♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Autodesk Inventor Fusion
0fusion_500.jpg

なんとAutodesk Inventor Fusionという無料の3D CADってのがあるんですね!CAD(computer aided design)ですから、同じ様なMODOMayaとは少々違い、どちらかというとRhinocerosに近い使い勝手だと推測できます。という事は図面に沿っての立体形成や、3Dプリンティング目的に向いているようです。今回、穴あけに興味を持ってダウンロードしインストールしてみました。Mac版はApp Storeから!

0Inventor_Fusion_00.jpg

起動し、制作する画面は、こんなシンプル!アイソメトリックス表示になっています。そしてGoogle SketchUp的なアプローチのようです。幾何学的な形状を組み合わせ立体を構成する手法でドラフターを使って作図ずるような感覚に近い感じ。MODO Maya は、そこまで厳格に形状寸法を意識せずにモデリングできます。ある意味、設計図が無いと困るようなソフトですね。まず具体的な寸法が足がかり。

0Inventor_Fusion_01.jpg

逆に穴あけなどはポリゴン系では面倒な事が多いですが、結構、ブーリアンとか使っても満足いく結果に終わらない事が多いです。しかしCAD系ソフトは、御覧の様に寸法キッチリにできます。これが何と言ってもCAD系モデリングの強みですね!逆に感覚的な処理が面倒というより正確な採寸が出来ていないと困る!それとマシン的に処理能力がトロイと描画もスムーズではありません。

0Inventor_Fusion_02.jpg

とは言え面の傾斜等は後から面を選択し、いくらでも編集は可能なので最初からキッチリした平面図が必要と言う訳でもありません。性格的にキッチリしている人には、この方が気分よく作業できるかもしれませんw 数値でキッチリ管理できますから!正にCAD的な処理方法。ある程度適当な扱いもできますが、やはり図面が有ってのモデリングでしょう!写真を下絵にモデリングとは違います。

0Inventor_Fusion_03.jpg

画面表示も御覧の様な表示方法を選択できます。まだ起動したばかりなのですがショートカットが無いのかな?此れを一々マウスで切り替えるのは面倒ですからね...トップにあるアイコンだけでメニューがありません。呼び出すのはポインターのある位置から必要な道具を表示する感じです。詳しくは、「Introduction to the User Interface」を御覧ください。

0Inventor_Fusion_04.jpg

選択する方法も、このようにプルダウンメニューからではなく、こういったダイアログが現れて選択方法を決める事ができます。UI (user interface) も新しい感じで洗練されれているような気がしますが実際に使い易いかどうか?それは本格的に使える様にならないと判らない所でもあります。高度な事が可能になればなるほどメニュー関連はごちゃごちゃするものです。どれだけ作業に沿った使い易さに生理されているか興味はあります。具体的な作業方法は、「Learn about modeling」を御覧ください。

0Inventor_Fusion_05.jpg

作業手順に必要なダイアログが逐次表示されるのはとても親切設計だと感じます。メニュー階層が深いと探すのも面倒だし最初に覚える事が多くなりますからね!やりたい事をしている時に、こういった表示方法は現実的で実用的だと感じます。だからと言って今やっている仕事に直結して使うか?となると、どうかな?1つのソフトに慣れるのも、それなりの努力が必要。そんな必要性と気力と時間があるのかな?他にも、このような事ができます。「Understand and use bodies and components

なんたって、こういったソフトが無料ってのは凄い事です。裾野は広がるばかりなり!凄い時代だな...昔は、こういったソフトって高い金払って購入していたんだから...

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する