♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



賃金 自由業 GYARANNTHI Freelance
何故?最近、この手の話が話題に?
どうしてプロに無償で仕事依頼しちゃダメなのか - 原価のある、時間
ギャラを言わずに仕事を頼む会社は要注意
サラリーマンは自営の気持ちがわからない
Freelanceが最近、富に増えた訳でもないでしょ?昔から、やっている人も多いはず。それなのに...「お金」の話が、何故、これほどまでに話題に?当然、仕事をする前に話し合いで決め、後で言った、言わないとならないように契約書を交わす。これが常識なはず...確かに個々の小さな仕事に、契約書を交わしてはいれれないってのが日本国内の風習?でも、それが問題を引き起こす事が多いんですよね?それなのに放置していた、これまでのProfessionalな人たちって...

モノを購入すれば売買契約ってのは必ずしますよね?モノでなくとも保険でも株取引でも取引となれば契約を交わします。それなのに何故、仕事が発生した時点で賃金の取り決めが出来ないのでしょう?.「お金」の話=卑しい、とでもいうのでしょうか?命の次に大切な.「お金」を、そんな風に扱っている土壌って変ですよね?

昔から、「お友達価格で安く出来ない?」と来る仕事には丁寧にお断りしております。又、「今回、予算が取れないんだけど、この仕事が無事完了すれば次回からは順当な資金が出そうなんだけど、なんとかならない?」的な、お話も、お断りさせて頂いております。何故なら、我々Freelanceは、次の仕事ではなく、今有る仕事で勝負しているのです。次は、その時の話です。今有る仕事でマトモな予算が取れないような相手とは仕事は出来ません!それが常識です。

場合により仕事内容が常に流動的な時は、その都度、最低限、覚書程度でも先方に内容確認と署名等は、して頂きます。それが出来ない相手とも仕事はしません。そのような対応を要求すれば仕事を失う?そんな事を何時迄も繰り返しているプロももどきが現状を改善させられない諸悪の根源なのですが...結局は仕事欲しさに自分さえ良ければ!って思考で進めているのが殆どだと思います。当然、私のように言い出せば面倒がられます。でも良く考えてください。廻り回って自分の首を締める事になるんですよ!

そして一番良くないと思うのが業界標準を振りかざすお客様?何を基準にして業界標準価格を決めているのか?仕事の質は誰がやっても同じ?そうじゃないでしょ?そして企業さん!社内で出来ない内容だから外注を使うのでしょう?ならば仕事の内容は最低、社員の給料+福利厚生など、もろもろ考えたら、社員給料の3倍は必要と考えるべきでしょ?社員では実現出来ない内容なのだから実は+アルファとなるはず。そのプラス、αってのが高いんですよ!

社内に蔓延る老害的な給料泥棒とは、やっている仕事の質が違います。結果を出している人材に、マトモな対応が出来ない社員は、それだけで会社にとってマイナスなはず。それが国内、なかなか認知されない。だから今の世界的な厳しい競争に耐えられない人材ばかりが蔓延している現状があるのでは?社員は飼い犬かもしれませんがFreelanceは良い意味でも悪い意味でも飼いきれないから、相応の対価が必要なのです。

特に、国内の基準となる思考はサラリーマン的。そして大企業になればなるほど何様が多い。それは学閥的思考が染み付いている馬鹿な似非エリート基準。そんな国内しか通用しない判断基準で世界的な市場を相手に出来るわけがない!自分が国内仕様ではエリートだと考えている人材が如何に多いか!その実はハッキリ言うと無能な奴がどれだけ多いか!より注意して対応しないといけないのが同族系の社員。こいつらは要注意!勘違いを通り越して危険な人材。故に、ここまで日本経済が落ち込んでいる現状がある。数十年前なら問題にならなかった事なのでしょうけど...

そういった人材で一番、注意をしないといけないのが面子。仕事が出来ない割に、面子ばかりは人一倍デカイ!その面子を潰すと大変な事になる。それが引いては全ての決断遅滞の原因にもなっている。そんな単純な事すら理解できないエリート様達が多い。何故?その地位にいるのか判らない人材が多いのも国内、大企業の特色とも言える。そんな人材だから、仕事の難易度を把握しきれていない。故に丼勘定的な業界標準価格を振り回す。そのほうが自分達にとって都合がいいからです。大手、出版社でも、この賃金体系でしたから...その時も私は事前に取り決めました。

仕事の質が対価を決めるはずなのだが、国内、総じて、この業界標準価格が闊歩している。そして殆ど誰も異議を唱えない。何故なら仕事を失う可能性があるからだ。そうやって、これまでのProfessionalと言われてきている先人が、マトモな対応をしてこなかったツケが繰り返し行われているのが日本の現状。結局は、自分達が勝ち取るという気概がなければ何時迄も、この腐った現状に甘んじるしかない。

特に国内、学閥的発想が基本にある為、何かと仕事発注元の大企業内の社員は勘違い野郎が多い。どれほど個人で仕事が出来るか?そんな視点など全く無い。会社という背景があっての自分の存在というのを判っていない。仕事で何億円をも動かしていると言った所で、それは大企業という世間的信頼があればこそ。個人の力量ではない!会社を辞めれば、自分が、どれだけの存在か嫌というほど思い知るだろう...そんな無能な勘違い野郎が結構多い。

料金が低い仕事は断ります。生活出来ないばかりか、それだけで、やる気が無くなり、勢いヤッツケ仕事になるのは目に見えています。逆に、相応の賃金の場合は、120%頑張ります。場合によっては意地があり、料金以上に頑張ります!仕事の対価=品質(やる気)に関わります。最初に料金を提示出来ないような相手とも仕事は絶対しません。仕事で請け負うからには、「やりたい仕事だか安くても良い」という発想はしません。そんな事をすれば、その仕事を生業としてる方達への冒涜になるからです。これも当然なのですが...

国内、総じて発想に対しての評価が低いです。創り手の敬意が低いです。少なくとも欧米と比べると失礼な対応が多すぎます。それも、これも頭で考えた事=タダ的な感覚なのでしょう。それこそが大切なのに...そもそも頭が良いという基準が記憶力に重きを置いている教育制度にも問題があるのでしょが...その結果、デジタル世代になり、これまでの既存技術の修練という手法が全く通じなくなってしまった原因でもあるのですが、未だに認識してない国内事情。やはり音楽に象徴されるように猿真似しか出来ない国民性なのでしょうか?

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する