♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ザ・カリスマ ドッグトレーナー ~犬の気持ち、わかります~
0dog.jpg

最近の我が家では、「ザ・カリスマ ドッグトレーナー ~犬の気持ち、わかります~」というHuluにあるナショナル ジオグラフィック チャンネルがヒットしています。

何人ものトレーナーをもってしても矯正不可能だったトラブル犬、そして悩める飼い主の元へと赴くシーザーは、まず犬の過去や現在の状態、飼い主の接し方など、話を聞くことでトラブル行動を起こす要因を解き明かす。そしてその犬のエネルギーを感じ取り、適切な態度で接することで犬に冷静さを取り戻させる。その後、飼い主と共に犬のトレーニングに取り組みながら、長年の経験に基づく豊富な知識を飼い主に授けてゆくのだ。
番組紹介より---

13_08_27_18.jpg

最初は、半信半疑でした。そんなに劇的に変わる訳が無い...と...これまでに国内のテレビでドッグ・トレーナーさんの話は何回か観て、利用できそうな手法を試してもみました。しかし、どれも一見、効きそうだけれども実際には効果無しという事が殆どでした。ところが、Cesar Millanさんの方法は理にかなっているし効果てきめんなんです。でも実際にどうなの?って事も含め何度も、この番組を観ています。

13_08_27_19.jpg

「農場で使役犬として働く犬の群れとともに暮らしていたことから犬およびその群れの行動原理を観察・理解し、自然と犬の扱いに長けていった。」wikipediaの説明にあります。また、「世界一のドッグトレーナーになるという夢を抱き、英語もままならぬ状態でアメリカに不法入国し生活を始めたと本人は語る。」やはり優秀な人材は、アメリカを目指し優秀なら認められる事を証明しています。そして成功すればアメリカ人として根をはって生活をするのは当然の流れでしょう。どこぞの日本人のように帰国する事は絶対にありません。

13_08_27_02.jpg

さて、そこで我が家のリブ・メグの散歩に関しての問題点を...リブは、非常に従順で散歩をしていてもストレスは感じません。メグは、子供の頃から散歩が嫌いでした。「自転車に乗るのが夢」というように自転車での移動も、ままならない状態でした。リブは即、順応していましたがメグは、なかなか慣れません。

13_08_27_03.jpg

今でこそ、こんなに公園大好きで走り回っていますが^^;「リブ&メグ風と友達になる」と、やっとの思い出、外に出始め...flexi フレキシを使って散歩の訓練を...なかなかメグは散歩には慣れませんでした。となるとメグに合わせて散歩するスタイルが定着してしまい、「狭山稲荷山公園」とか、いろいろな場所へ散歩に行ってもメグ中心にならざるを得ませんでした。8年前ですが、この頃はイチョウの紅葉が奇麗でした。当時もまだ、メグの散歩嫌いは続いていました

13_08_27_04.jpg

2005年も暮れになってもメグの公園嫌いは続いています。それでも毎日行きました。次の年、2006年になって、ようやく慣れて散歩を楽しむ余裕が出てきました。その楽しみとはクンクンする事!そんな時代が有ったので、どうしてもメグのご機嫌を気にしての散歩になってしまいました。それが、シーザーさんによると間違った群れとしての存在になるそうなのです。そう公園でのリーダーが結果的にメグになっている事が問題でした。

13_08_27_05.jpg

そこで、今回の散歩では駄目元でシーザーさんの教えを参考に家を出発する所から対応を私中心に変えて実践する事に...人間の、そういった意思が通じるのでしょう。リブ。メグの対応にも変化が!人間の毅然とした態度が即、リブ・メグに伝わります。という事は、私がリーダーとして機能していなかった事が原因のようでしたw 駄目リーダーって事ですね!アハハ...事実ですけどw

13_08_27_06.jpg

シーザーさんの教えを思い出しながら常に人間中心を心がけて行動してみました。すると、あれだけ自分勝手に行動していたメグがぁ!!最初は、何時もと同じ行動パターンでしたが次第に人間に寄り添うように歩き始めました。それは今まであり得なかった事です。リブの方は、より人間に従って散歩するようになりました。これは劇的な変化でした。いやぁ〜群れのリーダーとして、やっと認められたと言う情けないようですが、それでも大きな進歩です。やってみるものです。過去は過去。ワンコは未来を変えられる!駄目なのは飼い主!

