♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



A Guide To Gibson Weight Relief
gibson-weight-relief-bodies_02.jpg

何故、この話かと言いますと...「Gibson Les Paul Recording」での話ですが、そこでリンクした「ギターについて真面目に考えるBrog」では、ボディの軽量化に関して、こういった記述がありました。

一概に悪い事かどうかは云えないけど、重すぎる材料しか無い時に、穴をあけてまで生産すべきと判断する会社と云う事が判ります。まあ、作らなければ潰れていたんだろうけど、プレイヤーとしてユーザーとしては如何なものかと思わざるを得ないねえ。



どちらかと言えば、見えない所で材の重量を故意に軽く感じさせるような小細工的な意味合いとして受け取れます。しかし...こういった工法手法は結構使われていたようなのです。確かに「一概に悪い事かどうかは云えないけど」とはなっていますが...果たして材の取得が困難になったが為の苦肉の策だったのか?本当の所は、どうなのでしょう?

gibson-weight-relief-bodies_01.jpg

こちらの「A Guide To Gibson Weight Relief」リンクを御覧ください。確かに重い楽器を我慢しながらステージで演奏するのは苦痛でしょうw やはり、ある程度、適度な重量が望ましい。楽器の重さは音質だけじゃなく演奏者の負担にもなります。アンプでは重量がある、しっかりしたシャーシーとトランスが音質重視と考えられていますが、事、楽器となると過度な重量は演奏の妨げにもなります。

楽器として保持した時のバランスも重要です。単に軽くすれば良いというものでもありません。そして先の「Gibson Les Paul Recording」でも書いていますが、こういった軽量化による音質劣化よりエレクトリック・ギターの場合、設計、材そして造り手の技術に寄る所が大きいのです。特にピックアップなどの電気系の設計も重要。そして全体の楽器としてのバランスとなるわけですよね...

このような軽量化の仕方も様々ですが、実際に音質への影響の違いは微妙で、その違いは殆ど判らなかったとも記載されています。それよりエレクトリック・ギターの場合、エフェクターなどの電気処理の方が、よほど音質、音場に影響を及ぼします。創られる音楽との融合を含め、単に、こういったギター本体、ボディや電気系の処理が、大きく影響を及ぼすとは考えにくいです。出力としてのギター・アンプの性格も大きいです。なので最近では「Axe-Fx II [XL] Preamp/FX Processor」などが、もてはやされている!それにしても直販は安いw でも日本へは送ってくれないw

確かに安いギターと高級ギターの違いは創られた材と技術、仕上げにより持った時点で、その違いは即、感じられます。これは当然の事です。手間と予算を惜しまず創り上げられた楽器と、商売の為、低予算で造られた楽器とでは自ずと品質を比べられる訳がありません。ギターを創り上げる人の技術も重要、それは即、仕上げにも大きく影響します。当然、高級ギターは電気系、ピックアップも含め熟慮を重ねられて創られる訳ですから...反面、近年の兼価な入門用ギターの品質は昔と比べ着実に向上しています。

それなりに手間をかけて創られれば当然、価格も相応になります。中には美観に拘るあまり、とんでもない価格のギターもありますがw 確かに品質の良い材料調達が難しくなれば仕方なく...というような場合も有るやもしれません。「Weight Relief: What’s it All About?」も御覧ください。そういった意見も書かれています。こういった事も含め自分に適したギターを手にする事は大切です。

自分の楽器に、どこまで愛着が持てるか?そして、その楽器を使い、どれだけ表現出来たか?が重要ですよね?こういった事も含め、自分自信、どれほどの成果を出せるか。出せたか?が重要なのではないでしょうか?中古とは言わずw ビンテージとか(またもや横文字!)言いながら古いギターが高価にて取引されるのも考えもの。新しい楽器の方が電気系も、しっかりしているし仕上げも良くなっています。

古いから全てが良い訳でも有りません。確かに、その時代は良い材は今より豊富に有ったかもしれません!しかし制作、加工技術や各部品でも改良が加えられ着実に品質が向上しているはず。デザインも豊富になり中小の良質なギター制作会社も増えているようです。そういった中で自分が気に入ったギターを見つける事の方が重要ではないでしょうか。それにはある程度の経験、知識も重要ですけどねw そして気に入った楽器を手に入れたら!カッコイイ、素晴らしい作品を残す事の方が大切でしょう!









この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する