝心の本体はどうでしょう?旧マシンと比べつつ...マイクロフォンNT4 にも RYCOTE ウィンドジャマー WJMNT4 を使用しています。 NT4 この時は一台目だからカプセルエッジに傷が付いているw 今は NT4 も買い替えて二代目ですw

Hi_Res_08.jpg

一目観て変わったと感じるのはマイクロフォンの占める大きさでしょう!音質重視となれば、まず、この部分。大口径15mmの単一指向性マイクユニットを搭載だそうです。こういた能書きは、ここで説明するより、メーカーHPを御覧頂くのが一番でしょう!そして液晶表示部分が更に大きくなっています。それにより録音に関する情報量が大きくなりミスを軽減できるのは嬉しい仕様です。そして操作パネル関連は iPod の影響でしょうか?旧マシンと比べると整理された感じがあります。にも関わらず大きさは旧マシンと、ほぼ同じぐらい!

Hi_Res_09.jpg

背面に至っては殆ど同じ。ただ操作ボタン関連は今回は有りません。やはり全面、側面のみにしないと使いにくいです。特に専用ジャケットを付けてしまうと操作しにくいのです。電池の収納場所や、その構造は殆ど同じ仕様。操作ボタンとは逆に完全に裏側に開閉ボタンを移動しているのは正解。そして三脚用のネジ位置も、ほぼ同じ場所に!これも良いことですw 何故?良いか?後で説明します。

Hi_Res_10.jpg

全体的にボタンの数が減ってマイクロフォンの存在が大きくなり静観な面構えになっています。そして「SONY」のロゴがグレー部分に移動したので引き締まった印象を与えています。旧マシンんはシルバー部分に黒の縁取りなので野暮ったい感じとなっていましたから^^; デザイン的にも格段に進歩しています。

Hi_Res_11.jpg

なにより、マイクロフォンの存在です。旧マシンは、どちらかと言うと付け足し的な存在でしたが、今回は如何にも高性能マイクロフォン的雰囲気を醸し出しています。マイクの大幅な性能改善扱いと制御ボタンの配置デザインも The Nagra SD の影響が有ると思われます。Nagraのマイクは配置が異なるので外観上は全く違うように見えますが、一体型マイクの扱いとしては本体バランスと比べると旧マシンとは比べ物にならないほど大きくなっています。それは大きさばかりではなく性能も!

Hi_Res_12.jpg

このマイクの配置で思い出すのが、X-Y方式のステレオワンポイントマイク、RODE NT4 ですが、こちらは微妙に交差しています。特に野外のステレオ録音となると機材は、実際に音録りも含めてコンパクトに収めたい!セッティングにも煩わされたくありません。となると、サッと出して即、ステレオワンポイント録音可能な、このX/Y方式ステレオコンデンサーマイクは設定に手間いらず!

Hi_Res_13.jpg

それでいて場所を取らない!通常、ステレオ録音となると左右のマイクは、ある程度の距離が必要となるので、どうしても、ペア用プレートなどセットアップ作業が必要になります。しかもバッテリー駆動とファンタム電源のどちらにも対応、プロ仕様のバランス入力接続を使ったフィールドレコーディングも可能にしてくれます。なので野外での本格的な録音となると、このマイクの出番となります。KORG MR-1000 での録音では重宝しています。

Hi_Res_14.jpg

PCM-D100 の場合、マイクの角度は可変です。音源に合わせて集音範囲を変えられるのが強み!音源がマイクから近い距離での録音では「X-Yポジション」広い場所で奥行き感を演出したい録音の場合は「ワイドステレオポジション」といった使い方ができます。選択の自由は迷いにも通じますがw

Hi_Res_15.jpg

RODE NT4は、マイクカプセルは固定です。そしてRODE ( ロード ) / NT45-Cとして別売でもカプセルは販売されています。それは、ステレオペアマイクの傑作、RODE ( ロード ) / NT5にも使われている事でも性能の良さは理解できます。別売にはなりますが、同じ音質で、スタジオならペアマイクとして凝ったセッティングも可能にしています。

Hi_Res_16.jpg

1BIT録音機器ではありませんが、ROLAND R-26は、異なる指向性を持った2種類の独立マイク、さらに2系統の外部マイクを加えた6チャンネルの同時最大24ビット/96kHzのリニアPCM録音によるに対応したプロ仕様のポータブル・レコーダーです。しかも直感的に操作できる大型タッチ・パネル・ディスプレイ。外部マイク併用時には24ビット/96kHzで最大6チャンネルの同時録音に対応というのが他の機器では無い安心感があります。しかもマイク端子がプロ用ってのがポイント!

