♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



AKG K701
0AKG_01.jpg

さて!今日も今日とて荷物が到着!何買った?リブ・メグ・チェック!無駄遣いは許しません!お届けものは比較的、軽いです。して、その中身は?気になります。

0AKG_02.jpg

段ボール箱を開けてみると!なかなか厳重!丁寧に梱包されています。

0AKG_03.jpg

おっと!音楽関連の機材到着ですね!ギタースタンド?ケーブル類は?そしてAKGとは?

0AKG_04.jpg

なるほど、MIDIケーブルと、USBケーブルそして、ヘッドホン、オープンエア型の...定価は6,7万円もするんですね!2005年9月に市場に現れた、AKG K701 これは妻用。現在使っているのがヤマハの安いヘッドフォンなものでだいぶ痛んでいたですが...新しいのが欲しい!ということで、このモデルに決定!

0AKG_05.jpg

一気に、この高級ヘッドフォンを使えるとは...羨ましい!簡易型ヘッドフォンスタンドが同梱されていますが、パッドやコード接合部分が一番痛みにくいタイプのスタンドを手配しました。良く皆さんスピーカー関連となるとエージングとか言いますが、ほんとに判るの?徐々に変化している音質を新品当初と数ヶ月経った状態を比べられるだけの能力あるんですか?私は判りません^^;大雑把な良し悪しは判断できますが...

0AKG_06.jpg

これが付属のスタンド。悪くは無いのですが、実際、プラスチック製で軽い為、少々安定性に心配が残ります。でも、ヘッドフォンって、どうしても邪見に扱われる事が多いですから、こういった格納場所が最初から用意されているのは助かります。

0AKG_07.jpg

実際に置くと、こんな感じになります。見た目に良くないですけど...それにしても、私は、このヘッドフォンをずーっと使っています^^;特に QuietComfort2などはパッド系はボロボロ;;なんたって8年前に手に入れているんですから!さすがにインナータイプは痛みが激しく2年前にSE530 へ買い替えました。

0AKG_08.jpg

そして実際に使っているスタンドはこれ!やはり美しく機能的なのが良いです。Quincy Jonesモデルってのが有るんですが、単に客寄せパンダ的なモデルのようです。「Quincy Jones Signature Line」って奴。音質的な違いは無いでしょうw そういう商売は駄目だよね!それに音質に関して、文字では説明できる訳が有りません。ある程度、どんなモニター条件でも自身に変換機能が無いと、それなりの音は創れないものです。それって、音の癖を見抜く聴眼が必要です。品質の悪いヘッドフォンでも、ある程度その差を想定して音創りは可能ですが基本的に優れた音質ってのは魅力的。

0AKG_09.jpg

さすがに、このモデル。再現性が高いです。自分でバウンズ、ミックスした音を聞けば即、判ります。伊達に高い価格はしていませんね^^;それじゃ、俺だって古いモデルで我慢している必要ないよな...って思った訳ですよ!それだけの価格差として音質や分解性能に反映されるのなら!ある程度、自分の感覚で差し引きできるけど、やっぱり基本性能が良いのが望ましいのは当然ですけど...価格の壁は、私にとっては大きかったんですがw 妻が、こんな高性能ヘッドフォンを使っているとなると悔しいw

0AKG_10.jpg

価格の比重は大きいです。とはいっても何時迄も我慢していても意味ないし体験する事も重要!ただ、若い頃は経済力が無いけど聴覚など身体的な機能は明らかに良いのに買えない!それなりに買える歳になった頃は聴覚として聞こえる周波数も狭くなってしまっている...なんだかね、この矛盾。まあ、若いときに体験している音楽の質にもよるから一概に言えませんが...頭にあたる部分も、こんな革製だったりして高級感があります。

0AKG_11.jpg

構造的にも、しっかりしていて重さも、手で持ったほどの重量は装着した時は感じません。安物のヘッドフォンより能率は高くないようです。それなりのヘッドフォンアンプが相応しいでしょう!となると携帯型音楽プレーヤーでは音量という点で厳しいかもしれませんね。まあ、これを外で使う事は無いでしょう!拘れば、高性能ヘッドフォンアンプを用意すべきなのでしょうね。

0AKG_12.jpg

他のケーブル等一緒に購入しましたが、送料込みで AKG K701葉、25,800円で購入!妻のヘッドフォンですから当然新品です^^;高級ヘッドフォンですからスタンドも別に購入しております。さぁ〜て!自分のも買う!そうそう買い替える物じゃないから、そこそこの奴を!これが最後ではないだろうけど...判らないものね^^;我が家にはMicも AKG C3000Bってのがあります。








テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する