♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



MODO701 レンダリング が、酷すぎる!
0bad_012.jpg

既にモデリングも完了して、あとはレンダリングをすれば、それほど手間も掛からず仕上げられると想定し国内の仕事に着手、終了後、このカメラのレンダリング作業に進んだのだが...なんと酷い結果に...以前、modo 501 SP6でも酷いレンダリング エラー が起きた、このソフト今回もダメな事が連発!騙しながら、なんとか納期に間に合わせる...これがプロの道具なのか...ご覧のようにモデリングは、なんの問題も無い!

0bad_013.jpg

こういったロゴ関連はテクスチャとかでバンプ等で手間を省く事はしたくないのでキッチリ、モデリングした!そうじゃないと自分も納得出来ないから...ご覧のように、なんの問題も無かったはず...途中、MD-4 Motor Drive のモデリング作業をしていたものの、一気にレンダリングする予定だったのでした。

0bad_014.jpg

ファインダー部分の切り離しスライドやフィルム巻き上げ部分もキッチリ、モデリングされているはず!そう!こうやって確認してからレンダリング作業に進んでいる!それなのに...土壇場になって、まともなレンダリングがされないという最悪な事態に突入!思わぬ番狂わせ!このソフト、レンダリング機能、信用出来ない

0bad_001.jpg

なに、これ!?モデリングは問題無いはずなのにレンダリングすると、こんな状態!これじゃ使い物にならない!ラッチ部分の部品に至っては面が完全に欠落している!

0bad_003.jpg

レンズ部分のメタル部分では厚みの堺が完全に空洞化してしまっている!なんなの、このレンダリング結果!材質設定にも問題はない!それなのに、こんな、いい加減なレンダリング状態が、そこかしこに点在している。

0bad_002.jpg

レンズ部分、このような凸凹においては、訳の分からない白い部分が...これはハイライトではない!この部分はゴムだし反射率も低いから、こんなハイライトは出ない!

0bad_004.jpg

しかも...マスクを確認すると...なにこれ!??あり得ないハイライト部分が透けている!なんといい加減なレンダリング結果!マスクすら、まともに使えない!しかも、こんなダメな現象が、あちこちにある。以前も反射部分がダメな現象が有ったが...面が欠なんて、もっての外!

0bad_007.jpg

ファインダー切り離しラッチ部分が、こんな無様な結果!左側のダイヤル部分も意味もない切れ目?そしてハイライト?なんなの、このソフト?まともなレンダリングが出来ないのか!?しかも、この結果を反映して...

0bad_005.jpg

マスクまでも、この有り様...皆、これで使えているのだろうか?こんないい加減なソフトで...

0bad_006.jpg

ダイヤル部分の、このハイライト?ってあり得ない!そんな反射率が高い設定になっていない!どうなっているのでしょう?これじゃ、まともに使えない!そして修正も膨大な数になる!酷い話だ!

0bad_008.jpg

解像度を高くしたレンダリング結果だと更に問題が増えていく!こんなの修正していたら大変...仮レンダリングでは問題無かったものだから次々に作業を進めて、このような醜態。全てのレンダリング結果を確認すると同様の現象が、そこかしこに点在している。

BAD_12.jpg

MODOユーザーは誰も騒いでいないようだが...皆、問題が起きていないのか?私のマシンは最速の新型 Apple Mac Pro!内容だって、2.7GHz 12コア、30MB L3キャッシュ そして64GB メモリーを積んでいる。そんなこんなで予定していたスケジュールでは、とても間に合わない!なのでブログ更新どころではなかったのです!馬鹿野郎!!それほど信頼性が低いソフトだったのかぁ〜!!レンダリングでは何度、裏切られたのだろう...信頼できるレンダラーを用意する必要がありそうだ。マスクすら、まともに使えない!

BAD_11.jpg

確かにモデリングは、使いやすいと思うが、最終的にレンダリングまでを考えると信頼性はグッと低くなるなぁ〜 そんな中、新しいバージョンのニュースが...これって酷い商売じゃないか?マイナーチェンジ・バージョンアップで問題を引き起こし、新しいバージョンに行かざるをえない状態に...そう思ってしまうぞ!501の時の、そうだった!

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する