♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Catalinbread Echorec Binson Tribute, Pink Floyd
Catalinbread_Echorec_01.jpg

おっと!今日は珍しく小箱が到着!メグが興味津々!食べ物?いや、違うんですね!なんとコンパクト・エフェクターを新品で購入しました。なんで又...と思われるかもしれませんが、これは深い訳?ってほどではありませんが、昔、叶えられなかった事情ってのが背景に有るんです。それは何か?

Catalinbread_Echorec_02.jpg

これは御覧のようにコンパクト・エフェクターです。それも新品!中古でもいいのですが探しても無かった!もしくは、中古なのに、それほど安く出ていなかった!そこで新品なのです。中古なら最低6〜4程度の売値じゃないと割りに合いません。最悪、故障ってこともありますから...それで中古じゃ洒落にならない!

Catalinbread_Echorec_03.jpg

さて、内容は、ご覧のとおりシンプルです。では、何かと申しますと...昔欲しかった「Binson Echorec」のデジタル版といった内容です。Pink FloydやLed Zeppelinが使用していた当時としては素晴らしいエコー・・チェンバーなんです。今でも中古ですが高価で取引されています。物はイタリア製!

Catalinbread_Echorec_04.jpg

一時は「t.c.electronic G-SYSTEM」を手に入れましたが現在は早々と手放していますw あれは大きくて重い!取り回しが良くない!音は良いんですが...やはりボリュームを回して感覚的に即、使いたい!それに強いあこがれがありました。こんな PinkFloyd のレコードジャケット「ウマグマ」裏の真似をしたり^^;

Catalinbread_Echorec_05.jpg

学生の頃は、とても買えないので使っていたのは Roland製品のSPACE ECHOE RE-201 でした。それでも、かなり高価!それはテープ式エコーなんです。ところが「Binson Echorec」は、磁気ディスクによるエコー・チェンバーなかなか手に入れられるモノではありません。これが当時の機材

Catalinbread_Echorec_06.jpg

そんな背景がありつつ...CatalinbreadからBinson Echorecをシミュレートしたコンパクトエフェクターが登場したのでした。流石に今どき中古の「Binson Echorec」を高値で手に入れてもメンテナンスを考えて使うのは避けたい。でも一度は「Binson Echorec」を使いたい!という気持ちを持っていました。機構的に4つの再生ヘッドによりディスクが1回転する間に4回リピート再生することが可能なのです。その再生ヘッドの組み合わせにより変化に富んだディレイ効果が生みだされるのです。

Catalinbread_Echorec_07.jpg

そんな構造をも再現し、更に安定した使用を実現した「Catalinbread Echorec」を手に入れないわけにはいきません。オリジナルの価格を考えれば格安です。面倒なメインテナンスも必要ありません。そりゃ真空管じゃないとか言ったらキリがないです。私の希望は十分満たしています。なんたって憧れの「Binson Echorec」を使える気分に浸れるのですから!



実際に、どのような音を演出できるのかお聞きください。今から30年以上昔はテープ式エコー・チェンバーでも手に入れるのは大変だった時代なのです。テープでもディスクでもメンテナンスは必要になるし...機械式は壊れやすい等など。



それが、こんな小さく多少手荒に扱っても故障はしない!凄い事です。デジタルって驚異的!そんな想いを抱いて使っています。いやぁ〜いい時代になったものです。今のように簡単にディレイ処理が可能な時代。この感覚は、あの時代を実体験していない方には理解される事は少ないとは思います。

$_57-1.jpg

この時代、こういった機材は欧米が先駆的なんです。日本は後追い。後出しジャンケン。発想は全て欧米。しかも必要とされる現場から生まれる。そこが日本と大きく違う。出来ている製品を分析し、より良い性能を安く出すのは比較的簡単。そんな商売をアナログ時代、日本、アジアは続けてきたからデジタルになり全く新しい発想を要求される時代となると手も足もでなくなる。

$T2eC16d,!)cE9s4Pu,iBBRN82I0lDQ~~60_57

若い人たちは、そういった背景も知らず氾濫する情報を当然のように享受し、あたかも自分が考えたように錯覚する奴も多い。それは現在の環境、時代が提供してくれたものなのに…「昔は云々」とは言いたくないが、そんな流れを認識していないから何様や勘違いな奴が増えるのも当然なのかな?「日本だって!」と言う前に、こういった発想は我が国では、それほど評価されていない時代的背景を認めるべき。

$T2eC16h,!)UE9s3wEgy(BR,LM)eLVg~~60_57

ほぼ確立された体系を更に良くし、研究、開発もすっ飛ばして使えば製品開発にも予算は必要ないのだから安く作れるのは当然。そんな商売で許されてきているアジア。これは音楽を創る本来の創造者達にも同様な事が言える。上澄みだけを利用している我が日本やアジア音楽関係者はたまた映画関係者、そして製品を生み出す様々な企業関連。全く同じ流れだよね?

file_zps968a7003.jpg

それじゃ発想力が養われるはずがない。育つような環境ではない。パクリと咀嚼して更に、その壁を乗り越える手法とは全く別物。それすらゴッチャにしている現状。猿真似は所詮猿真似。発想の源は何か?それを突き詰めていけば自ずと答えが見えてくる。だがしかし、この国は、アジアはいかに上手に猿真似出来るか?のほうが評価に値する土壌。まず、その点に疑問を持つような方向に社会的価値観の進路を変えられなければ無理なんだろうね!

file_zps981a8ca3.jpg
クリックすると大きな画像が表示されます。

0dave_01.jpg

こちらが、David Jon Gilmour氏の近況写真。彼の後ろに見えるのが、この Binson のエコー・チェンバーです。今でも手元に置いてあるのは、彼のギターと同じように彼のギター・サンドの要を成していたという事を物語っています。






テーマ:音楽機材 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する