♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



2002年 Dell' Arte Sweet Chorus
guitar_01.jpg

ルシアー:ジョン・キナード氏の完全ハンドメイドのDホール、マカフェリギター。割りと小ぶりですが音量があります。フレットは平ら。ブリッジ付近は、このギター独特の構造、デザインとなっていて好き嫌いがあると思います。

「Dell' Arteについて」以下は引用文です。
セルマー/マカフェリ・スタイルの雄"として有名なデルアルテ・ブランドは、フランスからの移民であるミュージシャンのAlain Cola(アレイン・コーラ氏)がセルマー/マカフェリ・スタイルのギターを製作するために設立し、メキシコにてギターの生産を始めました。98年に品質向上のため、ベテランルシアー・ジョン・キナード氏(今現在サンディエゴ近郊にて個人工房を立ち上げ活躍中)とパートナーシップを組み、南カリフォルニアの工場にて新たに製作を開始。

ジョン・キナード氏と5人のスタッフでセルマー/マカフェリ・スタイルのギターを中心に、年間250台余りのギターを製作しておりました。今現在もジプシー・スタイルのギターを中心に、有名ギタリストのシグネーチャー・モデル等も手掛け、人気ブランドとして今日に至っていることで知られております。

guitar_02.jpg

勿論、中古で入手。ハードケース入りですw 中古販売でも、そこそこの価格が提示されています。「Dell'Arte Sweet Chorus
( 2001 )
」実際には、これより相当、お安く入手しております。状態も良く、鳴りが強力ですw 中古でも24〜25万円程度はします。エボニー指板のネックには1ピースのマホガニーが使われています。

guitar_03.jpg

ブリッジとテールピースが特徴的です。これが慣れないと手の腹が痛かったりしますw それは直ぐに慣れますが...カッターウエイで更に指板、高音域が延長されているので弾きやすいです。更にボディが驚くほど軽い!それでいて高級感のある仕上がりです。

guitar_04.jpg

好みとして、このタイプのギターは、これまで手は出していなかったのですが...「D」サンウンドホールの特徴とプロポーションが気になって...とにかく普通の形状じゃないギターが好きなのでしたw 同じ.「D」でも McPherson Guitar は高価で手が出ません。それに活かせる腕も無し;;

guitar_05.jpg

最初の持ち主さんが、もう少し管理をしていれば、もう少し輝きが失われずに済んだのですが...少々メタリック感にくすみがあるのが残念です。弦の張替え時には徹底的に磨き込もうと思います。

guitar_06.jpg

天神、マシンヘッドは、こんな感じ。このギタースタンドは三本収納タイプです。天神の形状で、他のギターが何であるか判った人は、なかなかw このマシンヘッド。長時間放置すると微妙に調律がずれますw 調律直後数時間は全く問題はありません。故に絶えず触ってくれって事でしょうw このギターを活かせる腕前が欲しい!!毎日、スケール練習とかはしているんですけどね...

guitar_08.jpg

国内、保証書も付いていました。既に保証期間は過ぎているので関係ないでしょうが、出生が確かなようですw アコースティックギターと言えば憧れるのは普通、Martinだったりしますよね?例えば D-45 などは高嶺の花。例え入手できたとしても私には宝の持ち腐れw このギターでも勿体ない!

guitar_07.jpg

それにギター複数あっても弾けるのは1台だけなんですよねぇ〜 まだまだ他にも紹介していないギターが沢山!日替わりで練習し、使っています。それほど高価なギターは持っていませんけど^^;それでも十分過ぎるギター品質に腕が伴わない悩み。

guitar_09.jpg

雑誌にも紹介されているギターです。活用しないと!






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する