♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ギターパーツ
0parts_01.jpg

これは本来なら「John McLaughlin Rex Bogue Double Rainbow guitar Doubleneck Guitar」がリペアーから帰って着たときに一緒に渡して頂けるはずだった交換した古い部品です。元々担当している人間ではなかったので忘れられていた部品^^;たまたま妻の楽譜探しに付き合って担当の方から渡されました。交換された部品だけでも重いですw ネタとして Tシャツ にもなっています。こちらからご購入頂けます。題材として、このような3D作品を作成しました。

0parts_02.jpg

何が、そんなに重いのか?まあ金属製の部品が殆どですから...しかも古い部品だと錆も酷い状態だったはず!それを再度奇麗にして使うって事は無いだろうけど...

0parts_04.jpg

ピックアップ・カバー!特にゴールド系のメッキは痛みがクローム系より激しくなるんですよね...

0parts_03.jpg

Doubleneck Guitarなのでピックアップ全部で4箇所!交換して新品になった今だからこそ、美しい輝きを失わないような加工をしておくべきですね!特にゴールドは女性の若さ、美しさと同様、錆びたら価値が半減してしまいます。

0parts_05.jpg

そしてペグ。これもDoubleneck Guitarなので3セット計18個もありますから、それだけで、かなりの重量です。ノブの部分も、どうしてもメッキが剥がれやすくすり減っていますね!やはりコーディングして美しさを保ようにしたい所です。新しいペグ!

0parts_06.jpg

ブリッジも同様。どうしても手のひらが触る部分でもあり、錆の進み具合が一番酷い部品でもあります。こうなると交換しかありません。部品があるのはラッキー!なんたって38年前のギターですからね!でもさすがに特殊形状のテールピース部品はありませんでした!ここは、近いうちに部品をメッキして美しさを復活させます!

0parts_07.jpg

あとはエレクトリックギターですから、電気系の部品劣化も、散見しています。トルグスイッチはピックアップ・マイク切り替えとして重要な部品ですから...交換し、きっちり切り替えられないと困ります。

0parts_08.jpg

そして音量、音質調整ボリューム系。殆ど全て全滅;;この部品も接触不良のガリ等が出てもらっては困ります。新しい物と交換するのは仕方ないところです。普段の練習では、それほど音は出さないから良いんですけど使うときに音は、まともに出ないと意味有りません。

0parts_09.jpg

そこで「CRYSTAL COAT™ #01」を使ってみる事にしました。ガラス繊維系素材による光沢/鏡面処理と帯電防止という表面保護コーティング剤です。酸化が起きず、長持ちする光沢ってのが良さそうです。メッキ製品の汚れ・錆び予防に良いそうです!この手の話も、このリペアーを始めるキッカケになった最初の担当:田中さんが詳しかった!やはり、その手の知識を持っている人に頼みたいですよね!

0parts_10.jpg

ピックアップ・マイクそしてブリッジ。ギター本体など最初は部分的に少しテストで塗ってみましたが良い感じだったので全体に塗ってみました。こういった皮膜系は、薄塗りで完全に乾いた後、再度重ね塗りが一番、効果的。面倒ですけど、そうする事で美しさを維持できるのですから!

0parts_11.jpg

勿論、ペグも全て塗りました。しかも3回塗り!一層深い艶と保護効果を約束してくれると良いのですが^^使った結果は...いろいろですね。良かった、悪かったも使い方にもよります。

0parts_12.jpg

ペグやピックアップ・マイク、ブリッジは、それほど酷使する場所でもなく打つける事も殆どないから大丈夫だと思います。それより酸化、腐食の方が心配。毎回、弾いては磨いてから片付けるのも面倒ですからコートしたほうが簡単だし美しさを維持できると思います。なるほど金属アレルギーの方にも有用のようですね!




テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する