FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



CAMPAGNOLO created by Illustrator
CAMPAGNOLO_01.png

既に、3Dでは作成済みの題材ですが、先方の御要望でIllustratorでも作成しました。そして、イギリス国内でTシャツにプリントされ好評販売されています!どちらのソフトでも完璧に仕上げるのが私の腕の見せ所^^;特に美しいグラデーションを生かした描画がIllustratorの画材としての魅力です。そんな画材の良さをノイズなどを使って汚すなど野暮な事はしません。要所でメッシュを使い、多くは基本グラデーションとブレンドを使います。

CAMPAGNOLO_01.gif

そして、外観だけではなくカバーを外した状態も、ご所望!外観部分で使える範囲を生かしつつ、作成します。グラデーション関連と、透明や透過を調整しつつマスクも使い複合的なボカシも効果的に使っています。それは書籍のネタになるほどの内容です^^;まあ、これほどまで、ネットでの使い方が蔓延している今時ですから書籍を再び執筆する可能性は、ほぼゼロですがW

CAMPAGNOLO_02.jpg

自然なグラデーションは単にメッシュを多様した手法は採っていません!高密度メッシュを使うのは素人。陰影を見切れる感性があれば要所にメッシュ、そして多種なグラデーションとボカシ、そして透過度、マスクの複合技を使うできでしょう!とはいっても、それが即、安全に確実に印刷できるか?というと...いつになったら問題無い出力が実現されるのでしょう...

CAMPAGNOLO_02.gif

またメッシュの流れを制御する為に定型オブジェクトからの変形とか...勘弁してほしいですよね!しかもCS6という最新バージョンであっても、レイヤーが増えるとアートワークの切り替えすらスムーズに表示できない!リフレクトツールも複製コピーも出来なかった!とにかく道具として仕様では出来るとされている事が出来ない現象が多いです。プロの道具なのに...バージョンが上がっても、どうでも良い新機能は追加されますが...

00Illustrator02.jpg

メッシュの流れを制御する為に定型オブジェクトからの変形を使って円形を作りますよね!このように出来るのが当然なのですが、何故か...

00Illustrator01.jpg

こんな訳の分からない現象になる場合もあります。こんな場合は、そのオブジェクトはサッサと放棄して新しい定型オブジェクトを使って変形した方が効率的です。何故?ってやっているのは時間の無駄。エラーが多いのです。それはユーザー様の操作が悪いのではなく道具に不備があるからなんです。ソフトの問題は、アドビが解決してくれなければ根本的な解決に繋がりません。印刷不調、不可も同様。

CAMPAGNOLO_03.jpg

こういった表現もマスクを使えばIllustratorでも簡単に描けます。名目通り印刷できれば出力マシンの限界まで解像度を上げた印刷が可能なはずなのですが...その謳い文句通りに行かないのも現実に残されています。本来、仕様でうたっている機能なのですから、それが出来ないという事は詐欺ですよね!でも我々は毎回、その問題に悩まされています。金を払って使っている道具なのに!そんなトラブルのつけも我々ユーザー側が責任を負わされています。

CAMPAGNOLO_03.gif

テクニカルイラストをPhotoshopで描ける方は多いでしょうけどIllustratorでは少々、難しいし描ける方は少ないでしょう!3Dで、表現できる人も多いでしょうけど、IllustratorでもPhotoshopでも3Dでも出来る方は少数です。私は、それらの道具の、どれでも使いこなします。今後は、そんな複合的な仕事も増える事でしょう!それにしてもソフトの不備は、いつになったら企業側が、その責任を果たしてくれるようになるのでしょう?

CAMPAGNOLO_04.gif

ソフトの不備も困る要因ではありますが、バージョンの壁も深刻です。お客様も最新バージョンである事は少ないです。その結果、最新バージョンで作成しても旧バージョンでは観る事すら出来ない場合も!となると下位バージョンで書き出す必要も起きます。すると、どうなるでしょう!な、なんとみっともないデータでしょう!こんな酷いデータを作成した覚えはありません。しかし古いバージョンにすると、こうなります。例え同じCSシリーズであってもです。そう、機能的に備わっているはずの効果でさえも継承されず、みっともないデータに成り下がります。

これは以前のバージョンから同様。殆ど変わっていません。少なくとも旧バージョンであっても機能が共通している描写は、同じように再現して欲しいと思います。例えば、パターンなどは、CSシリーズは全て共通して使えるというのが当然ではないでしょうか?こんなデータに出力されたら悲しくなります。とても同じ会社のシリーズとして販売されている道具で描かれていrデータだとは思えませんよね!となれば新機能を使う必要がなければ必要な機能が備わっている旧バージョンの方が安心じゃないですか!











テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する