13_08_27_07.jpg

まさに飼い主の意識一つでワンコは従順に反応するのです。人間社会の感覚を持ち込んでは駄目、ワンコ社会として機能するような群れのリーダーに自分を仕立てないと人間、ワンコお互いに不幸になります。あれだけメグに気を使っていた散歩が、考え方と行動を変える事で、とても楽で気持ちよく進める事ができました。人間の身勝手な思い込みが諸悪の根源。常に群れとして、どうあるべきかを考えて行動する事が大切な事を学びました。

13_08_27_08.jpg

リブ・メグは賢いです。人間が行動や思考パターンを改めると即、反応しました。劇的です。あれ?メグって、こんなにお利口さん、だったんだ!と...いや、私がバカだったんですね。シーザーさんの理論が正しい事を証明しているようです。常にワンコの行動を先読みして先回り、人間が主導権を握る事でワンコは素晴らしく順応してくれます。怒鳴る必要もリードを引っ張る必要もありません。ほんのチョットだけ促せばワンコは即、反応してくれます。

13_08_27_09.jpg

今までの苦労...いや、苦労としていた事は自らが率いた事。ワンコを理解しようとしていなかっただけの話です。人間の勝手な思い込みで人間の枠をはめて勝手に合わして来たつもりだったのです。バカですね^^;それじゃお互いに空回り。噛み合っていません。それではストレスになります。ワンコの言葉を理解するって大切なんだと実感しました。

13_08_27_10.jpg

シーザーさんの番組を観るまでは、ワンコを理解しているつもりでいました。実は、その思い込みが諸悪の根源でした。本来、犬の特性を熟知せず、人間の感覚で勝手に理解していたつもりなんです。それは片思い。それじゃ駄目なんです。ワンコと生活は長かったのですが、その、おごり、思い込みが思考の障害になっていました。本質を理解できていなかったという...

13_08_27_11.jpg

彼らは非常に賢く、順応性に富んでいます。駄目なのは殆どが人間の勝手な思い込み。自分はワンコより賢いという勝手な論理。相手を理解しようとしない放漫さが、そもそも人間側の無知さ加減を表しています。この場合、私が無知で無能だったという事ですね^^;改めるべきは私のリーダーとしての資質の問題。毅然として、どうするかを常に決めて群れを統制する力が欠落していました。

13_08_27_12.jpg

彼らは決して判らない訳では有りません。理解できていないのは我々人間側が殆どのようです。多少の個体差や生い立ちは関係するのは人間も同様。ワンコは非常に従順で賢いです。「メグは、仕方ない...」ではなく私が、きっちり群れを統制しきれていなかった事に問題があったのでした。確かにメグは最初、散歩が嫌いでしたが、興味を持たせる様に仕向けられなかった私たちに問題がありました。

13_08_27_13.jpg

彼女達は自分で理解すれば、非常に順応性が高く賢いです。人間が身勝手に無理強いするのではなく彼女達に判る方法で伝えれば問題は全くありません。その方法を理解しようとしなかった私たちの不徳が引き起こした不都合だったと認めるべきでした。強く反省!

13_08_27_15.jpg

まだ、暑いので水の霧吹きで涼しさを!それにしても今日の散歩は楽チンでした。ストレスは無く快適。これはきっとリブ・メグも同じだったようです。メグが、これほどまでに激変したのは驚かされました。凄いぞメグ!それに比べ、馬鹿な私でした。メグにリーダー役を任せて悪かったね!リブちゃんもストレスだったよね^^;行きたい所へ自由に行かせてあげようって考えがダメだった!

13_08_27_16.jpg

いやぁ〜今日は楽しい散歩でした。次回もきっと楽しいでしょう!私さえ、きっちり群れのリーダーとして、その役割を果たせさえすれば良いのです!「ザ・カリスマ ドッグトレーナー ~犬の気持ち、わかります~」この番組、オススメです。これまでの先入観を覆されます。人間は過去に流されますが、ワンコ達は未来を観ています。

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する