♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



宇宙もの 映画 アニメーション
0SPACE_01.jpg

これを観て...宇宙戦艦ヤマトの元ネタか^^;と、思いました。なにせ宇宙戦艦ヤマトのテーマ曲って、Emerson, Lake & Palmer - Karn Evil 9 3rd Impression のパクリっぽいしね.. 所詮、元ネタの多くは欧米からってのがアジアの宿命なのか...それなりに成長すれば、そりゃお互いに文化の違いを尊重しつつ影響し合うのは当然の事。ただ、発想の源という意味ではアジアは多くが後追いというのは昔からですし全ては、これまでの歴史が物語っています。

0SPACE_02.jpg

凱旋門と言えばエッフェル塔。そのパクリが東京タワーとか^^;そりゃ仕方ないですよね追いつけ追い越せで高度成長期を通過して来た訳だし^^;それに続き韓国、中国そして他のアジア諸国も追従している。それはコンピュータ文化も、それから派生している様々な技術に至まで流れは同じ。我々アジア人に欠落している重要な部分。発想、着想、想像力。映画での映像を観ても、その流れは、これまで通り全く変わっていないのが悲しい。それは要求されない土壌だから育たない。育てない。必要ない。金にならないとなる。



最新の宇宙もの映画とか...何なの「フォトリアル」って?なんかさぁ〜ネット社会を甘く見ているのかなぁ〜昔なら業界人しか知らない事が多かったかもしれないけど、今は情報が氾濫していて興味があれば、トコトン調べる事ができるし、やる気があれば相当な事も実現可能なのだよ!個人でも!それを実現させる為の道具も欧米で多く開発され、出回っている。昨今では、そんな程度の事、素人さんでも知っている。何が「フォトリアル」って事なのかな?聞かぬが花...遊びでも今なら素人でも、この程度は、やりますから!



同じ宇宙もの予告を観た限りでは...格の違いを感じる。スピード感、重量感、実存感、カメラワーク、音場、音楽、編集力、総合的に大人と子供の違いがある。スターウォーズからの伝統を感じる!実在感は素晴らしい!スピード感溢れるカメラワークと息をもつかせない編集の妙。合成力。空気感。奥行き。計算された実写とCGの切り分け!やはり生身の人間の魅力ってのも、まだまだCGでは表現仕切れない領域だよね。体型も最近は信用できませんけどね!いやぁ〜これが3年前ですから今はもっと進歩しているでしょう!



絶妙なFXの効果なども結局は欧米で開発されたプラグインやソフトの機能が鍛えられ合成技術と相まって素晴らしい仕事をしている。光系は、どうも邦画CGはCCDカメラのスミア系の表現なのかもしれないが不自然な感じが否めない。それを言い出すと機器や乗り物、汚し、大きさの表現など実存感に乏しいのは昔の一目観れば判るミニチュア映像を見慣れてしまった悪影響なのか?「Star Trek: Into Darkness: VFX makes it so」も、あわせてご覧ください。



ついでに宇宙もので同じ作者のアニメ。どうも昔から馴染めない。そして毎度、同じ台詞をよくもまあ何度も...好きですね…それにしてもアニメといえどもカメラワークが酷いなぁ〜そんな映像を刷り込まれているから無意識の内に、この程度のカメラワークに慣らされる。何時迄も幼いと思うよ!それが日本式なんだろうけど…馴染めない。アニメ系ってクサイ台詞が多すぎるよね。悦に入っているって感じの...自意識過剰。そして何かと怒鳴っている。それで緊迫感や迫力を補完しているつもりなんだろうね。安易だよ。

蛇足ですが...日本に、よくある真似パターン!皆が好きなガンダムで出てくる「赤い彗星」シャア・アズナブルって明らかに、レッドバロンの影響だよね!それとは別に日本の大型ロボット物でも同名であるけど...そもそも大型ロボットの元祖的存在、鉄人28号だってルーツは欧州にあるし、敵対するロボットの名前もブラック・オックスとか果てはローマ神話の酒神バッカス (Bacchus)なんて名前も。ギルバートなんて名前もありましたね!作者はロボット学者・不乱拳博士そうそうフランケンもいた!ロビーというロボットも!「禁断の惑星」(Forbidden Planet)は1956年製作のアメリカ映画にロビー・ザ・ロボット(Robby the Robot)ってのがあった!「超人間・ケリー」は好きだった。閑話休題


Making of Star Trek Into Darkness 投稿者 itsartmag

ブルーバックと言いますが実際は緑^^;そして宇宙空間を移動している撮影風景!凄い!動きを、あらゆる手法を使ってカメラワークと共にコンピュータ制御。あとの合成に効率よく作業を進められるように緻密に計算されています。そして撮影空間も十分確保しつつ照明もカメラも常に演技させています。手法はワイヤーを巧みに使ったり!生身の人間もギリギリの環境で演技をしています。まさにプロの現場!そんな素晴らしい環境で最先端の仕事をしている欧米の映画業界。

海外で活躍している日本人も、いらっしゃいますが、それは素晴らしく誇らしい事です。が…あくまで土俵は用意され他人の褌で相撲って奴です。日本人が独自に創り出した世界ではありません。そこんところ勘違いして日本だって!って言うのは勘弁して欲しい。映画は総合芸術と言われるほど多くの才能が集まって創造されるのですから個人プレーで、なんとか出来る物ではありません。そして、その一部を日本人が参加しているからって言っても、アメリカには各国から多くの才能が集まっているんです。その一部がたまたま日本人だったって事です。

確かに日本人でも才能豊かで有能な方が沢山いらっしゃいます。しかし国内と欧米での評価は明らかに異なります。多くの場合、欧米で大成功すれば国内の評価は黙っていてもトップレベル扱いになります。しかし、それほど知名度が知られていなければ国内外の評価は随分と異なります。端的に言えば音楽。欧米で、それなりの曲を、これまでの歴史で、日本発は、どれだけあるのでしょう?要求される土壌を考えれば自ずと答えが判ります。とても欧米で認められるような品質は日本では要求されませんし、売れません。英語が道具として定着しないのと同様です。必要とされないからです。








テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する