♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



第37回隅田川花火大会 独占生中継 : テレビ東京 で思った事。


少々古い話になりますが...「第37回隅田川花火大会 独占生中継 : テレビ東京」を録画し流し観をした感想を...とにかくダルい。映像が恐ろしく単調。肝心の花火映像も固定カメラが殆ど、何故、国内での映像って昔ながらの手法を踏襲したやり方しか、しないのだろう?昔ならいざしらず、今なら、このような機器が以前とは比べも似にならないほど高性能な機材が安く揃うのに!搭載するカメラの画質もオンエアに十分対応できる品質となる!こういった機器を使えば...



今なら何種類という機器の選択が出来る。例えばこういう迫力ある映像を低予算で実現できるのに!前例が無いとやれない?周りが認知されないと採用されない?最初に踏み切る事が出来ない?上の了解が取れない?以前と同様じゃないと認可されない?とにかく、これだけ素晴らしい映像が既に低予算で実現できるのにも関わらず昔ながらの単調な放送を繰り返す国内。



こういった試みに触発されて国内でも、やっと似たような事を始めた所も現れたが...遅いよね。普段から迫力ある映像の事を考えていれば即、思いつく事だけど、この業界で仕事をしているわけじゃないから...とにかく結果を見てからじゃないと、やれない土壌って事なのかな?だから情けない。



カメラワークに関して国内は要求されない予算が出ないとかイロイロ言い訳はあるのでしょうが邦画界でも同様。固定カメラが主流だし単調なカメラワークが多いよね?そんな土壌だから、こういった新しい機材も生まれなければ、そもそも商売に繋がらに。新しい試みというより現場から要求されないのだから仕方ない。それは競争原理が働いていない証拠。

だから世界品質が問われるような時代になった時。国内のプロでは戦えない事態に陥ったという事なのでしょう。これは、どの分野にも言える事かもしれません。そうなった原因は既得権益により厳しい競争が減り楽に美味しい仕事を手にできる立場の集団が増えたからではないでしょうか?そんな温床からは、厳しい競争で勝ち残ってきた奴らと互角に戦える人材を望むのは無理でしょう?しかも発想が貧弱ときている。となると歯が立たないのは当然。

欧米の若者は既に、こういった挑戦を続けていると言う事実。その新しい映像への探究心と挑戦力を国内プロ及び映像関連の大学、専門学校の教師は真剣に考えるべきだ!しかし既に、その方面に加担している側だから期待するのは無理と言う事かも知れません。若者、学生は、そいうった嫌らしい大人達の嘘を見抜く能力も身につけないとね!そういう社会だから日本は...











この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する