♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Arturia V Collection3 Activation
0vC3_01.jpg

これだけのハードをバーチャルとは言え使えるってのは驚き!だって、この中で本物を使った事があるのはリズムマシンのTR-55だけじゃなかったっけ?他は高くて学生の身分には無理な相談。ジュピター8、欲しかったんだよなぁ〜プロフェット?夢の又夢。モジュラータイプはSystem-100Mが精一杯!そんな思い出のあるシンセ群を一気に揃えてしまった気分に浸れる!エレピ、リズムマシンは、おまけだって^^;参ったねw

0vC3_02.jpg

サーバーがダウンしていて使えなかったが、やっと起動し始めたようだ...これが何かのトラブルで起動しないのか本当にサーバーダウンなのか定かでないところが厄介な事もあるからなぁ〜

0vC3_03.jpg

eLicenser Control Centerで、アクティベーション・コードを入力します。

0vC3_04.jpg

これで一安心。まった面倒な事、この上ない。しかも一回きりしか登録できない!なんで正規ユーザーが苦労するようなプロテクションばかりなのかなぁ〜?

0vC3_05.jpg

問題なく登録できたら早速、起動!まずは憧れのModular Vでしょ!コードの、たるみ、ちょっと触ると揺れる!なかなか良い感じ。アナログシーケンサーも有るのが嬉しい。これをADSRに使えば結構、複雑な音創りができたりする。なにせシーケンサーのステップを使って音の立ち上がりから減衰まで設定できるからね!でもカタログは今でも持っているRoland SYSTEM-700だって買えなかったんだよなぁ〜未だにカタログを持っている。System 100 は友人から借りた事がありますけど...

0vC3_06.jpg

バンゲリス氏と言えば、この「究極のポリフォニックシンセサイザー」と呼ばれたヤマハ社のCS-80の音なんだよな!そうそう新バージョンV2なんだよね。以前のバージョンは調子悪くて使えなくなっていた。ハードもメンテが必要だけどソフトも常に新しくしないと使えなくなるんだよね...

0vC3_10.jpg

そしてMoogが来ればARPでしょ!ARP2600 V2って言う事は、これもバージョンアップしているんですね。こちらも「MOOG MODULAR V」ほど大型ではありませんが双璧?だったシンセですね。とても高価。

0vC3_08.jpg

そして有名過ぎるMini Vですが、ミニとはいっても、こちらも未だに帰る様な代物ではありません。この辺りの機種が、あるならPINK FLOYDファンとしては是非、次回は、VCS3も追加して欲しい所です。こちらに「New free plugin based on VCS3 sim : Kx-Synth-x16」ってのがありますが、完成度の高い製品版を使ってみたい!

0vC3_07.jpg

そして、重厚な音質という印象の、Oberheim SEM V こちらも相当、高価なマシンでした。触りたくても無理なマシン!信濃町ソニースタジオで働いていた頃、これの実機をスタジオ内で触らせて頂いた。

0vC3_09.jpg

Sequential Circuits社の「PROPHET 5」にはビックリしました。初の音色メモリ可能なポリフォニックシンセサイザーですから!そして170万円という怒濤の価格でした!今では信じられない価格ですよね^^;NATIVE INSTRUMENTS PRO-53は随分使ったけど最近、死んでいる。だから丁度良かった!

0vC3_11.jpg

国産、Roland が 1981 年に発売した Jupiter-8も64音色のメモリーが可能で、デュアル・ボイス機能、2つの音色を重ね、4ボイス・シンセサイザーとして使えます。出た当時はMIDIには対応していませんが改造可能だったそうです。これも欲しかった!当時980,000円ですからね...

0vC3_12.jpg

0vC3_13.jpg

このように複合したシンセとしても使えるのが魅了。

0vC3_14.jpg

おまけのリズムマシンも...

0vC3_15.jpg

唯一持っていたのが、この製品。しかもコンテストの副賞だった^^;後に同じくコンテストの商品としてSystem100Mを頂きました。

0vC3_16.jpg

同じく、おまけですが...Wurlitzer Vも、なかなか凝っています。





テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する