♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Grand Piano
0piano_00.jpg

以前、購入したV-Drumsの設置場所を移動!まあフープ状のフレームとケーブル関係はフレーム内に格納されているタイプだから移動や組み立ては簡単です。ただ移動先で再度、調整するのが少々手間なだけ。特にキックの位置決めが面倒。敷物にマジックテープのように張り付くタイプだから...ちなみにV-Drumsのセットは中古!しかも型落ち!今回の楽器は妻用で、新品ですから!恐れ入ります...

0piano_01_20130723010103.jpg

外に大きなトラックが!しかもクレーンを装備しているトラックです。大きな荷物が沢山積まれています。そうなんです。以前、アップライトピアノを出したばかり^^;今度は、もっと大きな楽器が運び込まれようとしています。ミニとは言え、グランドタイプとなるとデカイ!

0piano_02.jpg

クレーンで一気に入れる予定!以前、正規のメーカー梱包された状態で試みたのですが電線との取り合いで危険と判断され、一度メイカーの梱包を開けて、コンパクトに搬入し易い様に梱包しなおして入れる事となりました。一度、トラックから降ろして、クレーンで吊れる位置に待機させます。

0piano_03_20130723010100.jpg

グレーンで吊る準備をします。トラックは安定させるために脚をシッカリ広げ、大地を掴むように準備。半端無い重量を持ち上げるのですから緊張します。ミスは絶対に許されません!

0piano_04_20130723010058.jpg

電線を逃げるようにしてクレーンを降ろしピアノに引っかけます。結構な重量なので、ここは厳重に連結させます。って言っても業者の方に任せているだけですけど^^;その扱いは慣れたモノです。

0piano_05_20130723010057.jpg

まずは窓まで吊り上げます。作業されている方の手元にあるのがクレーン用のリモコンです。これを巧みに遠隔操作で操ってベランダに引き込もうという...作業をしながらクレーンをリモコンで操る!これぞマルチタスク!

0piano_06_20130723011033.jpg

何時もと違う様子にリブ・メグも緊張して別室から身守っています。事あるごとに大騒ぎ!そりゃそうです窓から今まで見たこともない大きな物体が入って来るのですから!

0piano_07_20130723011031.jpg

非常に危険な作業なので、リブ・メグは、別室待機です^^;足下でチョロチョロされていては怖い!作業の邪魔!そんな事で怪我など絶対にさせません!

0piano_08.jpg

どうやら電線を越えてベランダの前まで降りてきました。ここから更に慎重に事を運ばないと...アップライトと違いグランドとなると確実に重量は増え、オマケに形状的に大きさが!更にアップ。重さは半端有りません!あっ!そうそう価格もね^^;

0piano_09.jpg

やっとベランダから搬入できる位置まで、やってきました。慎重に引っぱり寄せて...手すりを越えさせます。でも、まだ着地していませんから危険であることには変わり有りません。

0piano_10.jpg

ベランダに入ってきました。今度は、ゆっくりベランダに着地させます。ここまで来て、やっと少し安堵。

0piano_11.jpg

とは言え、まだ気が抜けません。完全に着地させるまでは...巧みなリモコン操作でクレーンをユックリ降下させ最後は手元で丁寧に接地。

0piano_12.jpg

無事、ベランダに置くことができたら、吊っていたクレーンを外し、慎重に地上の元に戻しておきます。これも電線に触れないように引っかけ金具が回転しないように素早く事を済ませます。最後まで気が抜けません。地上には人や車が行き来していますから!

0piano_13.jpg

そして一気に室内へ搬入します。これでもミニ!とても小さいモデルなんです!コンサートグランド等、とても無理!置くスペースもありませんけどw ミニでもお手上げ寸前!ギリギリです。でも流石!プロ。確実に納めて頂けます。

0piano_14.jpg

取り敢えず室内にまでは搬入できたので一安心。あとは組み立てるだけ^^;それにしても二人で、この巨体を移動させるとは!移動には腰に負担が大きい!オッサンには無理!危険!ギックリ確実です。

0piano_15.jpg

組み立てやすい位置に移動。ここまで来たら慌てず慎重に事を運びます。倒れないようにして、組み立て準備を着実に進めます。

0piano_16.jpg

そうなんです。これを搬入、組み立て設置する為にドラムセットを移動しました。邪魔になりますから!空間的には余裕ですが、それでも組み立てするには、それ相応の場所が必要になります。

0piano_17.jpg

厳重な梱包を外します。いやぁ〜ミニとは言えグランドとなると大きい!!このデザインに憧れがあるんでしょうね!クラッシック音楽の人達には...一種の刷り込みですね!私などは音さえ出てくれれば何でも良い^^;拘りゼロです。

0piano_18.jpg

脚を二脚付けてから起ち上げ、更に三脚目を取り付けます。我が家は、脚が付いたままの搬入は絶対に無理!それにしても、しっかりした脚です。

0piano_19.jpg

実際に置いてみて、比較的、ユッタリと設置できました。一時は、どうなる事か心配しましたが、案ずるより産むが易しというより、やってみないと判らないw このぐらいの感じなら部屋に置けます。やっぱり実際に置いてみて始めてイメージが掴めました。

0piano_20.jpg

ここまで来れば、もう安心!後は細かい設置、調整のみ!梱包材も撤収して頂き、何の作業もせずに観ているだけで搬入、設置完了!事故もなく良かった!ヨカッタ!

0piano_21.jpg

ドラムセットやギター群とも干渉する事も無く余裕で設置完了!細かな位置決めも終わりました。多少、メイン・スピーカーの前にでかいピアノが鎮座する事になり、音響的には疑問は残るものの、そこまで言い出すと家全体の話に発展してしまうので諦めます。部屋を分けるほど広くはないし部屋数無いし^^;

0piano_22.jpg

ペダルなどを取り付け、音のチェックをし設置完了!妻が夢みていたほど欲しかったグランドピアノが現実の物に!私はコンボタイプのキーボードで満足なんですが、クラッシックを少しでも囓っている人達にはグランドに対する刷り込みが大きいようで^^;まあ、もう人生、そんなに長く無いので最後にピアノはグランド!って言う事らしいっす。

私は、全く思い入れは無いんですけどねグランドには!生ギターのマーティン D-45は欲しいけど未だに買えない貧乏性。というより使いこなせない!技術的に勿体ないってのがネックになっております。とっても欲しいですけどねw それも出物が現れるまでジッと我慢の子。それまで練習じゃ!ところがです、話は続きます。今度はヘッドフォンがショボイから欲しいと言うので、それじゃ買ってあげると言うと、なんと「ゼンハイザー オープンエア型ヘッドホン HD700」を見つけてきました;;何考えてる!?俺の方が欲しいわ!!






テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する