Hi_Res_17.jpg

そして、こちらが旧マシン。SONY リニアPCMレコーダー PCM-D50のマイクロフォン部分。やはり機能面も含め後発機器と比べると見劣りする内容となります。しかしながら予備として、まだ使っています。このマイクロフォンも可変です。この前の SONY PCM-D1 になると更に貧弱になります。旧マシンは、何れもメモリースティック PRO-HG デュオを使用というのが時代ですね!まだ自社のメディアに固執していました。

Hi_Res_18.jpg

その他で改善された部分として、この録音レベルボリュームの誤動作の原因を排除する為のガードパネル。これにより録音最中に間違ってノブを回せないREC LEVEL(録音レベル)ダイヤルガード機構。こういった細かい配慮が嬉しいです。そうそう PCM-D1 のリミッター使用すると「息づき現象」が有ったと記憶しています。又、バッテリーの持ちが悪かった!但しD50は、あくまで下位機。価格的にも10〜15万円の開きがありますから仕方ない事。当然その価格差はマイクロフォンにあると思わざるを得ません。まあPCM-D1の発売日:2005年11月21日ですからw

Hi_Res_19.jpg

電池開閉ボタンの位置は異なりますが、機構的には、PCM-D50 と殆ど同じです。そして PCM-D50 使用上限は、メモリースティック PRO-HG デュオ HX 32GB まで。 PCM-D100は、最初から32GB搭載されています。なので内部メモリーのみでDSDは、10時間50分の録音が可能。さらにSDXC(48GB以上)も使用可能。その上SD/MSカードスロット搭載されています。ちなみに最大録音時間: 477 時間 通常使いなら十分過ぎます。メモリースティック PRO デュオ・メモリースティック PRO-HG デュオも使用かのうという意地w

更に!「クロスメモリー録音」と言って、内蔵メモリーまたはメモリーカードの残量が録音途中でなくなった場合でも、自動的にもう一方のメモリーに切り替えて録音を続けます。旧マシンでは対応できない機能です!結局、こういった新しい機能は改善されていきますから旧モデルとは比べもにならない便利で高機能に仕上がっています。これはデジタル機器の宿命と言っても良いでしょうw

Hi_Res_20.jpg

電池持続時間(録音): MP3、320kbps録音時、録音モニターなしの設定なら単3形アルカリ乾電池4本で、最長約25時間 単3形アルカリ乾電池4本(付属)/単3形充電式ニッケル水素電池(NH-AA)4本使用可能です。音質に拘らなければ電池でも長時間録音にも対応しているのは嬉しいところ!

Hi_Res_21.jpg

通常使いならエネループでも十分使えます。シビアwな録音の場合は新しい、アルカリ乾電池を使うのは当然ですがw このようにマガジン形状になっているので電池の交換も比較的、簡単に行えます。PCM-D50とマガジン形状は全く同じなので旧マシンを、お持ちの方は予備の電池マガジンとして使えば交換は瞬時に行えます。そんな使用はプロっぽいw こういったプレビューは、おざなりの貸出ブログでは無理なんだよね!

Hi_Res_22.jpg

そして付属のワイヤレスリモコンで離れたところから「リモート録音」が可能!これは以前までは別売でした。野外で離れた場所から操作できるのは非常に助かります。特に野鳥録音などには嬉しい機能。高性能マイクロフォン一体モデルだから可能にした便利な機能と言えます。そうそう、新製品はモノラルですがスピーカーでモニターも可能!

Hi_Res_25.jpg

本体にワイヤレスリモコン(受信ユニット)を接続すれば、付属のワイヤレスリモコン(送信ユニット)で録音/一時停止/停止/再生/トラックマーク登録などの操作が可能です。って事は、離れた場所から本体から音を出せるって事です! モノラルだけどw

Hi_Res_23.jpg

これは、旧マシン、PCM-D50用に別売されていたジャケットですが、先ほど説明しましたようにボディの形状、三脚穴が殆ど同じなので、そのまま流用できるのです。このジャケット、簡易スタンドにもなるし本体を保護する役目も十分果たしてくれます。

Hi_Res_24.jpg

別売ジャケットだけあって高級感もあります。PCM-D100 対応商品・アクセサリーとしては紹介されていませんが,
キャリングケースCKL-PCMD50は、なかなか良いです。でも生産完了品扱い。PCM-D50用ですが御覧のように、 PCM-D100でも使えます。こんな話も、貸出インスタント・レビューでは出てこない話ですよね!

