♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Logic Pro X を使うために OS X Mountain Lion
0Logic_31.jpg

Logic Pro X 登場 って事で、仕事が一段落したらダウンロードしようと思っていたんです。そしたらなんと!OS X Mountain Lionでしか使えないって事が発覚!そう私のMacは、まだ旧OSだったんです。そこで早々にアップしたら!トラブルの連続!全く使い物にならない状況に...なんとか修復を試みようとしましたが改善の兆しなく...新しいMacProが登場するには、もう少し先だし...そこでSSD起動ドライブを完全に真っ新にクリーンインストールを敢行いたしました。

0Logic_30.jpg

となれば多くの主要ソフトを最初から全部、インストールする手間が発生するばかりか、それに伴うシリアル番号からネットによる認証作業など煩わしい事をやる必要があります。メールやブラウザー関聯のバックアップ、継承をスムーズにできるかどうかも肝心です。だいたいMountain Lionってネットでの提供。メディアは無いんだよね!そこで「緊急時に使うMountain Lionインストール用のUSBメモリーを作る方法|Mac」を参考に...

0Logic_01_20130730171128eab.jpg

「Mac OS X Install ESD」を作成。方法は上記リンクを参照してください。そ、そして全て思い当たるデータをバックアップ!もう、後戻りはできません。これまで使っていたSSDドライブを初期化するからです!恐ろしい^^;タイムマシンのデータは、ありますが、そこから復活させるとなると更に面倒な事になりますから一発勝負で進めたいところです。

0Logic_32.jpg

無事、インストールは成功!プリンターのドライブも認識!旧OSからのアップグレードMountain Lionでは全く認識しなかったのが、すんなり接続!これだからクリーンインストールしないと駄目ですね;;無駄な時間と労力です。でも、面倒なんだよなぁ〜クリーンインストールは!データの回収から、そのデータを再び使用できるに!また新たに全てのソフトをインストールする必要があるからね...

0Logic_33.jpg

確認の為、実際に印刷をしてみた!これなら大丈夫!まだまだ、このプリンターも頑張ってもらわないと!それにしても、どうやっても繋がらなかったネット・プリンターが、これほどまでに、あっさりと接続、出力できるとは...サポートさんも大変ですよね...実際に全く同じ手順通りやって結果が違うのですから...旧OSからのバージョンアップでは全く反応しなかったのですから質が悪い!原因不明。確かに旧OSから引きずっている様々なゴミが原因なのは推測できますが、解決策は皆無だった。

0Logic_34.jpg

さて、Logic Pro X の購入ですが...これを使います。5000円カード、4枚あればOK!このカード、以前セールの時に安く手に入れている^^;そう正攻法では絶対買わないケチな私w貧乏性な私です。Final Cut Pro Xも、なかなか買わなかったけど...今回は比較的、早く買いました。

0Logic_02_20130730171131d9f.jpg

ダウンロード及びインストールは早々と完了!それ以外の音源等もダウンロードできるのですが...それが、もの凄い量になります。以前なら全て有料ってな内容だと思いますが^^;そうそう、Logic9がネットで安く購入可能になった頃、いずれ、そうなると思っていた!って言いながら買ってた人!結局、その後、曲も創れずに次のバージョンが出ているね!そんなもんなんだよ。これは時代の流れ。Hさん!別に、そんな事を言っている貴方に先見の明が有った訳じゃない。

音楽は若い頃、多くの賞を頂戴したし、就職も、こんな所に行った事もあります。アメリカに行ってプロの奴らとも演りました。でも、それで食っていけるほどの腕も、才能もありませんw それを知ってすぐに方向は変えました。特に国内は、ヤバいですからね...そんな世界にはついていませ。とはいえ、音楽には、それなりに拘りはありますw

0Logic_03_20130730171134983.jpg

いずれにしてもソフトって奴は、ご存知のように手に入れたから即、実践で使える訳じゃないから、ある程度、時間を買うような無駄も必要になる。如何にも自分は先を読んでいた...なんていう素振りは嘘っぽい。こうやってソフトも新陳代謝していく。それに伴いハードも...その流れは止められない。その流れに常に追従するってのが必要なんだな、このデジタル世界は特に!例えばSpaceDesigner等、有料だった時代もあったしね!EXS24 mkIIだってEVOC 20 PolySynth、後でKORG Legacy Collectionシリーズも入れとこう...

