♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Canon's Cat Computer JEF RASKIN AND THE FIRST Real Macintosh ?
0cat_02.jpg

The Canon Cat was designed by Jef Raskin, who in 1979 initiated the original Macintosh computer project while working at Apple (Raskin was Apple employee #31).

The Macintosh, so-named by Raskin, was to be an inexpensive, text-based, keyboard-controlled system meant for the average "person in the street" (PITS). After Steve Jobs took over the project while still in its infancy, Raskin left Apple to start his own company, Information Appliance, Inc., where he was free to develop his ideas without external influence.

0cat_01.jpg

Continuing his "user interface" (UI) concepts, he developed the SWYFT, a protoype system which eventually evolved into the Cat, after Canon bought and financed the development.

The Canon Cat is an single unit, with the keyboard, electronics, and monitor all housed in an ergonomically-design enclosure. A convenient carrying handle is formed into the enclosure, behind the display.

0cat_03.jpg

Although the Cat has a serial port and software routines to support input devices such as a mouse or pointing pad, none were released or supported by Canon. The Cat also has advanced graphics tools in ROM, but they were never utilized - the Cat as released supports text only.

The optional Cat180 (Canon PR100) daisy wheel printer can print only text, and it does it very well, but at only 18cps (characters per second).

0cat_06.jpg

All of the required software is permanently stored in system ROM. Floppy disks are required only to save and restore documents and other work. Approximately 80 pages (180kB) of text can be saved to each floppy disk.

The operator can easily and quickly save all current work to the floppy drive, by simply hitting a two-key combination - the entire 256K system memory is saved to the SSDD disk. When the Cat is restarted, the system RAM is restored from the floppy disk, allowing the operator to continue where last left off. By design, there is no operating system, as far as the user is concerned.

0cat_07.jpg

It's the "Leaping" ability of the Cat which gives it its name, as well as its unique ability to quickly move about within a large text document without using a mouse or cursor keys.

Navigation is performed using the "Leap" keys. With different Leap key combinations, it's possible to instantly jump to any paragraph in the document, any sentence, or any individual word to perform editing or correction. It's just as easy to return to the end of the document to continue writing.

0cat_08.jpg

The software is advanced enough to perform mathematical calculation right in the text document, using the [CALC] button. Columns and rows can be combined to act as a spreadsheet, allowing the use of advanced and complicated formulas.

The built-in 90,000 word dictionary helps minimize spelling errors, while the [EXPLAIN] key offers instant help on most topics and key useage.

The Cat has an internal 300/1200 baud modem, capable of connecting and transferring text (only) to and from another computer, or even another Cat. Simply highlight the desired text on the screen and hit [SEND] to transmit the text to the other system. All incoming text appears on the screen and becomes part of the current document. The Cat can also act as a 24-hour message center, saving all incoming messages to the floppy drive.

The Cat is actually much more powerful than let on by Canon, who marketed it as a closed-architecture secretarial workstation, not as the real computer which exists under the hood.

Because of poor sales, Canon discontinued the Cat after only six months. This was due to poor marketing, according to Raskin

0cat_05.jpg

Macintoshプロジェクトの最初からの中心人物ジェフ・ラスキンのオリジナルMacintoshのアイデアこれが、Canonとの共同開発で実現した"Canon Cat"スペックは重複しますが、CPUは5MHzの68K、RAMは256KB搭載。そして先進的な事にモデム内蔵。面白い事に横にするとMacに非常に似てたデザインになりますw 横にしてキーボードを分離すると痩せたMac!とか遊んでいるとリブ・メグが乱入^^;「我が家の Classic II」と比べると...フロッピー挿入スリット部分のデザインに共通点を発見^^;

0cat_09.jpg

そしてMacとか出して並べていれば、もう黙ってはいられません。「何やってんのぉ〜?」って事でお二人さん、ご登場!実は幾つかのフロッピーディスクもあるのですが、電源を入れて検証している時間が無いので取り敢えず写真撮影だけでも...と、やっていたら、やっぱり簡単にはいきませんw

0cat_10.jpg

お手伝いしたい、二人は、「何かする事ありますかぁ〜?」と、カメラの前に^^;

