♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Antelope Isochrone OCX Word Clock
OCX_01.jpg

メグ:「とーちゃん!なんか届いたよ!」
メグ:「これebayで何か買ったんでしょ!」

とーちゃん:「まあ、そうなんだけど、なんで分かった?」

メグ:「だって箱にebayのシールがあるから!」

とーちゃん:「あらま!ホントだ!これはね、悩んだ末に落札したんだよ!」

メグ:「それって毎度、同じセリフだよね...」

とーちゃん:「...」

OCX_02.jpg

あ〜ぁ 同じ事を、リブちゃんにも言われた...
そうそう、そうなんです。でもさ、国内で買うと高いんだもんw
最初は、Apogee Ensembleと同じメーカーの、「Apogee Big Ben」を予定していたんだけど、オーディオインターフェイスも何れサンダーボルトに対応するかもしれないし...と、言うことで今時の「Antelope Isochrone OCX」にしたのでした。まあ、これが絶対必要か?というと微妙な機材なんですが...原子時計にロックされたプロマスタークロックの新しい品質基準ってのを体験したかった訳ですw

OCX_03.jpg

知ったかぶりで言うのは簡単ですが、やはり己の耳で聴いて判断しないとね!こういった機材って試聴しに行ったとしても普段、聞いている機器で確認しないと判らないってのが正直なところ... しかも、このAntelope Audio OCX、なかなか評判が良い!辛口の吉田苑さんも高評価しているようだしw 使う環境にも左右されそうですが試してみる価値はあります。ただ、おいそれとは手が出せるような金額ではありません!そこで中古、そしてebayでの出物!

OCX_04.jpg

パッケージを見ると...能書きにもあったんですが...
This unit was used only once. It's like new with original packaging and literature.
I will double box your shipment
殆ど新品と言っても良いような状態です。それが、安く落札できたのです!ラッキーですねぇ〜ヤフオクでも出ているのですが、なかなか、この手の機器はマニアが多いようなので安く落札できません。

OCX_13.jpg

例え出品されていても殆どが、この落札金額に違い状態!その落札価格では高価です!まあ新品の価格を考えれば妥当だとは思うのですが...

OCX_12.jpg

中古販売でも、当然、それに近い金額になってしまいます。そう中古でも、この価格帯に収まってしまう。しかも市場に多く玉が出回っていないので仕方ないという事情もあります。それほど、まだ認知度も一般的には低い商品。

OCX_14.jpg

ebayでも、それほど安くは出品されませんが、私が入札したのは特に低価格からのスタートだった為かギリギリ数秒での勝負でした。この時は、それほど競合相手が現れなかったせいもあるのか低価格での落札が実現!まさか、この金額で落札できるとは思っていませんでしたw いやぁ〜最近はヤフオクでも商品に関して、検索すると、このブログのヒット率が高いので、うっかり購入金額を出せませんW

OCX_05.jpg

梱包を開けると...それはそれは新品の香りw これなら新品と言っても誰も疑わないでしょう!

OCX_06.jpg

開封して検品した程度の内容です。そう、殆ど新品!それが、お安く手に入りました!とは言え、この機材を導入すれば、どんな音響マシンでも驚くほど音質向上が図れるってものではありません。それに数万円を出すってのは勇気があります。まあ、安く手に入れているので想像しているよりダメだったら転売って方法もあります。デジタル界では、クロックジェネレータ、無いよりもあったほうがいいと言われていますが果たして内容が価格に見合うか?ってのが気になります。

OCX_07.jpg

さて、外観は全く新品同様だとしても使えなければ意味がありません!早速、ラックに設置し配線を...とは言っても簡単!Apogee Ensembleの背面、WORD CLOCKに同軸ケーブルで接続するだけ!その際、75ΩTERM スイッチをON!これをしないとプチ!と昔、レコード再生の時に、たまに発生するノイズが出るんです。昔のSmall Computer System Interface通称SCSI時代に必要だったTerminatorですが、このデジタル時代にも必要なんですね!「ワードクロック端子を接続する場合の注意点」を御覧ください。

OCX_08.jpg

さて、ラックに設置したら電源を入れ...30秒ぐらいLED点滅するしウォームアップしてから点灯に変わります。本機の実力をみるには3〜4日程度の電源投入期間が必要らしいですが^^;ある程度、安定するにはって事でしょう。まるでアナログ・シンセサイザーの音程みたいw 完全デジタルなのに...クロック周波数の違いが音質に影響とか...

OCX_10.jpg

こんな感じで設置しています。OCXは、他のマスタークロックジェネレーターと同様、複数のクロック出力ポートを備えます。クロック伝送には殆どの場合、BNCケーブルが使われます。この機器は、8系統のワードクロック出力以外に2系統のAES/EBU、同じく2系統のS/PDIF出力に対応しています。サンプルレートは、32〜192kHzまで対応!複数の割り切れるサンプルレートを出力します。

OCX_15.jpg

Antelope Isochrone OCX Word Clockで設定したサンプルレートに対応するように、Apogee Ensemble側でも、図のようにWord ClockのSample Rate を切り替える必要があるのは言うまでもありません。これを合わせないと音は当然ながら出ません。

OCX_11.jpg

さて、肝心の音質ですが...Ensemble (アンサンブル) マルチチャンネルFireWireオーディオインターフェイス音自体、素晴らしい音質なのですが!もともと同社のBig Ben (ビッグベン) 192kマスタークロック導入を考えていましたが...比較はできませんけれど、確かに試聴するソフト内容が大きく影響しますが品質が素晴らしいソフトでは驚くほど緻密な音質が!!!あれ?こんなに音が良かった?と思うほどに...元々のソースの音質が、これほどまでに影響するとはw これで曲作りってのも期待できそうです。

こういった機材って自費で購入して使いこなしてこそ!って感想が重要!私も一時期、借りて感想を書くこともしましたが結局、ホントに欲しいモノじゃなくてチョット興味があって借りてみて、その使用感を書かなくれはならないから書いただけってのが殆ど^^;それじゃ本当の所の使用感なんて現実的じゃないんですよね!又、教育関係職で機材購入を担当されるような立場の人達も同様。それは、やはり何処か他人ごと。所詮、他人の金なんだよなぁ〜 確かに多くの使いたい機器に接する事が出来るかもしれないが本質的なモノへの愛着とは絶対違う。もっと個人的拘りなんだと思う。

その証拠に、マスタークロックジェネレーターって言ってもピンキリ!「Antelope Audio Isochrone 10M」なんて高いデスよ!確かに高ければ良いって話ではありませんが、それなりの理由は必ずあります。そうじゃなければ大切な「お金」を大枚払う訳がありません!趣味の世界と言ってしまえばそれまでですが...通常、デジタル機器であれば、インターナルクロックが常用ですが拘りのある製品になればワードクロック入力端子が用意されているのが今や常識。デジタルだから皆同じって思ったら大間違いですねw なんたって接続ケーブルにも価格差がっ!







この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する