FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



発想と実現力
0Dolly_01.jpg

最近のyoutubeに表示される、ブラウンの宣伝がうざい。とくに修造。テニスやっていないんだから、もうテレビに出るなよ!さすが御曹司。それが日本流なのか?本職じゃ、もう売れないからなぁ〜でも、それって変じゃない?

さて、こういった手法。魅せ方が素晴らしい!そして最初に、やる事が凄い!以前からある手法を異なる切り口で魅せるって半端ではないアイデア。そう、そこまでに到達するのが至難の業。そういった事をやるには独創性、実現力、文化的、経済的な余裕。表現の探求。人と異なる視点。それらが我々日本人には育つ環境が揃っているのか?そこが、これから日本が世界で生き残れるかどうかの大切な部分。

0Dolly_02.jpg

まず、こういった事は芸術系や映像系の大学で発想が出て来て欲しい!しかし未だに古い体質。若者も古い教授から受ける古い感性のトレースのみ。例え発想をしたところで実行力に乏しく、実現できるほどの力量が無いのが現状。そもそも発想自体が生まれる体質でも無い。だいたい国内で目にする耳にする品質が低過ぎる。プレゼンテーションという言葉は横行しているが、どれほど洗練されたプレゼンテーションを体験していると言うのだろう?身近にテレビやドラマでも欧米と比べてみるが良い。あまりに低品質で愕然しないのが、おかしい。でも、そう感じている人達は圧倒的に少ない。

端的に音楽も、市場を世界を相手にできる内容でしょうか?日本のマイケルなんて観たく無い。だって世界には本物がいる。殆ど多くが上澄みを真似ているのが多い訳で国内、アジアなら、それで商売にもなるかもしれませんが最先端の世界相手には二番煎じ三番…となる訳で見向きもされません。プロジェクション・マッピングという言葉も表現も全て発想の源は海外。そして、こうやって様々な手法が発案され提案されて行く中、日本の技術って何?そこには一番重要なソフト的、発想が欠如しているではないですか!?そんな人材を育む土壌も無い。それが実情。なんたって、こういう技術を知って、これから初めてお勉強を開始?する日本の教授陣、大学レベルって情けない。

まずは、こちらを最初にご覧頂きたい。

Box from Bot & Dolly on Vimeo.



手品にも応用というより、このような発想自体がマジックなんです。アップルのジョブス氏も事あるごとに引用されている新技術の使い方とマジックの関係。新しい技術を、どのように利用し魅せるか?それはマジックと同じ感性なんです。それは豊かな発想からしか生まれません。ご覧頂いた映像は、特別目新しい物では有りません。しかし比較的新しい技術の組み合わせにより実現されています。そして一連の動画の流れも魅せるという観点からも洗練されています。しかも!どのように作成されたかという種明かしまでも部分的に出は有りますが公開されています。



こういった機器は多くが映画での撮影要求から生まれる場合が殆どです。例えば、カメラのモーションコントロールに使われた、この機材。実写と3Dとの合成には、無くてはならない機器です。これは工業用ロボットより動きの再現に特化しています。そして3Dソフトと連携した動作の制御が可能なので、このような使い方に利用されている訳です。映画産業では特に有名な3DソフトMayaによって制御されているそうです。単に映像系のAfterEffectsやプロジェクターがあれば実現できるという単純なものではありません。



以前の私のブログでも「HOLLYWOOD CAMERA WORK」として3年も前に、ご紹介済みです。どのような流れで脚本と映像表現が結びつくかを視覚的に理解できる教育がアメリカではされています。ここで使われているのはMaya。そんな教育を日本の映像系の大学では、理論的にキッチリ教えているのでしょうか?まあ、プロの仕事としてのテレビ作品を観れば、その違いは一目瞭然なんですが、ど〜も関係者は自画自賛派が多いようで...今は、昔と違い、多く優秀な映像機器が手軽に使える様になっています。例えば「Swivl」自動パン、チルトスタンドなど利用可能ですよね?高価なプロ機材に頼る事無く、こんな「IKEA HACKER ? EOS 7D + DIY dolly」も可能です。この場合、カメラの正確な動きは再現できませんが^^;

さて、このアームが活躍している「Gravity: vfx that’s anything but down to earth」のサイトも是非ご覧頂きたい。必要される表現が生んだ道具だという事が理解できます。





テーマ:仮想化 - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する