♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



element-Vs By Tangent Wave Ltd.
vs_tk_500pixels.jpg

本家Webサイトでは、Coming soon!と表示されていますがっ!
なんと公開されているではありませんか!まだ、他にやる事があって使うまで至っていませんが、ご報告まで!element-Vsが出ています!appにしては少々お高い部類になります、なんと ¥14,800です。ただハードの値段を考えればお得感が^^;私もArtist Color 旧 Euphonix MC Color elementを所有していますが中古でも、そこそこの値がします。

vs_mf_500pixels.jpg

以前の「vWave-Lite Control Apple Color from your iPad」も使った事がありますが、今回は本格的なappの様です。それだけに価格に見合った内容を期待できるという訳です。基幹ソフトも、さることながら、こういった周辺機器アプリも欧米産で網羅されている現実。これがデジタル世代なのでしょう!もはや、このジャンルには日本製品は殆ど見る事はありません。



最新 iPad Air も持っている事ですが...さて、買ってまで試すべきか?答えはNo!です。既にハードはあるし、それだけ予算を出すなら「GroBoto v3 OSX & Win」を購入したいところです。多分、購入しても iPad Air の肥やしになるだけでしょう!それに旧バージョンで使って大凡の感じは判っています。そこで判った事は触覚の大切さですからw ハードを所有している今、更に、そんな事を確認するために購入なんて酔狂な事はしません。

vs_kb_500pixels.jpg

こういったAppも必要とされるから仕事が生まれる訳で、そんな土壌が無い国内では全て欧米産のソフトを、そのままローカライズした方が効率的というか上澄みだけを使う!昔のヘリカルスキャンタイプの記録機材などは既存技術の修練の賜物。アナログ時代には超小型化や精密機材に大きな価値がありましたがデジタル世代は発想力と実現力を試されます。同じ事をしても駄目なんです。そこを理解しない日本人は業界内でも大勢います。土壌の違いを理解しないから、その差は開くばかり也。

element_Vs_02.jpg

カメラは欧州から派生して、それを真似た日本製品。後に追いつけ追い越せの精神で欧州製品より安く高性能なカメラを量産していますが...あくまで既存技術の修練。デジタルも初代モデルを所有しています。小型化も日本製品より欧州製品の方が一枚も二枚も上手。そんなカメラも仕事の題材にしています。

01 The Summer Blockbuster Colour Grading Tutorial from Juan Melara on Vimeo.

印画紙カメラ同様、動画撮影用カメラも同じ事が言えます。そしてトーキーには書かせない録音機は古くから「Nagra」が活躍していました。こんな機材もSF映画にも登場!そのプロフェッショナルな風貌は現実感を伴います。小型化といば日本製より優れていました。振り返って、そこがオメガクラスになれない日本製って事なんですよね...同時代のプロ録音機を比べれば本来の力量が丸わかりです。

更に古いオープンリール・テープ・レコーダーを比べてみましょう!「1967 SONY ES-22T 2-Track オープンリールテープレコーダー」なんと無骨なデザイン。機能的な感じは皆無。当時の技術ってのが判るという物です。そして多重トラック録音の発祥は...「Mr. Les Paul 生誕96周年 Doodle」間違っても日本ではありません!そこなんですね!発想の源ってのは...「StuderA-800MK1&MK3 24トラック-アナログマルチ」まで進化しました。その後デジタルへ、ちなみに、これ御存知でしょうか?



日本の技術というのは既存技術の修練が殆ど。デジタル世代になって、その手法は全く通用しなくなりました。そしてソフト的な発想こそがハードを牽引しているのです。合成技術も素晴らしい!ちなみに、そこで使われる基幹ソフト群は、プラグイン等も含め殆どが欧米産で有る事を忘れてはなりません。その使い方は創造者である彼らが編み出しているわけです。我々は、その上澄みを真似て使う。昔から、この流れは、なんら変っていません。違う所は、アナログ時代とは違い、良くして行く(バージョンアップ)作業も彼ら自身がやれるという事。そこには古くから言われてきた日本の技術の居場所はありません。

こちらからDLしてください。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する