♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Substance Bitmap2Material MODO 701 との関係 不親切
0B2M_01.jpg

謳い文句のように、どんなにBitmap2Materialが素晴らしい道具であっても使い勝ってが良くなければ駄目なんだよね。特に、このリンクにあるような説明で何が判るんだろう?毎回、ここの会社が提案している道具って最初は、とっても扱いにくい道具が多い!さっさと本体に取り込んで使いやすくしてから商品として紹介してくれないかな?このリンクの説明だけで即、使える分けないじゃん!まあ、安いから買ったけど...それはMODOのバンプ機能が、まともに使えないからなんだよね...

0B2M_02.jpg

とりあえず、この手のソフトは仕事で使うので必要性を感じたら買っているけど...支払いはPaypalで!こうやってメディアは殆ど流通しなくなるよね。最近、OSは勿論の事、ソフトをメディアで購入した記憶が無いほど。パッケージ・デザインから関連印刷業とか仕事が減っているのは判るね...

0B2M_03.jpg

購入が済めば、自分のアカウントへログインすれば製品をダウンロードできます。プラグインもさぁ〜本体のバージョンが上がったら直ぐ対応してくれないと困るんだよね!頼みますよ!もしくは本体に取り込んだ機能になってくれれば一番安心なんですよね!

0B2M_04.jpg

そんで、ダウンロードしてインストールします。いやぁ〜ネットで情報を集め、購入手続き、そしてダウンロードし、インストールをする。これまでの流れ!早いですよね。だから出版とかは時間的にかかりすぎる。それに状況は刻々とかわっていくから対応できない。同じく最初、酷いプラグインだった「The HDR Light Studio」だって、最新のバージョンでは驚くほど使いやすく便利になっている!このプラグインも、もう少し説明が、こなれて行かないと駄目だね!

0B2M_05.jpg

Bitmap2Material 自体は、どのようなビットマップイメージからでもシームレスなタイリングマテリアルを生成できる非常に強力なフィルタらしいけど扱いが判りにくい!インストールしたものの何がどうなっているのかも判らない!互換性のあるソフトウェアとしてMODO701はサイトには明記されていない。まずは無料のSubstance専用ビューアーSubstancePlayerもインストール!MODO701本体にもプラグインは入れます。

0B2M_06.jpg

SubstancePlayerを起動しBitmap2Material_2.sbsarをSubstancePlayerにドラッグ&ドロップすると、こんな表示になります。ただ、立方体じゃブロックやレンガ的なサンプルじゃないと...そこで簡単に石ころ形状を作成しFBXデータならロードできるので、Geometry > Load Meshを選択し、FBXデータで読み込んでいます。

0B2M_07.jpg

読み込めば、石ころ形状に形状が変わります。光のあたり具合を変更しつつ確認できるのも良いです!Shiftキーを押しマウスをドラッグすれば照明方向を変えられます。陰影部分の高低差表現確認では重要です。適当な石ころテクスチャー画像を用意します。

0B2M_09.jpg

画像は直接、このウインドウにドロップインで機能します。使った画像は普通のJPG画像です。ここから様々な設定を進めていくのですが、それほど内容を理解しているわけではないので適当に使って理解していくしかありませんよね^^;変更項目は沢山あります。

0B2M_10.jpg

このようにB2Mを使う事により、使用画像は、HightMapに変換され、各種マップが生成されていきます。そして、その設定をイメージに近くなるように編集していく訳ですが...まだ、何をどうすれば欲しい画像に生成できるかが判りません><なんで人に説明もできません!

0B2M_11.jpg

表示方法はカスタマイズできますから作業しやすいようにウインドウズはフォトショのように表示を数多く用意し設定可能です。異なるマップを同時に表示させられるので編集に便利です。Output Sizeは変更できますが、インプット画像より大きくすると当然ぼけてしまいます。

0B2M_12.jpg

設定項目も多岐に及び、どうすれば効果的な欲しい結果に編集できるかってのは、使い込まないと判らないですね!特に使う方向性にもよるし...人それぞれ必要なる機能、表現が違うから自分が、どのような機能を仕事に活用できるか?ってのは別の話だから、まず作業の流れと便利そうな機能紹介をしてほしいな!細かい設定は様々な題材で個別に!そうそう、これ便利な機能だよねこれ!

0B2M_13.jpg

こういった石ころなどのテクスチャとか、全く同じのを使うと不自然になりますが、Randomizeを利用すると1つのテクスチャを使って...

0B2M_14.jpg

0B2M_15.jpg

0B2M_16.jpg

簡単に、表情の異なる石ころテクスチャが生成されます。さて、MODO701にですが...書いている時間が無いのと、まだ、あまり理解していないので、また次の機会に!何れにしても、まだまだ改善のあるプラグインのようですが、以下の動画を参考にしてください。



ここでMODO701での扱いが判りにくいんですよね。購入すると解説ビデオが付属していますが、それでも判りにくい。それだけ多機能って事なんでしょうけど、使う流れに関して、もう少し端的に説明した映像があると良いです。今の商品だと売りっぱなし的な突き放された感じ!使いたかったら理解して使え!的な^^;それじゃだめだろ?









機能を全部熟知しているような奴は、あやしい^^;要は、自分に必要な機能を効率用使って高品位な仕事を短時間にこなすって事が重要なわけで、ソフトを、どれだけ細かく知っていたって、それだけの結果を出せるか?ってのは別物。発想も含めてね!ソフトもプラグインも常に流動的に変化している訳で、我々は、あくまでユーザーの一人。

私もアドビのベータサイトをやらせて頂いている時も使い勝っての向上の為に多くのアイデアや意見を伝えてきました。そして多くの書籍にも国内問わず海外でも携わって来ています。それでも全ての機能を熟知している訳ではございませんし、仕事で機能をフルに使っている訳でもございません。自分に必要な機能って人それぞれ専門になればなおさらです。如何にも何でも知っているような奴ほど嘘っぽいって事ですかねw

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する