♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近気になった事など...
0what_01.jpg

勝手に駐車させない禁止ゾーンらしい!車を乗らない人間にとって運転手のマナーの悪さは非常に気になります。結局、物理的に停めさせないのが一番効果的。ただ、それには、こんなのを路面に取り付ける手間や部品開発とか、いろいろ発生しますよね?それも税金と考えると...

0what_02.jpg

さて、これが我が家のベランダからの眺望です。近くにある大きな公園を一望できます。クリックすると更に大きな画面で確認する事ができます。中央にある建物は図書館です。これだけ近くに図書館が有っても殆ど出向きません^^;ってのは嘘です。

0what_03.jpg

さて今日の話題です^^これは何でしょ?イーサネット・ケーブルですよね!しかも短い!実は、もう少し長い方が良かったw 最近は、このケーブルを使うんですね!ちょっと驚きました。何に使うかと言いますと...

0what_04.jpg

ギターエフェクターのフット・ペダル・スイッチ類です。これだけのスイッチ切り替えとペダル2つもコントロールおまけに電源まで供給してくれる優れもの!このケーブル1本で事足りる!時代ですね。この優秀なペダル「FC-300」と言います。

0what_05.jpg

スイッチには各種インジケーター付きですから恐れ入ります。このペダル、電池も使えるのですがイーサネット・ケーブル繋げば電源供給もしてくれるのですから、わざわざ電池を使う必要ない!音色番号と、その名称まで表示してくれます。16文字×2行のLCDを搭載!二つのペダル6台までのスイッチ、アンプ切り替えスイッチにモード更に4つのモードがある事てんこ盛りペダルです。しかもmidi対応!当然ですがmidiケーブルで別途機材に接続しておく必要はあります。

0what_06.jpg

そのMIDIフットコントローラー「FC-300」は、VG-99と接続して使っています。VG-99のパッチ・ネームや、チューナーを本体LCDに表示するなどの双方向通信や電源供給まで受け持ってくれるのですから素晴らしい!今から6年ほど前には、価格:139,320円(税込、送料込)もした機材ですが、私の事です。中古で安く手に入れています。勿論この、フットペダルFC-300も!1万円そこそこでw

0what_07.jpg

ギター界でモデリングといえばやはりLINE6は外せません。こちらはノーマルタイプのギター専用。そして同じく、こちらもペダルもイーサネット・ケーブルを使ってコントロールします。同じく電源供給も同時に行えます。出来れば流用できると良いのですが、それは駄目でした。いや...方法は有るのかもしれませんが、私には出来ませんでした。コード規格は共通しているのですから、どちらでも使えると良いのに!そうなれば機材を少なく抑えられます。

0what_08.jpg

ビンテージ/モダン/ブティック・アンプという分類で区分けされた22種類のアンプ・モデル。19種類のディレイ、23種類のモジュレーション、17種類のディストーション、12種類のコンプレッサー & EQ、26種類のフィルター、12種類のリバーブなど、Mクラス・エフェクト100種類以上も網羅!そして16種類のスピーカーをモデリング!その音を更にコンデンサー、ダイナミック、リボンに分類された8種類のマイクによるモデリングサウンド。ってんだから凄い時代です。

0what_09.jpg

それを、このイーサネット・ケーブル1本で制御しようってんですから凄いです。と、昔から、この手の機材を知っているオッサンには驚きなんですが、考えてみればコンピュータ・ネットワークに使っているほどのコードというか規格ですから、その程度の事など簡単なはずなのは道理だとは理解できます。このLine6のペダル、液晶画面がもう少し広くて見易いと良いのですが!少なくともRoland のペダル程度の大きさが欲しい!これじゃ少々みにくい!ってほど使いこなせていませんが^^;だいたいライブなんてしないからな...まだ熟知していないし...

でもね、それだけ凄い機材を持っていて若い頃なら数曲でも直に作ってしまう勢いがあったのに今じゃ機材に溺れているだけ^^;時間が無いとか言い訳なんてしてはいられないのに...生きている時間は限られているから!折角道具が揃っているのに情熱が無くなったのか?情けない自分がいる。ダラダラ生きていては駄目だよなぁ〜 いやね練習は毎日、少しでも欠かさずしているんですけどね...若い頃の自分にあげたい。







テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する