♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



SSL XLogic Alpha Channel Synclavier シンクラビア SONY 3324A デジタル・マルチ
0XLogic_01.jpg

プロ用スタジオ・コンソール、そのSSLから出ている製品では、お手軽に入手できるプリアンプを更にお安く入手!あの音をコンパクトタイプとはいえ手に入れられるとは!ピーターガブリエル氏に感謝!興味無い、知らない人には関係無い話でしょうけどw 憧れがあるんです♫〜 +75dBまで可変可能な「Ultra-Clean SSL PreAmp」搭載なんですよぉ〜!更にあのDualityにも搭載されている、VHD(Variable Harmonic Drive)回路が搭載されているという拘り!そんな数チャンネルも必要ない自宅録ですから十分過ぎますw




0XLogic_02.jpg

もし、多チャンネルが必要になれば...複数のAlpha Channelのコンプレッサー回路にリンクするサイド・チェイン出力も装備されているという念の入れよう。まあ、その必要は無いでしょうw 今の若い人は恵まれているとは思いますが...未だに邦楽はショボイ!それは聴く側にも責任はあります。そして商売ですから何が売れるか?という土壌の問題も大きく関係しています。そんな腐った環境とはお別れし趣味でやれる幸せw

0XLogic_03.jpg

新品で、この買値!言えねえ〜絶対w そんな感じで手に入れられました。所詮、趣味、たかが趣味、されど趣味!やはり拘りはあります。知りもしない若造のウンチクなど所詮、ネットや知り合いから仕入れた知ったかぶり程度の知識が殆どだろうに...この有り難みは解らないだろうね!以前にもPropellerhead Recordでは擬似的に体験できたけどw

0XLogic_04.jpg

まさか、あの「SSL」が「XLogic Alpha Channel」という形で我が家に来るとは!感慨深い...SSLのサウンドが、この価格で手に入ると思うと御買い得感が、かなりあります。そんな意味でも、TC Electronic M3000 クラスの存在が必要でした!それらを有効活用できるか否かは自分の能力に関わってくることですが^^; そして音質的な意味でも「Antelope Isochrone OCX Word Clock」は期待しています。モニターは「SPL Phonitor Headphone Monitoring Amplifier Model 2730」そしてヘッドフォンは!「SENNHEISER HD800

0XLogic_05.jpg

最近のラック内容も随分、以前と変わりました。これは、かれこれ8年前のラック状態。フィジカル・インターフェイスも大きかった!その前には、こんな状態だったりした。懐かしい...以前は、このように使っていた。そして、これに変わったのが...なんと既に5年前!キーボードも88鍵盤に行き着いてしまったw ヤマハの傘下になったLine 6 POD HD Proは既に手放している。tc electronic PowerCore FireWireも売却済み!そうそう、Mesa Boogie Triaxis Preamplifier Version 2.0 も既に売却済み!そしてラックは2U分、空いているw

0XLogic_06.jpg

ブログを随分サボっていた間に、ギターなどの楽器も随分増えた!そして収録用のマイクも!でも曲創りまで総合的に考えたら、やはり録音機材は切り離せない。そして、それら機材に費やす予算も...昔と比べればマルチトラックやミキサーに掛かる費用を考えれば楽にはなったけど以前は大変だった!

multi_001.jpg

今ではデジタル・マルチ「SONY 3324A(24TR-DIGITAL-MTR)+リモコン+メーター」でさえ、こんな売値でも誰も見向きもしない...昔のアナログではなくデジタルでも既に陳腐化!以前にも話題にしましたが、これほどまでとは...そして...

SONY_3324A_01.jpg

SONY_3324A_02.jpg

このようなデジタル黎明期のマルチ・トラック・レコーダーが今では、このような扱いになってしまっています。デジタルの陳腐化速度はアナログの、それとは比較にならないほどの速さで進行しています。なので時間を買うというより、どれだけ回収できるかが勝負なのでしょう。それだけの回転率と収益率が高くないと、そうそう手を出せません。

0synclaver_10.jpg

あの憧れの「Synclavier シンクラビア」でさえ、あの巨体と機能を考えたら、とても欲しいとは思いません。それがデジタル機器の運命。今なら「SynclavierX」ってのもあります。アナログ時代の比じゃないですよね...なので中古や型落ち、新品なら出来るだけ安く購入するしかありません。そして可能な限り使い倒す!とは思っているのですがw なかなか実現できないのが正直なところ...

Synclaver_001.jpg

Synclaver_002.jpg

これだけの巨漢を置いておける空間が普通の家屋に有るでしょうかw 仮に、置いておけるとしても維持管理を考えると、とても手に負えるような代物ではありません。既に実機のファームやソフトは、どれだけ更新してくれるのでしょう?又、最新技術に接続など対応出来るのでしょうか?いやぁ〜この手の機材。余程の財力と才能が無いと使いこなせないでしょうw

studio_01.jpg

そして、こちらが現在の我が家のスタジオメイン機材です。そう!Apogee Ensemble オーディオ インターフェースが退き新しい機材に更新してあります。Apogee Ensembleはお気に入りだったのですが、そろそろ交換しないと、やはり陳腐化の波が...回収できたのかと...まあ元々中古を半額で手に入れていますが、それでも現在は更に安くなってしまっています。




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する