FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



V for Vendetta
Vendetta.jpg

最近観たお奨め映画・・・
原作は、こちら。映画版は、こちらで・・・
でも、内容を知らないで観た方が良いかも・・・
Vフォー・ヴェンデッタ 日本語サイトは、こちら・・・

やはり日本のコミックとは異なり志が高いと感じました。
製作・脚本は「マトリックス (映画)」シリーズのウォシャウスキー兄だそうです。
その意味するところは・・・日本のマスコミが報道しているのとは違うようです。
自国の物を良く思いたい気持ちは理解できますが、客観性は大切だと思います。
やはり、何故この作品を採り上げたか?そこに答えがあると思います。

ジェームズ・キャメロン氏制作TVドラマ、ダークエンジェルで現れる
アイズ・オンリーとして政府と戦うサイバー・ジャーナリストローガンに
通じるところもある。まあ、良くあるパターンですけど・・・蛇足。
Ouverture solennelle <<1812>> op. 49を大音量で聞きたくなりました!

 
アニメ・・・反感を買うのを承知で書かせて頂ければ、
日本人に向いているのは「嵐の夜に」のようなレベルだろう。
稚拙な表現で、しかも先の見えた、ダラダラとした内容。
とても観られるようなアニメではなかった。

それに比べICE AGE,ICE AGE2は楽しく観ることができた。
「嵐の夜に」と比較すると、やはり日本の心理描写は幼稚だ!
しか~し!ここでも、えげつない!声優は、やはりプロを使って欲しい!

とてもではないが日本語では観たくない!何故プロが育たない?
こんな所にも原因があるのだ!レベル低すぎ。
事務所作るのも結構だが、こんな所に顔突っ込むなよ!

シャリーズセロンさんが如何に美しくてもイーオン・フラックス
は面白くないです。どんなに魅力的なポスターであっても・・・w
やはりマトリックスは素晴らしい!

ちょっと、やりすぎだが、トランスポーター2は、なかなか楽しめる。
前回のような楽しさは無くなってしまいましたが・・・
楽しめると言えば映画「The producers」もなかなか楽しい作品だ。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
はじめまして、ユキオ♪さん。 長文失礼します。
コミックの映画化らしく期待せずに見ましたが、アクは強いですがハマると楽しめますよね。 >「何故この作品を採り上げたか?」 私も予期せずに、その部分を強く意識させられました。「作家はウソで真実を語る」など、W兄弟・脚本の含みのあるセリフも印象的でしたね。(DVDで、Vがイヴィーに自己紹介する場面を英語字幕で観ると面白いですよ。)

近未来という設定ですが、映画の中の「マスコミ操作」や「官製テロ」を現実と重ねると、
今年公開された「意味」や、製作者の真の「意図」が見えてくるかもしれません…。 
最もポピュラーな9.11タブー追及映画「LOOSE CHANGE = ルース・チェインジ」が
「9/11 Truthムーブメント」意識を世界に広めて話題ですが、ご存知でしょうか? 
ディラン・エイヴリー青年(23歳)が監督し、夏完成の「LC 2ND Recut」等を通じて、
Vのように「行動しよう」と呼び掛けました。(平和的に。) 「仮面」の代わりが「黒のTシャツ」です。

06年の9月11日の再調査要求・NYデモと、次の日にその人々を伝えたはずのニュース。
(デモ参加者の人数の映し方の違いに注目…。) 9月11日は来年も訪れます。
http://www.911podcasts.com/files/video/TalkingAboutaRevolution.wmv
http://www.911podcasts.com/files/video/Zahn_LC.wmv

DVD発売前から「LC2」吹き替え版の「無料」ダウンロードが各所で開始されています。
日本語版の検索語「LOOSEチェンジ」の各国での報道などは、下記BBSの11/22を。
ご参考になればと。 尚、本文内容やLINK先とは利害関係はありません。
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://bbs9.fc2.com/php/e.php/cinepro/
http://www.harmonicslife.net/gallery/main.php?g2_itemId=775
【2006/12/15 22:45】 URL | W・R #YmM3ycEw [ 編集]

コメントありがとうございます。W・Rさん。
Official Loose Change Blog拝見させて頂きました。
日本には特に、こういった視点は必要なのですが、我々日本人は
完全にコントロールされてしまっていることすら認識していません;;

>Vがイヴィーに自己紹介する場面を英語字幕で観ると面白いですよ。

確かに!現在、暗記中です^^;
I can assure you, I mean you no harm.

Who are you?

Who
Who is but the form following the function of what
and what I am is a man in a mask.
-Oh, I can see that -Of courese you can.
I'm not questioning your powers of observation.
I'm merely remarking upon the paradox
of asking a masked man who he is.
-Right -But on this most auspicious of nights
Permit me then, in lieu of the more commonplace sobriquet
to suggest the character of this dramatic pesone.

Voila! In view, a humble vandevillian veteran
cast vicariously as both victim and villain
by the vicissitudes of fate.
This visage, no more veneer of vanity
is a vestige of the vox populi,
now vacat, vanished.
However, this valorous visitation
of a bygone vexation stands vivified
and has vowed to vanquish these venal
and virulent vermin vanguardig viece
and vouchsafing the violently vicious
and voracious violation of volition.
The only verdict is vengeance.
a vendetta held as a votiove not is vain,
for the value and veracity of such shall one day
vindicate the vigilant and the virtuous.
Verily, this vichyssoise of verbiage
veers most verbose.
So let me simply add that it's
my very good honor to meet you
and you may call me V.
【2006/12/15 23:22】 URL | Yukio #- [ 編集]

「911ボーイングを探せ」は・・・
http://tasan.blog47.fc2.com/blog-entry-366.html
こちらで既に話題として出していました^^
この映画は非常に不愉快きわまりない内容と認識しています。
映画としてのレベルも最低です。
そして私はMac使いなのでWinは嫌いです^^;
とても興味あるコメント、感謝しています。ありがとう!
【2006/12/15 23:27】 URL | Yukio #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/302-f8abb77a