FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Nagra T-Audio 機能美 実存感
0nagara_01.jpg

邦画、それもSFなどの特撮やCG、合成等が絡む映像で一番、違和感を感じてしまうのが実存感の乏しい如何にも適当にでっち上げられた舞台と、それを取り巻く機器。ひと目見ただけでウソっぽい雰囲気の中、駄目な脚本による、救いようのない演技、演出。まあ、それだけで、しらけて、とても物語にのめり込めない状態に...何故、そうも拘りが無いのか?それとも無知なのか?この映像が話題になる中で一人として映像関係者は気に留めない!それこそが問題ではないだろうか?若い世代だから?それは違うと思う。

0nagara_02.jpg

確かに一般的に、このような機材が劇中に出ていたからといって、知っている事を誇ることではないが、問題は、そこではない!このような機能美を持った実際にプロの現場で活躍している機器を配置する事で物語の存在感が、より現実的になる為の演出。どんなにデザイナーが適当な機器をでっち上げたところで所詮、そのレベル。そう実存感を伴ったレベルに達しない。プロの道具には、素人では想像しえない現場で必要な機能や構造で成り立っている。

0nagara_07.jpg

印象的な「静」になる、このシーンでNagra T-Audio 全体像が確認できるのだが...この機器を配置する事で実存感がグッと引き締まってくる。何故なら、元々、この機器がプロの現場で、絶対的な信頼を得る機能と美しさを誇っているからだ。そのプロ機材としての存在感があるからこそドラマに、より一層、現実感を与えられる訳なのだが...

0nagara_05.jpg

劇中では暗いシーンに埋もれがち、しかもアップ画面が多いので判りにくいが、この機材の全容が、これだ!メカニカルで機能美に溢れている。なので私の作品題材としてもNgraは再三使わせて頂いている。経験の浅い無知なデザイナーが適当に捏ち上げる機器とは一線を画す存在感と格調があるからだ!それは本物でしか表現し得ない表現力。

0Nagra08-.jpg

この面構え。伊達にスイッチが並んでいる訳ではない!プロの仕事を実現させる為の様々な機能が、この機器を形作っている。故に、その構造、構成に説得力があるのだ!その視点!その拘り。何故、この機器を映像に巧みに織り込んでいたか?その物に宿る宿命をも表現として利用しているのだ!現実にはアナログ機器。デジタル世代になった今では、こういった目に見える駆動部は不要になっているがメカニカル要素を表現するにはアナログ機器、それも、こういったプロの中のプロ機材がうってつけ!

0nagara_06_20131013135334499.jpg

細部に渡ってプロ機器、故の構造になっている。このように保守もし易いように徹底。何時でも最高の道具として対処できる様に考え抜かれている。そんな素晴らしい機器を適当に数日、数時間でデザインできる訳が無い!故に、こういった小道具でさえ一流を配置する訳だ!そう、この視点が邦画に限らず、日本には欠損している。萌え、オタク、キャラ路線、目先だけ的な上澄み視点。それじゃ存在感ある舞台やドラマを構築できるはずがない!



この機器の動きも合わせてご覧頂きたい。この構造に至には、必要とされる機能実現にプロの技術者が全身全霊をかけて創造している。この凄味は伊達ではない!だから映像に説得力が嫌が上でも加わる。それを狙った起用。単にCGデザインによる安易な造りでは表現し得ない境地がプロ機材にはある。結局、ものの本質を見抜く力が重要なのだ。そんな視点、拘り、追求芯、探究心が、我々にはあるのか?

Keloid from BLR_VFX on Vimeo.

そういった視点を持って、この素晴らしい映像を観て頂きたい。どんなに拘って実存感溢れる映像を追求しているか多少は理解できたと思う。それにひきかえ邦画界も含め日本的視野とは?やはり幼稚だと言わざるを得ない現実がある。私が、このNagraに拘る理由もそこにある。言うなれば、その時代に人類の英知を傾けて創造された機材への敬意。

SIM VFX Demo Reel from SIMVFX on Vimeo.

加えて、CG VFX こういった表現でも同様に細部に至観察力、再現力を含め、拘りを感じる事ができる。同じソフト、道具を使っても、これほどまでに映像的品質の違いを感じる原因とは?こういった事に積み重ねではないだろうか?発想力も含め、普段から接する品質の重要性が隠された答え。そう、音楽も世界基準で通用しない邦楽も腐っている。

0nagra_123.jpg

ちなみに、操作パネルは使用時には、このように上へ跳ね上げて操作し易いように出来る機構。格納時と使い勝手を両立。操作板が跳ね上げられるのは便利。

ナグラ オーディオ

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する