FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



CAMPAGNOLO
01_500_20131013185455f3e.jpg

CAMPAGNOLO(カンパニョーロ)は、トゥーリオ・カンパニョーロによって、1933年ヴィチェンツァに設立され、性能、技術革新、製品とサービスのクオリティといった3つの基本的なコンセプトに集中することで、その業績を伸ばしてきました。創設初期には、いまや伝説となったジーノ・バルタリやファウスト・コッピらをビッグレースの勝利に導き、今日に至るまで多くの勝利をユーザーであるトップレーサー達と分かち合っています。

カワシマサイクルサプライより抜粋

The official Campagnolo web site

02_500_20131013185456f54.jpg

この題材は、自転車関連で私は詳しくないのですが、前回同様、3D作成。イギリスさんからのご要望で作成しました。形状が当初、思っていたよりも複雑?な感じ^^;やり出せば直ぐに終わるのにダラダラしている時間が長かったようです。素材設定をして高解像度でレンダリングするのみです。前の題材は3DのみならずIllustratorでも作成しました。この品質で3D、Illustrator両方に対応できる所は少ないでしょうW

03_500_2013101318545824d.jpg

この状態でも細かい所のミスが判らなかったりします。テスト・レンダリングをして、更に高解像度レンダリングしないと詳細部分での状態が判明しない場合も!バランスも確認しつつ修正をして完成に向かいます。ある程度のところで切り上げないと、なかなか終わらないので思い切りも必要だったり^^;ウダウダしないて終わらせます。今回は、HDR Light Studio4 を積極的に使って仕上げる予定でいます。

04_500_20131013185500c06.jpg

05_500_20131013185501eca.jpg

06_500_20131013190237446.jpg

07_500_20131013190235c73.jpg

08_500_2013101319023494a.jpg

09_500_20131013190232a69.jpg

10_500_2013101319023107a.jpg

11_500_20131013190354541.jpg

12_500_201310131903524a1.jpg

13_500_2013101319035146e.jpg

14_500_20131013190349fb4.jpg

15_500_20131013190348cd5.jpg

16_500_20131013190501e4b.jpg

17_500_20131013190459c93.jpg

18_500_2013101319045858d.jpg

19_500_201310131904564e1.jpg

20_500_20131013190455d10.jpg


大きな画像は、こちらで確認する事ができます。部品をバラして個々にモデリングすれば良いのでしょうけど^^;そこまでしていられません。それはモデリング上で個々に作成し、仮想空間で組み立てる!その手法で効率的に仕上げました。次回作は、ウダウダしないでサッサと仕上げるようにしたい!作業し出せばアッという間に終わるぐらい早く仕上げられるのだから...せかされないのも考えものだな^^;と贅沢な事を言ってみるw


テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する