♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カメラワーク


日本のドラマ、映画関連のカメラワークは最低!その前に脚本もダメだけどw それに若い大根役者が多すぎる。観もしないけど番宣で目にするのは、日本社会、そんな地位に若造が居るわけないだろう的な設定が多すぎる。それだけで現実感が無く、しらけるんだよな。まあ、そんな基本的な土壌は無視して本題のカメラワーク。これも酷いよね。事あるごとにブログでは書いているけど改善されない!例えば、この動画はどうだろう?



ネタは、このゲームなのだが、アクションする方も凄いが撮影する方も危険が一杯!若く無いと付いていけないよねw それほど移動している。しかも安定した画角を維持しながら!ここが重要。ブレまくりが迫力ある!的な映画「Cloverfield」なんて最低だよね。あれは邪道。非常に安易な発想。手持ちカメラで臨場感を煽っているつもりなのだろうけど画面酔いするし、そんな状況でカメラなど回さない。似た様な映像で「Chronicle」なんてのも有ったけど...いずれも最低。



このように撮影カメラは移動中も常に安定した画角を保っている。それが重要。手持ちカメラのブレブレ画像って誤魔化しなんだよ!映像を観せられている側も周囲が把握できる状況が整っていないと楽しめない。その為に昔から様々な「Steadicam」などが考案され現場で使われている歴史がある。そして、近年では更に性能が向上した機材も出てきている。それが正当な流れ。海外ではTVドラマでさえ流れるようなカメラワークが脚本と演技に沿って撮影されているのを御存知だろうか?「MoV」のような素晴らしい!機器も次々と考案され支持され発表、販売されている。それが即、商売に繋がる土壌だから生まれる!



更に空撮も、「HEXO+」のような機器が使われるようになれば更に迫力ある映像が、より手近になるはず!この映像も、それほど高価な機材を使わずに実現されているのが凄い!アイデアが素晴らしい!こういった表現を日本の若者、映像系の学生は創っているのでしょうか?やっぱり発想が無いというのが現状?だいたい先生が昔ながら固定カメラ派が多い;;プロが、そんな映像を期待されない!仕事がプロを鍛える訳だから仕方ない!となるのが正直な国内事情ではないだろうか?そこに日本のアジアの古くからの弱点が見え隠れする。



欧米の若者の間では、こういった裾のもドンドン広がっているのに国内の映像系職人は未だに旧体質のままの価値観を引きずっている。更に効果的な編集までも念頭に入れた撮影手法など国内では鍛えられる訳が無い!そう仕事で要求されなければ育たない。需要が無いから金にならないから…と言うように悪循環。だからカメラワーク一つとっても世界的に競争力は全く無い。音楽も同様だけど良質なモノが受け入れられないようでは本当の意味で世界で通用するプロは育たないんだよね!安易な目先の利潤追求。それが日本の水って事かな...消費する側も調教されているのが情けない。故に世界基準に達したプロが育たない。育てない環境。






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する