♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Unreal アンリアル・エンジン、ゲーム エンジン 映画
0game_001.jpg

Unreal アンリアル・エンジン、ゲーム エンジンを使って表現の幅を広げる?それにしても鍛えられている。映画産業、同様、ゲーム産業も、これだけ鍛えられている。市場が違うって言ってしまえばそれまでだけれど、何時の時代最先端は欧米なんだよね。自我や個性の強い人材が多い欧米でありながら生産効率を向上させる設計も考えられている。




これだけの映像をゲームで実現している。それが今の映像技術。その上で発想力が問われる!それが既にゲーム産業では標準的な表現力として認知されている。当然、映画では、これ以上の品質、もしくは新しい世界観を期待されるのは必然的な流れ。



このようにメカニカル・デザインも含め映像的な表現力、生産効率も含め高度に進化している。それを牽引しているのは欧米の人材という事を忘れてはならない。その基本コンセプトも同様。その世界で活躍している日本人スタッフも、あくまで、そこに参加している一人材に過ぎない。



「A Futuristic CGI VFX Short Film HD: Award Winning "Project Shell" by - Blow Studio 」音も音楽もカッコいい、見せ方も上手い。そういったプレゼンテーション能力も鍛えられ方が違う。そう退屈な学校での授業などで培われる感覚では太刀打ちできない。そういった普段からの積み重ねた感覚が重要なのだが我々、日本人は、その事に全く気づいていない。



現れ方といいスケール感の演出が素晴らしい!そんな演出をしているカメラワークに注目すべき!折角の舞台に揃った役者、マシンや環境も含め魅せ方、カメラワークが稚拙ではぶち壊し。それも理解できていない邦画界。



モデリングも、さることながらテクスチャー、空気感、表現の上手いこと!そして、それらを効果的に魅せるカメラワーク。しかも演技やアクションに追従するようなカメラワークと編集が一体となったテンポの良い的確な表現。この辺りは、邦画や国内のテレビドラマでは全く話にならない。



まったく、音も素晴らしいが映像が驚き!殆ど全部CGじゃないの!なんと自然な感じに仕上げているのだろう!こんな映像を実写では、とても困難!しかも、このカメラワークだもんなぁ〜計算され尽くしている。どう映像として展開していけば臨場感溢れる映像表現が可能かを常に追求しているからこそ!



殆どセットというよりCGI VFX のオンパレード!溶けるぅ〜苦しそうぉ〜って表現も凄い!想像出来る事は殆ど創造可能ってぐらいの勢い。アイデアも無ければ表現する手だても無い我々には、とても無理な話なのか?例え同じ道具を使ったところで使いこなしが付いて行かない。となれば欧米で携わって来た人材や企業にお願いするのがオチ。その時点で創造的ではないよね。上澄みだけを利用しているに過ぎない。



動画でPhotoshop的な使い方も今では普通な感覚なのか?実写との融合となると何処までが実写なのか、もう判らないほどの表現力。マシンの重量感、実存感は日本の邦画には真似できないほど!そこなんだよ昔から!そしてマシンや世界観の拘り。そんな細部に渡る追い込みが足りない日本。えっ!予算が無い?そりゃ仕方ないでしょ!市場が国内、良くてアジアなんだから。だったら世界を相手にできるようになるべきじゃない?それには現状の人材では絶対に無理!しかも、これから育つような若者でも、その芽を持っている人材は国内では育たない環境。それを理解していない古い体質は昔から続いている。

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する