♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



CD到着
0CD_Guitar_01.jpg

Kin Pat Metheny, の新作を予約してありました。以前はUnity Band でしたっけ^^;マルチ・インストゥルメンタリストであるジュリオ・カルマッシを加えた5人組、ユニティ・グループへと進化したらしいですw それにしても精力的に活動していますねぇ〜驚かされます。

0CD_Guitar_02.jpg

今回、届いたギター関連のCDで一番、安心して聴けました^^;楽曲は勿論、演奏、音質も素晴らしい!こういった作品こそ、お金を払っても聴きたいです。大人が聴いて納得できる作品群。成熟した大人文化が、そこにはあります。そして、こういった選択も出来る社会。このような音楽が支持させる土壌。日本では無理でしょうね...

又とても邦楽に金は払いたいとは思いません。パクリも多いですが、今度はゴーストライターですか?「現代のベートーベン」だと笑わせる。それだけの実績があるのか?残した作品に糞と味噌の違いがある。何かと言えば日本のマイケル・ジャクソンとか言い出す始末。音楽そのものが評価される訳じゃない土壌、日本。箱書きが重要。障害者であるが故の物語だと?笑わせる。どの業界にもある話とはいえ国内、程度が低く過ぎる。障害を逆手にした商売が横行し過ぎる音楽業界は既に末期的と感じる。

なにせ主題と言える音楽そのもので勝負できないような悲しい状態。はたまた性を売り物した喜び組的な集団とかw とても創造的とは言い難い内容ばかりが邦楽。そんな奴ら男女とも操り人形だろ?国内、権威主義体制そのもの。何事も染まり易すく多くの業界で一極集中現象が起き易い。選択の幅が異常に狭い。というより権威者から 与えられる事に疑問を抱かず無条件で受け入れ易い。個々の判断基準が曖昧というより無いに等しい風見鶏的感覚。それこそが皆一緒と安心感と一体感を生むらしい...

そんな価値観をアニメ主題歌など幼い頃から無条件で刷り込まれ無垢な感覚を麻痺させられる訳だ。この悪循環を延々繰り返してる国内。安易は商売をしているものだから、とても世界レベルでの市場で戦える訳がない。しかも、そんな感覚を植え付けられるものだから選択眼も失い、柵を壊されても逃げられない羊同様に飼いならされている訳だ...そうなれば良いも悪いも自発的に判断する事も出来ない状態となる。酷い価値観ばかりが蔓延している。無理だよな...

0CD_Guitar_03.jpg

Infinite Desire Al Di Meola, こちらは少々古いです。既に9年前の作品です。聴けば、こちらも彼と判る内容。最近は、やたらと技術ばかりを誇示したい若手が多いですが、やはり楽曲が洗練されていなければ面白くありません。彼も悩みながら自分の方向を模索しています。

0CD_Guitar_04.jpg

そういった姿を観られるのも海外アーティスト。それこそが芸術家と呼ばれる所以。邦楽など学芸会が殆ど。毎度、同じ事の繰り返し。成長は無し!もしくは欧米の上澄みばかりを真似る内容ばかり。とても聞けません。音楽に対する姿勢が全く違うし要求される品質も大幅に異なるのが国内事情。まあ、これは以前から何度も書いている様に「鶏が先か卵が先か?」って堂々巡りの話。何れにしても改善される余地は全くありません。

0CD_Guitar_05.jpg

いやぁ〜爺さんになりましたなぁ〜 Time Steve Howe, 個人的には...チョット飽きました^^;欧州の方ですから、その根っこにあるのがクラッシック音楽。J.Sバッハ、ヴィヴァルディなどの楽曲もあります。しかしオリジナル曲。ありがちな展開。どうも古典回帰といった内容なのでしょうか、面白さは全くありません。YesのメンバーとしてはLife Within a Day , Squackett のクリススクワイアさんの方が若々しい。

0CD_Guitar_06.jpg

また、同じYesのギタリストだったトレヴァー・ラビンさんの方が聴いていて楽しめました。彼の方がコンポーザーとしては成熟していると感じます。そんな彼も 1954年1月13日 (60歳)ですか...スティーヴ・ハウさんは、1947年4月8日 (66歳)皆、老いておりますね〜^^;クリス・スクワイアさんも 1948年3月4日 (65歳) ジョン・アンダーソンさんに至っては、 1944年10月25日(69歳)そっかぁ〜もうすぐYesのメンバーも70歳になりつつあるのか...



テーマ:CD・DVD - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する