0cat_11.jpg

元々、元祖Macintoshプロジェクトメンバーの中心的人物だったジェフ・ラスキン氏、御存知のようにジョブス氏に、その居場所を奪われアップルからもおわれ、その後、キヤノンUSAより僅か2万台程度、生産されたそうですが、しっかりした宣伝もひっそりと無く消えていった幻のマシンです。ディスプレイの大きさは、ほぼ同じ9インチ・モノクロ。しかしMacと比べると若干横長の画面です。

0cat_12.jpg

キーボードは分離せず一体型デザインの為、前述のようにMacを寝かせたようなバランスで右側にフロッピードライブが配置されています。そのフロッピードライブはグレーの部品が全体のホワイトから浮いてしまっていて一体感が無いのがデザイン的に残念。そんな些細な所かも知れませんが、拘りがジョブス氏との美的センスとの違いを感じられます。

0cat_13.jpg

背が低い分、横から見ると傾斜角がMacより大きいです。まだ排気口も含め全体的なデザインも少々野暮ったさを感じます。但しデザイン的に重要な事があります。それはキーボード下のスペース。この部分に手を置ける空間を用意している点です。このマシンはMacと大きな違いはマウスによるUIは装備していないという点に尽きます。

0cat_15.jpg

上から観るとMacより本体の占める面積は少ないのですがキーボード一体デザインのため結果的に設置に簡易してはMacより広い面積を必要とします。Mac同様テンキーは清くバッサリ省かれています。ただMacは必要に応じてテンキーを追加できる構造になっています。またキーボードは分離させているので配置は有る程度自由にレイアウト可能です。

0cat_14.jpg

やっぱ、リブちゃん、出たがりだね^^;10キーは別にして、このマシンは、マウスやGUIは使われていません。テキストベースのユーザインタフェイス、キーボードがメインとして使われます。そんな理由で既に、この時代にパームレストを広く配置していると思われます。

0cat_16.jpg

このようにMacとキーボード部分を比べると、その扱いの重要性が際立っているのが理解できると思います。有る意味、当時のハード力量を考えるとテキストベースのほうが現実的な選択だとも思えます。実用性重視の選択。ただ、それでは先進性がイマイチ低くなってしまうのですよね...

0cat_17.jpg

このようにキーボードを中心としたインターフェースに徹底的に拘ったマシン。既に、この時代。他のどのマシンにも無い広いパームレストを備えています。

0cat_18.jpg

やはりデザインに関してはキーボードからディスプレイまでは許せるのですが、背面に行くに従って無駄な凹凸や通気口などのデザインなど、全体的にスマートさに欠ける仕上がりになっているのが残念です。そんな美的感覚や総合的な視点など、皮肉にもジョブス氏の類い希な感覚がMacには生きている事が確認できます。

0cat_19.jpg

蛇足ではありますが...両者、決定的に異なるUIと、それを担うマウスですが...オリジナルMac128kとPlusのワンボタン・マウスも微妙に異なっているんです。まずはコードの付け根!そして...

0cat_20.jpg

裏返すと顕著に違いが判ります。ちなみに両方ともアメリカ産のマウスです。

0cat_21.jpg

そして初代のマウスは本体接続部分のコネクターが大きい!

0cat_22.jpg

プラスになってコネクターが小さくなっています。そして本体に刻印されているマウス・アイコンがコネクター部分にも刻印され、同じ刻印同士、接続するのが一目瞭然というような親切設計に進化しています。

0cat_23.jpg

本体正面もリンゴの位置、形状が異なりプラスの刻印など、それほど大きな違いは見あたりませんが...

0cat_24.jpg

裏側のコネクター群になると随分変化していることに気がつきます。後部コネクターも"Canon Cat"と比較すると興味深い類似点を見いだす事ができます。そんなJef Rakin氏のマシンを御紹介しましたが2005年2月26日満61歳で亡くなっています。実物のキヤノン・キャット (Canon Cat) マシンは、市場に出回った数が非常に少ないので実際に御覧になった方は珍しいと思われます。

キヤノン CANON CAT-L II ってのは手に入りますが^^;興味深い事に1988年に、GOOD DESIGN|グッドデザイン賞を受賞しているんです。そしてSteve Jobs氏も2011年に他界していますけどね...



テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する