0Logic_06_20130730173235dd1.jpg

これ、このような膨大なデータは、確かに昔なら有料だった!プラグイン音源も含めて。でも、それってデジタル世界では当然の流れ。ソフトというかデータって旬があって、それを過ぎれば価値は下がる。人間も同じだけどね!特に女性の若さは^^;閑話休題。そして、新しく購入した機材との親和性も含めて確認する必要も出てくる訳です。ちょい昔だってハード音源を制御するのに苦労していた。新しい機材って?そうそう、最近、手に入れた、これ!

0Logic_40.jpg

Roland Integra-7 私は、送料を含め、新品同様の中古品を128000円で入手しましたが、こちらも、126000円でオークションに出品されていましたが、この落札額に!ここでは消費税と送料が発生するので結局、合計14.2万円以上になってしまいましたね!まあ中古だと妥当な価格ってところでしょうかw

0Logic_08.jpg

日本のみならず海外のebayでも1300ドルほどだったのが結局、1600ドルに!なかなか安く手に入れるのも大変です。やはり今時128000円を下回るのは時期尚早ですね。中古でも当分、14万前後で推移していくものと思われます。そんな、Roland Integra-7 ですが、Logic Pro Xで使えるのか?まだ、あまり情報がありません。そこで実際に持っているのだから自分で試してみた!

0Logic_09.jpg

ローランド・サイトへ行って、Mountain Lion用のドライバーを入手。そうしてエディターやライブラリー関連のソフトもダウンロードします。こういったソフトやハードのファームウェアだって更新して行かなくてはならなのですから...ソフトがネットで流通した程度の事で、「いずれ、そうなると思っていた...」なんて当然すぎる話ですよね!これもマルチタッチを利用した懐かしい面白いアプリの一つ。そして大御所マシンでも使われている!そして業界スタンダードになりつつある。

0Logic_10.jpg

INTEGRA-7 Editor for Mac 、INTEGRA-7 Librarian for Mac は、INTEGRA-7 Ver.1.20 以上が必要です。Librarian は起動すると、こんな表示。でも、まだデータが揃っていないので確認のみ...使い方もよく理解していない^^;何れにしても、iPad発売当初からUI革命と理解できた人はいた!

0Logic_12.jpg

Editor for Macは、Logic Pro X側から、こんな手順で呼び出します。音源として認識しています。良々!それを確認したかった。こうなるとプラグインのように扱いやすくなります。

0Logic_13.jpg

Integra-7 をLogic側のEditorから操作する為には、両者をハード、ソフト両面から接続する為に、この歯車アイコンをクリックして...

0Logic_14.jpg

入力、出力デバイスをIntegra-7 に切り替える必要があります。そして現在のIntegra-7側の設定を読み込む為にリードボタンをクリックすればOK!この作業をしないと情報のやりとりか出来ません。

0Logic_15.jpg

これが読み込まれた状態です。そんな操作をMacで出来ちゃう!だからIntegra-7本体の小さな液晶でチマチマ作業する必要がないのです!いやぁ〜そうじゃないと、今後は辛い!しかも、iPadでも同じような事が制御ってのが嬉しいじゃないですか!こういうのは日進月歩。仕事で忙しがっているような人には無理かな^^;

0editor_01.jpg

それが、これ!INTEGRA-7 のSuperNATURALシンセ・トーン、パート、モーショナル・サラウンドの各種パラメータをiPadを使って編集可能。こんな使い方も、どんどん増えるって予想していたけど、iPadが市場に出たばかりの頃、「iPadが持つ歴史的意義」と題して「iPadはこの分野に初めて「プレイヤーデバイス」として登場」と持論をぶち上げていた自称?マーケティングのプロがいたけど未だに昔の既存技術による成功体験から抜け出せない日本企業の一員なのだろう!いつまでもWalkmanじゃ、無かろうに!まあ、取扱説明書なども、その一部の機能として使ってはいるけどね^^間違ってもプレイヤーデバイスではないな、この使い方、そして、この機能は!

