♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Line 6 Monkey Variax Workbench POD HD PRO
0pod_01.jpg

Line 6 POD HD PRO を手に入れてから即、USB経由でMacに接続して使える様にしたのですが、「Logic Pro X を使うために OS X Mountain Lion」を入れた為に、再度インストールする必要が出てきました。取扱説明書などは全てiPadで管理しています。そして「Line 6 FBV Shortboard MKII FBVSB Guitar Amp Footswitch」も接続して使っています。そして気がついてみれば Variax ギターも黎明期?から既に持っていました。なんと8〜9年前の話かぁ〜これが、なかなか良い音をしているんです。以前は、こんなハードを使わないとWorkbenchは使えなかった

0pod_12.jpg

関連ソフトは、こちらにアクセスしてダウンロードします。こういった事が今では簡単にできるのでネットは、有り難いです。ほんの2、30年前には考えられないほどの充実ぶりです。

0pod_00.jpg

なにはともあれ、Line 6 Monkey をインストールします。まずは、そこから!最新バージョンは1.64です。そして様々なファームのアップデートには、レジストレーションをサイトにてしておく必要があります。


0pod_02.jpg

そこで POD HD Pro Edit を改めてインストールしました。こういったメインテナンス作業って馬鹿にならないんですよね!だって新しい Mac Pro も今年には手に入れる事になるのだろうから...同じような作業をしなくてはならない。環境を継承させる方法もあるけど問題をも継承させる事になるから、やはりクリーンな状態を目指すのが正しい。

0pod_03.jpg

これで以前の環境と同様に POD HD Pro をMacから制御できるようになりました。いやぁ〜POD HD PRO本体の狭い液晶表示で設定する事を考えると、この環境は、とても便利です。もう少し本体とコンピュータ側とのデータのやり取りが早くなると最高ですね!

0pod_04.jpg

各ユーティリティ・ソフトやドラバーも最新のバージョンになりました。ある意味、最新に出来たので、これはこれで作業的には意味が有ってヨカッタです^^ ある程度、このようにメインテナンスしないと、なかなか更新しないものですから...

0pod_13.jpg

そしてPOD HD PRO経由でWorkbenchを使えば、なんとVariaxギターのファームや制御も可能になるらしい!そう、これまで、そこは手付かずだったのでした!勿体ないと言えば、もったいない!ただ、その為にハードは購入したくなかった訳ですが、POD HD PROを使えば可能になる!

0pod_14.jpg

早々にインストール!そうそう、いずれにしても、このソフトをインストールしないと使えません。

0pod_15.jpg

無事、起動!これで使えるはず...

0pod_07.jpg

元々Variaxは電源が必要。なので、付属品として、こんなセットがあるんです。そしてモバイル系とかもファーム等、時間のかかる作業、しかも途中、中断できない作業では必ず安定した電源を確保するのが常でした。なので当然、この作業には、この電源接続は絶対必要だと思い込んでしまいました。

0pod_08.jpg

Variaxはギターです。音を出力するのとは別に、データ関連はイーサネット・ケーブル経由で行われるのだろうと!と、当然のように思い込んでいました。

0pod_10.jpg

ご覧の様に入出力としても別に用意されているし...これはVariax500ですが...2つ用意されているし...

0pod_11.jpg

Variax Acoustic 700の方も同様です。

0pod_09.jpg

念のため、POD HD PROの入力関連の設定でもVariaxを優先に...

0pod_18.jpg

このように念には念の入れようでハードの接続も設定していました。

0pod_16.jpg

まあ、今、使用方法の図を観れば、なるほど、電源関連の付属品は使われていませんよね^^;と、言いますと...先の様に安定電源を確保という命題の勘違いが続いていました。ですから付属の電源アダプターでの電源確保は当然しかるべき準備だと...

0pod_17.jpg

おかしい!Line 6 POD HD PROは既に認識済みなのにも関わらず。Workbenchに於いては認識せず!これは大問題!どうやっても繋がりません。なんで?少々慌てました。そして結構、長い時間、悩みました^^;

0pod_19.jpg

無理矢理Variaxをmidi経由で繋げる様にしてみても当然、実際には繋がってくれません。物理的接続も問題無し!と思い込んでいました。そう、イーサネット接続!こんな事が出来るんですよね!なんでデータは勿論の事、電源も、音声出力も問題無く接続できている!って事だったんです。

0pod_20.jpg

なんの事はありません。イーサネット接続で全て事が足りてしまうのです!そう電源アダプター関連など他の接続は全て外す!接続はイーサ・ケーブルのみ!なんと便利で簡潔な!その一本だけで全てのやり取りが出来てしまう!

0pod_22.jpg

その前にLine 6 Monkey側でハードの認識を Variax ギターに変更する必要がありますが...

0pod_21.jpg

切り替えボタンを押せば、選択可能になります。そして切り替えたら...

0pod_23.jpg

新しいFlash Memoryの書き換えまで出来ます。多少時間が掛かりますが、イーサネット接続なので電源の確保も万全です^^;普通にギターを使う場合もイーサケーブルの方が出来る事が多い...例えばフット・ボードでの切り替えや設定が可能になり出来る事が広がります。流石デジタル!

0pod_24.jpg

無事にアップデート完了です。これは素晴らしい!いやぁ〜機材が出来る事の半分も利用していなかった自分のアホさ加減に呆れます。

0pod_26.jpg

ここまで来れば、こっちの物^^;

0pod_27.jpg

こうやって設定を視覚的に確認できるのはコンピュータでの醍醐味。

0pod_28.jpg

それでは、Variax Acoustic 700もアップデートしない手は無いでしょう!

0pod_29.jpg

これで、Variax ギター関連も最新の状態に出来ました。いやぁ〜デジタル、そしてネット環境は素晴らしい!今の若者は恵まれすぎている!

0pod_31.jpg

それでは、 Variax Workbench が使える様になると、どのような事が可能なのでしょう?

0pod_32.jpg

0pod_34.jpg

0pod_35.jpg

ギターのボディー形状も自由に設定可能。現実には、あり得ない組み合わせも当然、可能。それが必要かどうかは別ですが、音質探求が、それほど多岐に及んで選択できるのはデジタルならでは!

0pod_36.jpg

ボディ形状を選択!

0pod_37.jpg

ピックアップタイプ。数や傾き、シングル、ダブル、様々な設定が現実に出来る事以上に可能!

0pod_38.jpg

音色、音量、コントローラーの設定も凝っています。

0pod_39.jpg

0pod_40.jpg

0pod_41.jpg

エレクトリック・ギターは、Variax 500での設定ですが、こちらVariax Acoustic 700でも様々な形状の生ギターを想定してバーチャルで創り上げる事ができます。更に...

0pod_42.jpg

現実のチューニングは自動的に変更される事はありませんがバーチャル・ギターに於いては半音の上げ下げどころかドロップチューニング(変則チューニング)も簡単に設定可能です。そして瞬時に切り替え可能。このVariax、不要かな?と、思ったりしましたが、これでは手放せません。確かにギターとしての所有欲を満足させられる程の品質ではありませんが、バーチャル・ギターとしての可能性は素晴らしいです。



最近のモデルは高価なので、私の持っている500とかを安く手に入れてみては如何でしょう?Acoustic 700は、数が、あまり出ていないので中古でも探す事は困難な様ですが、こちらも有ると楽しいと思います。まあ、ギターを所有する喜びは、また別にあるんですが、録音の事を考えると、このギターの選択もありです。もっと利用しないと勿体ないと思いました。








テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する