Hi_Res_28.jpg

勿論、キャリングケースCKL-PCMD50を付けたまま付属のポーチに入れる事も可能です。これで本体の移動時の保護は完璧と言って良いでしょう!ポケットにはワイヤレスリモコンや電池が収納できます。出かける時はサッと、このセットを持ち出せば、それなりの録音が約束されます。なにせジャケットが簡易三脚にもなりますから!

Hi_Res_27.jpg

風切音などを低減する本格的「ウインドスクリーン」も付属されています。屋外での録音時に、風切音など低周波数のノイズを低減してくれるので必要です。以前は別売でした。前述のように外部マイクロフォンNT4 にも RYCOTE ウィンドジャマー WJMNT4 は必修です。

Hi_Res_29.jpg

別売の三脚を使用すれば、足先に振動吸収素材を配し、机など接地面からの振動が伝わらずに録音できます。なによりコンパクトに収納できるのでバッグに入れても場所をとりません。

Hi_Res_30.jpg

専用三脚なので本体を取り付けた時の安定感は流石です。接続部分も、ある程度、角度を付けられるので通常なら十分対応してくれます。足場が多少悪くても大丈夫!

Hi_Res_31.jpg

この三脚用の穴がカメラの三脚と同じ規格なので、他の機種にも同様に使えるので1つ持っていると重宝します。勿論、カメラの三脚も使えますが小型なのが良いです。となるとELECOM デジタルカメラスタンド"どこでも三脚" も選択の一つに入ってきます。ただデザイン的には、どうかなw

Hi_Res_32.jpg

やはり、こちらの三脚の方がシンプルでアングルなどカメラと違って、それほど要求されないので、持ち運び、見た目のスマートさを考えると、こちらの方が美的にお勧めですw 仕上がりも重量もあり安定していて高級感があります。

Hi_Res_33.jpg

このようにカメラの三脚としても小型カメラなら使えます。アングルも首が、ある程度回転するので多少の傾きにも対応可能です。小型カメラも一緒に持っていた場合にも重宝します。

Hi_Res_34.jpg

録音したデータは、DSDレコーディング対応なので、AudioGate 3 を使うことが出来ます。現時点での最新バージョンは、Version 3.0.2 尚、AudioGateはダウンロード後にDS-DACシリーズ、MRシリーズ本体を接続してライセンス認証を行うことにより、正規版としてご利用頂けます。私は以前からMRシリーズ本体のユーザーですから使うことが出来ます。

Hi_Res_35.jpg

以前から、AudioGate for Macintosh を使っています。やっと SONY も、この世界に参入って事ですね!それだけデジタル世代「Hi-Res AUDIO」 の幕開けと言ったところでしょうか?やはり音源ありき!ソフト有りきです。となると、最新、高音質音源は、もはやメディアを介して販売される事は少なくなるのは火を見るより明らか!

Hi_Res_36.jpg

このようにインストールした後にMRシリーズ本体をMacにUSB接続してライセンス認証しないと正規版としては使えません!フリー・ダウンロード向けには「AudioGateライト版」となり、DSD再生は44.1kHzまたは48kHzのPCMへの変換再生にしか使えません。DSDフォーマットのまま編集したいとなると正規版しか選択の余地が有り得ません!

Hi_Res_37.jpg

最新バージョンでは、UI も様変わりしました。DSDドメインの編集にも対応。無制限のUndo/Redoにより完全非破壊編集を実現。AudioGateで作成したDSD ディスクはソニー株式会社のスーパーオーディオCD/CD プレーヤーSCD-XA5400ES 及びSCD-XE800、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション 3」などで再生可能です。AudioGateは、ソングの分割・結合、フェード処理、音量調整、L/Rバランス調整、ノーマライズ、DCカット・マーク編集など、ステレオ・レコーダーに必要とされる基本的な編集を1-Bit DSDを含むすべての対応フォーマット上で行うことができます。










この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する