0Logic_16.jpg

いやぁ〜説明は、専門のサイトにお任せしますが、このような音源選択、切り替えがMacやiPadから行えるようになっているってのが素敵です。しかもCPUに殆ど負担をかけないで高音質を扱えるのはハードの強み!しかも歴代ローランドの音源を使いたい放題!こういった創造に利用される手法は、iPadが現れた時から解っていました。ユーザーインターフェース革命だって事です!「The Computer For the Rest of Us」の精神を知らない馬鹿者でしょ?こんな経緯があったんだよねw「hitsuka様への御返答をさせて頂きます。とは言え...感情論という根拠は?」人に謝れって言う方が感情的だろう?

プレイヤーデバイスなんてカタカナを使うお間抜けな奴はw なんの為に留学までして来たのか?そんな人材だから日本は駄目になる。しかも画面の広さばかりに言及しているけどマルチタッチって事が肝心なんだよね...外しているのは、こういったお間抜けな人材なんだよな。それさえも理解できない外野もいるけどねw まあ、こういった人材が優秀だというレッテル自体が、この国を駄目にしているとは思いますがが、それは何れ世界の先進国が立証してくれる事でしょう。既にこの国、大学の存在自体、ヤバいぐらいだから、それは、もっと早く証明されてしまうかも...

更にiPadに関して歴史的背景を付け加えるなら...iPhoneより先にiPadが登場してもおかしくない状況だったという事です。では、何故、Appleは、いやジョブス氏はiPhoneを優先したのか?「レコーダーデバイスが必須だった時期からプレイヤーデバイスが重視される時代になったのです。私は、ジョブス氏はここに注目してiPadは満を持して登場させたのだと思います。」という考察が如何に陳腐かが良く解ります。まあその程度であるから「プレイヤーデバイス」として登場というトンチンカンな感想になるのでしょう...閑話休題。

0Logic_17.jpg

以上の様な使い方のみならず、5.1チャンネルでの出力を想定した音の定位までも視覚的に確認しながら設定できるって映画のワンシーンのような仕様!まさに使い勝っての革命です。感覚的に使える事の重要性を再度、認識する事ができます。視覚による確認って重要です。勿論、出力チャンネルを、想定通りに構築する為には意図とするバランスになるよう機器を接続しておくのは言わずもがな!そんな結線も地味だけど重要な作業になる訳ですよw

0Logic_19.jpg

各音源の編集も小さな液晶画面でチマチマやるより効率的。なるべくしてなっている仕様ですが、やはり、それなりに周辺機器、ソフト等が連携できるように対応していなければ無理な話。そこが大切です。それにはマルチタッチに対応した使用環境が浸透してからじゃないと難しい。革命的UIに各社が賛同して初めて可能になる環境と言えます。そういった環境作りという点でもiタッチ・シリーズの功績は大きい!そうそう新しいMacPro購入の際はiPadも新調する予定です。妻はミニを購入していますが、私は未だに初代を使い続けていますが、そろそろ限界!

0Logic_20.jpg

常用している、あらゆるソフトのインストール作業も、こなしていかなくては!その中で、少々気がかりだったPixologic ZBrush があります。これはネットでの購入そして、殆どのアップグレードがネット経由だったものでメディアが全く無いのです。4R4のディスクイメージを元に次々にアップグレード作業を...これも時代ですね。そうメディアは次第に姿を消します。そしてデータ関連は、信頼できる企業が運営するクラウドへ...だから新しいMacProを揶揄してハードディスクのベイが無いから、たこ足接続にってのは間違った未来です。これも未熟な考察。「新しいMac Proに存在する悲しい真実」こんな意見にすぐに惑わされる人がいるのには笑ってしまう。

0Logic_2.jpg

R6まで全て敢行!他にも多くのソフトのインストール作業を黙々とこなしました。お陰で、とっても快適です。オーディオインターフェイス も非常に調子が悪かったのですが、クリーンインストールしたら、全て問題解決!やはり、継承させると、しがらみが増え、問題の原因になるのは人生そのものです。ある程度、使ったらリセットは必要です。人生では、そう簡単には行えませんが...それは価値観にも言えます。この点、日本国内の価値観を見直せるか?ってのも今後の日本の未来に大きく影響する事となるでしょう。今のような状況では、私は悲観的です。




テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する